【ゲンキの時間】糖化にお茶!クロモジ茶でAGEを予防

スポンサーリンク

2019年10月13日放送の健康カプセルゲンキの時間糖化予防法改善方法ついて紹介されました。

教えてくれたのは同志社大学糖化ストレス研究センター農学博士の八木雅之先生
同志社大学糖化ストレス研究センター内科医の森田祐二先生です。

糖化とは?

糖化とは体の中のブドウ糖とたんぱく質が結びついて作られてしまう

・AGE

という老化物質により老化が進む現象のことです。

番組で八木先生がわかりやすいように見せてくださった
豚の皮では、糖化すると皮が茶色く変色することがわかりました。

さらに、正常な豚の皮は白く柔らかく柔軟性がありますが
糖化した豚の皮は茶色く変色しているだけでなく硬く柔軟性が
なくなっています。

これが人の肌で起こると

茶色に変色→シミ・くすみ

柔軟性がなくなる(硬くなる)→シワ・たるみ

という形で現れます。

糖化が恐ろしいのは見た目だけの問題だけではない

糖化は

・骨粗鬆症

・動脈硬化

を引き起こして命に関わることもあるそうです。

骨の中にはカルシウムの他に柔軟性を維持するためにコラーゲンも含まれています。
このコラーゲンが糖化すると柔軟性が失われて、将来骨粗鬆症になる恐れが出てきます。

また、AGEは皮と同じように血管の壁を硬くしたり
血管内にこぶを作って突然死を招く恐れがあります。

糖化の原因

体がコゲる(糖化する)原因は食事

糖化年齢が高い人は食生活に糖質が多いという特徴があります。

・糖質の摂りすぎ

が糖化の原因になります。

糖分の多いデザート(アイス、お菓子、ケーキなど)や
麺類丼ものなどを多く食べると糖化が加速していきます。

また、200度前後の油で揚げる

・唐揚げ

・とんかつ

のように高温で加熱するものにもたくさんのAGEができていきます。

茶色い衣=AGE

食べ物自体がすでにAGE化した状態の要注意メニューになります。

衣の茶色は糖化しているからこの色になっているとのこと。
先ほどの糖化した豚の皮の状態ということなんですね。

さらに、

・お酒

も糖化が進む原因になります。
理由は、お酒を分解するときにできるアセトアルデヒドがたんぱく質と結合
老化物質AGEが生まれるからです。

糖化危険度

糖化の危険度は

・生
・蒸す
・茹でる
・焼く
・揚げる

と上の「生」の方から糖化の危険度が低く
下にいくほど高くなります。

・蒸す
・茹でる

が八木先生のおすすめの調理法になります。

糖化のチェック法

糖化は機械を使って測定します。

腕を乗せて計測して、
糖化量から糖化年齢を算出します。

実年齢より高いほど糖化が進んでいます。

自宅でできる糖化予防法

《食事の付け合わせに酢を使ったものを食べる》

体の老化(糖化)は、食生活が大きく作用します。
酢を使った漬物マリネ酢の物などを食事と一緒に食べることで
糖化をおさえることができます。

お酢は糖質を摂ったときに血糖値をあげにくくする働きがあり
AGE(老化物質)が作られるのを少なくする作用もあるそうです。

《ウォーキングなどの有酸素運動を行う》

有酸素運動を食事の1時間後に行うと血糖値の
上昇を抑えて糖化予防になります。

《食物繊維を多めに食べることで揚げ物のAGEを減らせる》
豚カツや一緒に付け合わせのキャベツを多めに食べることで
キャベツの食物繊維が揚げ物に含まれるAGEを絡め取り排出してくれます。

番組出演者の中で唯一糖化年齢がマイナスだった川合俊一さんは
豚カツを食べたらその3倍のキャベツを食べていると話されていました。

すでに糖化してしまった体を若くできるのか?

森田先生のお話では

・食品中のAGEをなるべく多く摂らない

・血糖値が上がらないような食生活を続ける

ことでAGEが作られず、体の中で蓄積されているAGEが排出されので
糖化年齢が若くなるそうです。

糖化を予防するレシピ「八木先生流・紅たでおろしトンカツ」

糖化を進める揚げ物に

・大根おろし
(消化を助ける働き)

・紅たで
(お刺身などに添えられている赤と緑の小さな葉っぱの薬味)

をちょい足しすることで糖化予防になります。

紅たでに含まれるヒペリンとイデインに糖化防止作用があります。

薬味の一工夫で糖化予防ができるんですね。

唐揚げのAGEを減らす作り方「レモンローズマリーからあげのレシピ」

最新の研究で

・ローズマリー
・カモミール

などのハーブ類にはAGEの発生を抑えて分解を助ける作用があるそうです。

唐揚げの下味をつけるときに細かく刻んだローズマリーを一緒に混ぜ込みます。

次に

・レモンの絞り汁を加える

ことにより、レモンのクエン酸で糖化を防ぐことができます。

糖化を防ぐ

・レモン
・ローズマリー

は最強の糖化防止食材なんですね。

クロモジ茶の効能!糖化防止作用のあるお茶「クロモジ茶」

クロモジは和菓子の楊枝などに使われている和製ハーブの木
クロモジ茶はAGEができるのを防ぎ分解を助ける効果があります。

なのでスイーツや甘いお菓子と一緒にいただくのに最適な飲み物になります。

お茶専門店やネット通販などで簡単に手に入れられます。

まとめ

ちょっとした食事の工夫で糖化(老化)に効果があることが
わかり安心しました。
唐揚げが大好きなので、唐揚げを食べるときはレモンと野菜も多く食べたり
ハーブも少し食べようかなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする