【ゲンキの時間】薄毛・抜け毛・白髪・フケの原因と対策方法!正しいシャンプーのやり方を紹介

スポンサーリンク

2019年9月22日放送の健康カプセルゲンキの時間で薄毛・フケ・白髪の原因と髪と頭皮を健康に保つ正しいヤンプーのやり方について紹介されました。

教えてくれたのはDクリニック東京頭髪外来医学博士小山太郎先生です。
小山先生は頭髪治療の専門医で髪と頭皮のスペシャリストです。

薄毛の原因と対策方法

細く短い毛が薄毛のサイン

おでこ辺りや頭頂部などの薄毛

小山先生のお話では、1日に約100本髪の毛は抜けるので
抜ける本数は気にしなくていいそうです。

しかし

・細くて短い抜け毛が多いと危険信号

なんだそうです。

抜けた本数ではなくて細く短い毛が抜けることで、
この先太く長く成長するはずの髪の毛が抜けているサインになります。

髪の毛のヘアサイクル

髪の毛は約6年かけて1本の髪が成長して抜け落ちます。

・髪が太くなる成長期

・髪の成長が止まる退行期

・新たな毛に押し出されて自然に抜ける休止期

髪が生えてから抜けるまでの一連のサイクルをヘアサイクルといいます。

このヘアサイクルが何かしらの原因によって早まる
髪の毛が十分に成長しないまま休止期を迎えてしまって
結果細く短い毛が抜けやすくなります。

これを「男性型脱毛症」というそうです。

正常なヘアサイクルの人の頭皮は太くて長い毛が多いのですが
ヘアサイクルが早まっている人の頭皮は太い毛と細くて短い毛が混在しています。

ヘアサイクルが早くなっている場合は成長予定の髪が抜けるので
頭皮の髪の毛の太さと長さにばらつきが出てくるようになります。

なぜ男性型脱毛症になるのか?

<原因1>遺伝の要因が大きい

髪に関する遺伝子は母方から受け継がれます。
母方の親戚に薄毛の人がいると、その人自身も薄毛になる
傾向があるそうです。

<原因2>紫外線が頭皮に大きなダメージを与える
頭皮の大敵!紫外線のケアをしっかりしていないと抜け毛が増えてくる

髪や頭皮は顔より紫外線の影響を受けやすいんだそうです。

ケアを怠っていると紫外線により頭皮が炎症を起こし、
髪の毛の成長が阻害されて抜けやすくなります。

<原因3>肥満の方に薄毛の傾向が強い
小山先生のクリニックの調査結果でも、肥満の方に
薄毛の傾向が強いことがわかっているそうです。

食事の偏りが薄毛を招いている可能性があるそうです。

薄毛の原因「紫外線」対策

紫外線から頭皮と髪を守るために

帽子をかぶっておく

ということが薄毛に対しては良いケアになります。

通気性の良い帽子で紫外線対策を行いましょう。

薄毛の原因「食生活の乱れ」対策

積極的に摂って欲しいのは

・たんぱく質
(魚、肉、卵、牛乳、大豆など)

・ビタミン
(各種野菜)

たんぱく質:髪を作る材料

ビタミン:頭皮の健康維持、髪の毛の成長を促進する

という働きがあります。

白髪の原因と対策方法

白髪の意外な原因とは?

そもそも、なぜ髪は白くなるのでしょうか?

髪の毛は毛母細胞という細胞が増殖して髪の毛になりますが
それ自体に色はついていないそうです。

もともと髪の毛は毛乳頭という部分から、白い状態で生えてきますが
毛乳頭の上部にあるメラノサイトから放出されるメラニンによって
黒く染められながら伸びてきます。

ところが、メラノサイトの働きが低下するとメラニンが生成されにくくなり
白髪になっていきます。

メラノサイトの働きが低下する原因は

・食生活
・加齢

など様々。

1度白くなった髪の毛が黒く戻ることはほとんどないそうです。

また、髪の毛を作る細胞と染色する細胞は別なので
薄毛と白髪に関係性はないそうです。

白髪を抜くと白髪が増えるは本当?

白髪を抜いても、白髪が増えることはないそうです。

毛を抜き続けると、新しく生えてくる毛がだんだん細く短くなってくることが
考えられるので、白髪は抜かずにハサミで根元を切るのがよいそうです。

ワカメやひじきをたくさん食べると髪が黒くなるは本当?

ワカメやひじきのイメージで髪が黒くなるといわれているのと
海藻のミネラルは皮膚を健康に保つのに大事な栄養素ですが
いっぱい食べたからといって髪の毛が黒くなるという関連性はないはず
とのことです。

白髪を加速させる生活習慣「睡眠不足」

睡眠不足によりストレスを感じると、自律神経が乱れ
血行不良が起こります。

血行不良が起こると髪へ栄養が十分に行き渡らず、
メラノサイトの働きが低下します。

肩や首に常にコリを感じている方は、コリによる血行不良で白髪につながる
恐れがあるので注意が必要です。

白髪予防と対策方法

たっぷり睡眠をとる
運動や体操でこりをほぐす
ストレスをためない

など、自律神経が乱れる状態=血行不良にしないこと、
自律神経のバランスが取れていることが大切なんですね。

フケの原因と対策方法

フケの原因

フケは頭皮の老廃物になります。
古い角質のターンオーバーにより皮膚の奥から押し出されて発生します。
人間本来の機能により発生するものなので、少量なら問題ありません。

しかし大量に出るとフケそのものが頭皮を刺激してしまい
かゆみが生じてしまうそうです。

大量のフケが出る理由

皮脂が少ないとフケを生み出してしまうのですが、皮脂とは
皮脂線から分泌される脂肪などを含む体液のことで
紫外線などの刺激から頭皮を守ってくれたり、髪に潤いを与えるなど
髪の健康には欠かせない存在です。

しかし、何らかの原因で皮脂の量が少なくなってしまうと
紫外線などの刺激により頭皮が大ダメージを受けます。

そうなると傷ついた頭皮を再生しようとターンオーバーが早まって
フケが大量発生してしまうんだそうです。

皮脂が少ないのは髪の洗い方が原因!?やってはいけない髪の洗い方

1、指を立てて強い力で洗う

指を立てて強く洗うと頭皮が傷つき乾燥しやすくなります。
そうすると皮脂の量が減ってしまうんです。

2、シャンプーを2回行う
シャンプーの2度洗いは必要な皮脂まで洗い落されて皮脂の量が減ってしまうので
やってはいけない洗い方になります。

正しくシャンプーをすることは、髪の毛と頭皮を清潔に保つことになりますが、
そのことがフケ、白髪、薄毛の対策にもなるそうです。

皮脂が多すぎてもいけない

皮脂が多すぎても問題で、

・脂漏性皮膚炎

の原因になってしまうそうです。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の過剰な分泌により
皮膚の菌が繁殖して起こる皮膚炎になります。

症状は頭皮のかゆみと痛みになります。

塗り薬で治療ができるので症状が出たらすぐに皮膚科の病院へ行きましょう。

髪と頭皮を健康に保つ正しい髪の洗い方

汚れにより頭皮に炎症が起こると髪の毛の成長が阻害されて
抜けやすくなります。

1、湯洗い
髪を濡らすのではなく頭皮を洗うイメージで行います

洗う時間は約1分半
しっかりと湯洗いすることで頭皮の汚れの8割が落ちるといわれています

2、シャンプー液は頭につける前に手のひらで軽く泡立てます
こうすることでシャンプーのすすぎ残しを防止できます

3、手の平全体でえりあしから頭頂部に向かって頭皮をやさしくマッサージするように洗います
ポイントは手相を見るときに見える「手のひら」の部分のみを使ってマッサージするように洗います

強く洗わなくても、これで十分に汚れが落ちて炎症を防止できます。

こうすることで抜け毛の予防にもつながります。

また、頭皮をやさしく揉む(マッサージする)ことで、白髪の予防にもつながります。

頭皮を傷つけないので皮脂も適度に分泌されます。フケの予防になりますね!

正しい髪の乾かし方

1、髪が水分を含んで傷みやすくなっているため、タオルを軽く押し当てるようにして
水分を拭き取ります

2、ドライヤーは頭皮や髪にダメージを与えないように頭皮から15cmほど離して風を当てます

薄毛の人は洗髪時に髪が抜けてしまうという恐怖を持ってしまいますが、
小山先生のお話では、洗髪時の抜け毛は気にしなくてもいいそうで

・洗髪時に抜ける毛はいずれ自然に抜ける毛

頭皮が不潔な方が抜け毛、薄毛に悪影響を与えるとので正しいやり方で
髪を洗って、頭皮を清潔に保つことが大切とのことです。
また、現在薄毛や抜け毛は薬で治療が可能になっているので
悩んでいる方は専門のクリニックで受診されることがおすすめです。

まとめ

今まで指先の方で髪を洗っていましたが、番組をみてこれはダメなやり方で
しかも力ももっとやさしくしないといけなかったことがわかってよかったです。

もっと頭皮と髪にやさしくしようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする