【主治医が見つかる診療所】だし汁を飲むだけ!コレステロールを下げるだしの作り方を工藤孝文先生が伝授

スポンサーリンク

2019年10月24日放送の主治医が見つかる診療所
飲むだけでコレステロールの改善が期待できる究極のだしについて紹介されました。

教えてくれたのはダイエット外来医師
工藤孝文先生です。

マンガでわかる ダイエット外来の医者が教える 成功率99%のやせ方 (池田書店)

1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁

コレステロールの改善!究極のだし(やせる出汁)

今まで

・糖尿病内科医

・10万人以上の肥満治療

・ご自身も25kg痩せた実体験

をお持ちの工藤先生のお話では

何をどう食べるかよりも、
まずは食べ物の入り口となる味覚を正常化させること
こそが
ダイエットの近道であり絶対条件である

という結論にたどり着いたそうです。

番組で取り上げられたコレステロール値も
太っていることと関連していて
肥満の9割は食べ過ぎが原因となります。

食べ過ぎを解消して

ダイエットを成功=健康状態を改善するには

・食欲のコントロール

・ストレスのコントロール

の2つが必要になります。

味覚が異常なままヘルシーな食事に変えても美味しさが感じられず、
ストレスがたまる状態になるのでダイエットはうまくいきません。

そこで重要なのが味覚をリセットすること

この味覚のリセットに最適なのが「究極のだし(やせる出汁)」になります。

まずは究極のだし(やせる出汁)を

・1日1杯

・2週間

試してみることで、だいたい3日目くらいから味覚が変化してくるそうです。

モニターの方30人は2週間実践して平均マイナス5.3kg体重が減少されています。

ダシを飲むとやせる理由

1、味覚をリセット

味覚を正常化してデブ味覚を痩せ味覚に変えます。

2、食欲を抑制する

うま味の満足感とだしの成分が食欲の暴走を防ぎます。

3、脂肪を燃焼する

体内の代謝機能を高めて脂肪を燃焼します。

4、便秘を解消する

食物繊維などの有効成分が腸内環境を整えます。

5、ストレスの緩和

だしの香りと有効成分がダイエットの反動どか食い防ぎます。

濃い味に慣れた舌では最初の数日は究極のだし(やせる出汁)の味が
わかりづらいかもしれませんが、工藤先生の著書「やせる出汁」によると
平均3日ほどで究極のだし(やせる出汁)の味がおいしく感じるようになるそうです。

だしの材料

・かつお節:30g

・塩分を使用していない刻み昆布:10g

・緑茶の茶葉(お好みで抹茶やほうじ茶でもOK):5g

・煮干し(頭と内臓を取り除かずそのまま使用):10g

究極のだし(やせる出汁)の基本の作り方

1、かつお節と煮干しをフライパンで炒ります

・火は中火で、水分が飛びやすいように煮干しをちぎって入れて空炒りします

・煮干しがパチパチと音がしてきたらかつお節を入れて混ぜながら引き続き空炒りします

・かつお節が手で軽く握ると粉々に崩れるくらいの状態になったら火を止めます

・火加減はこがさないように注意してください

2、刻み昆布と緑茶の茶葉と、①の炒ったかつお節と煮干しをミキサーにかけます

3、パウダー状になったら完成です

だしとして飲んだりお料理にかけたり、調味料としても使えます。

・保存可能期間は2週間ほど

・密閉容器やビンなどに入れて冷暗所で保管

究極のだし(やせる出汁)の電子レンジでの作り方

1、クッキングシートを敷いた耐熱皿に、かつお節を広げてラップなどはかけずにそのままレンジで2分加熱して水分をとばします

2、煮干しもかつお節と同じように1分加熱します

煮干しがポキっと折れるくらいの状態になればOK

3、刻み昆布と緑茶の茶葉と、①でレンチンしたかつお節と煮干しをミキサーにかけます

4、パウダー状になったら完成です

まとめ

出汁を飲むだけなら運動よりもハードルが低いのがいいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする