【この差って何ですか】スマホ決済4社を徹底比較!還元率やキャンペーンなど紹介

スポンサーリンク

2019年9月24日放送のこの差って何ですかで「スマホ決済を使うといくらお得?」について紹介されました。

スマホ決済について教えてくれたのは税理士でiPhone芸人のかじがや卓哉さんです。
かじがやさんは6種類のスマホ決済を使い分ける達人です。

使わないと絶対損!スマホ決済大手4社を徹底比較!

最近、いろいろなスマホ決済の種類がありますよね。

日本政府が消費税増税後、消費が落ち込まないように10月からキャッシュレス決済をすると
ポイントを最大5%還元する制度も始まります(消費者還元期間2019年10月〜2020年6月)

例えば3%還元のパン屋さんで1084円分お買い物をすると

1084円×3%=32円相当が戻ってきます。

3%還元分の32円プラス

1084円×5%=54円相当、合計86円相当が戻ってくるものになります。

(※スマホ決済会社や店舗によって還元率と還元方法は異なります)

これだけお得なスマホ決済ですが、現状利用している人は15.6%なんだそうです。

スマホ決済って手続きが面倒というイメージや不正利用や情報漏洩など心配な面もありますよね。

かじがやさんによると、最近のスマホ決済は怖くもないし面倒くさくもないそうです。

スマホ決済が怖くない理由

・ロックがかかる
お財布を落としたら中身は盗られるかもしれませんが、
スマホはパスワードを入力しないと中身を見られないので安全。

・補償制度がある
使った履歴が全部残るので、万が一不正利用された場合は
履歴を元に補償制度がある。

面倒くさくない!スマホ決済の始め方

iPhoneもAndroidも基本的に同じです。

1、アプリをダウンロード

2、パスワードなどの基本情報を入力
(みなさんの「パスワードとログインって言葉が一番嫌い」という言葉に深く同意してしまいました)

3、支払い方法の設定

スマホ決済の支払い方法

・銀行口座登録
必要な金額を銀行口座からチャージする方法

・クレジットカード登録
使った分をクレジットカードから支払う方法

初心者にオススメなスマホ決済アプリ

現在スマホ決済は20種類以上ありますが、初心者の方におすすめなのが

・PayPay

・楽天Pay

・LINE Pay

・メルペイ

以上の4つになります。

PayPayの特長

還元率が高いスマホ決済はPayPay

今、スーパーでお得なのは

・LINE Pay 還元率:0.5〜2.0%

・PayPay 還元率:3.0%

還元率が高いスマホ決済はPayPayになります。

お店での支払いのやり方

・バーコードを読み取ってもらう方法

・お店のQRコードを自分で読み取る方法

お店によってはQRコードを読み取ったあとに自分で金額を入力します。

高還元はキャンペーンを狙う

今の時期だとPayPayのキャンペーンで

・食品スーパー毎日10〜14時最大10%還元キャンペーン

※ソフトバンク、ワイモバイルスマホユーザーまたはヤフープレミアム会員が10%還元
※その他の条件の場合、還元率が異なります

PayPayはとにかくこのようなお得なキャンペーンが多いのが特長で
以前行われて有名になったのが「100億円あげちゃうキャンペーン(最大20%還元)」です。

さらに、PayPayは他のスマホ決済に比べて使える個人商店が多いのも特長のひとつです。

<h2>楽天ペイの特長</h2>

初めての利用でボーナスポイント1000ポイント(1000円分)がもらえる

楽天ペイ・初めてのお支払いで1000ポイントGET!(期間:常時開催)
※要エントリー(初めて楽天ペイ利用月に税込5400円以上支払った際に適用)

焼肉屋さんで12,592円支払う場合、

12,592円×5%+1000円=1629円分が戻ってくる

※還元率は時期や条件によって異なります

飲食店でさらに楽天ペイをお得に使う方法

「ぐるなび」で予約すると

・人数×100楽天スーパーポイント
(対象店舗でネット予約+来店が条件)

3人で予約して食事をした場合は300ポイントがプラスで還元されます。

楽天ペイは買わなくてもポイントが貯まる

楽天チェックというアプリをダウンロード
(楽天ペイと楽天チェックは別のアプリになります)

アプリを開くと現在地の近くのお店が表示されます。

例えば表示された近くのローソンに入った場合、アプリを開いてくじを引くと最大50ポイントが当たります。

LINE Payの特長

お会計を割り勘にする場合に大活躍するスマホ決済はLINE Payです。

理由は

・LINE Payには送金機能がある

また、LINE Payは

・公共料金や地方税の請求書の支払いができる

LINE Pay経由で支払いをするとLINE Payのポイントがもらえるので
現金で支払うよりもお得に支払いができます。

・お店のポイントカードを1本化できる

やり方はLINEアプリを開いて右下にある「ウォレット」をタップします。
画面の「マイカード」にスタバのカード、Pontaカード、Tカードなど
登録すれば実際のカードを提示しなくてもポイントを貯めることができます。

使い方は、先ほどのLINEアプリの中のマイカードから使用するカードを選択して、
「店舗ポイントカードを表示」というテキストをタップします。
表示されたバーコードをお店でスキャンしてもらうだけでポイントが加算されます。
お財布やカード入れからカードを探す手間が省けますね。

支払いとお店のポイントを貯めることがスマホ1つでできます。

お店によっては

LINE Payボーナス+お店のポイント(Tポイントなど)+LINEポイント(表示のあるお店)

3つのポイントが3重にもらえる場合もあるんですね!

メルペイの特長

メルペイは有名チェーン店で高い還元率のキャンペーンが多い

ドラッグストアで今お得なのはメルペイで、キャンペーンが豊富です。

メルペイは現在

・スギ薬局
・マツモトキヨシ
・welcia

の全加盟店で新キャンペーン

・上限6000円分50%還元キャンペーン

を実施中です。

また、通常186円のセブンカフェがメルペイクーポン価格11円(税抜)

など、高還元率が魅力となっています。

メルペイのあと払い機能

残高が足りなくてもお買い物ができる!

レジでメルペイの残高が1000円の時に1500円の買い物をする場合
レジを待たせてチャージするのに手間取ってしまいます。

そんな時にあと払い設定をしていると1500円で決済ができて
翌月まとめて支払いができるという機能になります。

メルカリの売上金が手数料なしで使える

メルカリの売上金をおろすとお金がかかる(手数料)場合があります。
売上金をメルペイ残高に移行すると、手数料なしで丸々お店で使うことができます。

まとめ

スマホ決済ってどこがどんなだか全く知りませんでしたが、それぞれに特長があることがわかりました。
私はPayPayと楽天ペイを登録してみようかなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする