【ヒルナンデス】かんたん油揚げ餃子のレシピ!小林まさみ先生が作り方を紹介

スポンサーリンク

2019年10月31日放送のヒルナンデスで冷蔵庫の残り物で作る油揚げ餃子のレシピが紹介されました。
教えてくれたのは料理研究家の小林まさみ先生です。

切りおき: まとめ買いまとめ切りで1日の晩ごはんをセットで保存 (実用単行本)

油揚げ餃子のレシピ

油揚げ餃子の材料

・豚ひき肉:200g
・玉ねぎ:70g
・キャベツ:150g
・すりおろしたニンニク:小さじ1
・砂糖:大さじ1/2
・しょうゆ:大さじ1
・味噌:小さじ1
・ごま油:小さじ2
・かたくり粉:小さじ2

・油揚げ:3枚

・水:200ml(油揚げ餃子を焼く時に入れる)

餃子の作り方

1、キャベツをみじん切りにします

2、玉ねぎもみじん切りにします

《子どもの野菜嫌いを克服するポイント》
みじん切りにしたキャベツと玉ねぎを電子レンジ600Wで2分加熱して
食べやすいように柔らかくします。

3、豚ひき肉を200gパックから取り分けます

《料理を楽にするポイント》
秤の上にお皿をのせてその中に豚ひき肉を入れて重さを
測りますが、お皿にビニール袋をかぶせておくことで
お皿も汚れず、ビニール袋の中で餡を混ぜることができます。

4、ビニール袋の豚ひき肉の中にすりおろしたニンニク、砂糖、しょうゆ、味噌、ごま油、かたくり粉、最後に冷ました野菜を加えます

かたくり粉はあんがゆるくならないようにするために入れます。
味噌を入れることでコクが出ます。
レンジで加熱した野菜は手で水をしぼってから入れるのがポイントになります。
結構水がたくさん出ますね!

5、ビニール袋をよくもんであんを混ぜていきます

6、油揚げに1カ所切り込みを入れます

油揚げは油抜きをせずに使用します。
綿棒などを転がすと開きやすくなります。

7、ビニール袋の角を切って油揚げの袋の中にあんを入れていきます

8、あんを詰めたら平らに形を整えます

9、フライパンに油揚げ餃子を2〜3個入れて、油揚げ餃子の半分が浸る程度に水(200ml目安)を入れます

10、フライパンに蓋をしてまずは強火で水がなくなるまで蒸し焼きにします

11、フライパンの水がなくなり焼き目がついたら裏返します

12、裏面にも焦げ目がつくまで3〜4分焼きます

13、食べやすい大きさに切り分けます

酢醤油につけていただきます。

ジューシーでボリューム満点、油揚げに味がしみていて美味しそうです。

油揚げ餃子のアレンジレシピ「油揚げ餃子スープ」

鶏がらスープを作ってその中に油揚げ餃子を入れれば
餃子スープとしておいしくいただけます。

まとめ

小林先生のアシスタントは旦那さんのお父さん小林まさるさん(86歳)で、
定年退職後、小林先生を助けるために70歳でアシスタントになられたそうです。
料理作りは前傾姿勢が多いので肩が凝りやすいそうなんですが、
凝った肩を揉んでくれたり、調理のアシスタントをしてくれるそうです。

義理のお父さんは今では本も出版する料理研究家なんだそうです。

お料理も手早くできて美味しいものばかりですが、小林先生のお話も楽しかったです。

人生は、棚からぼたもち!: 86歳・料理研究家の老後を楽しく味わう30のコツ

まさみ、まさるのエコうま!乾物レシピ (レタスクラブMOOK)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする