【ご飯のお供】お取り寄せ!ヒルナンデスで人気商品と作り方が紹介されました

スポンサーリンク

2019年9月20日放送のヒルナンデスで「便利でおいしい進化系ごはんのお供」について紹介されました。

新米の季節にごはんをおいしく!プロが選ぶ全国ごはんのお供が大集合です。

便利でおいしい!進化系ごはんのお供ベスト3

卵のいらない卵かけご飯の素

・卵のいらない卵かけご飯の素 KALDI 20g×2食入り 120円(税込)

タレに特殊な加工をした卵黄やしょう油などがすでに入っていて、
ごはんと混ぜるだけで卵かけごはんになります。

カツオと昆布のエキスが入っているのでとても味わいが深いそうです。

食べ方はご飯にかける他に、うどんにかけて釜玉風にしても美味しいとのこと。

ごはんにのせる豚汁

・ごはんにのせるとん汁 美噌元 648円(税込)

みそ汁専門店「美噌元」さんが

美噌元の豚汁 780円(税込)

のお味を再現した商品になります。

材料は

・長ねぎ
・にんじん
・大根

など一般的な豚汁と同じです。
食べやすいようにすべてみじん切りにされています。
このみじん切りにされた材料を生姜、ニンニクと一緒に混ぜながら炒めます。

隠し味は豚汁の甘みを再現してくれるオニオンペースト。
味噌は信州みそをベースに八丁味噌をブレンドしています。

さらにカツオのエキスを加えることで風味を際立たせています。

豚肉も食べやすいようにひき肉にしてから入れています。
じっくりと85度になるまで煮込んでいきます。

煮込んだ後に冷凍庫で急速に冷やして完成です。

以上の工程で豚汁の味を完全に再現したのが「ごはんにのせるとん汁」になります。

お味噌と野菜の旨味がしっかり出ていておいしいそうです。

炊きたてごはんにかける本格焼肉

・元祖 炊きたてご飯にかける焼肉
・秘伝のカリカリ

1セット 3700円(税別)

東京都八重洲「焼肉矢澤」料理長の中屋猛さんのお話では
本格焼肉店の味を家庭でも簡単に楽しめるように何度も試作を繰り返して
2年という時間をかけて開発されました。

黒毛和牛の旨味が詰まっているウデやスネを使って
ようやく完成することができたそうです。

ごはんのお供に最適なのは黒毛和牛のウデとスネ。
それを丁寧にひき肉にしていきます。

ひき肉を湯引きして余分な脂を落とすのがポイントで、
こうすることでご飯と合う良い食感を生み出すことができます。

お肉と合わせるのは

・長ねぎ
・玉ねぎ
・生姜

みじん切りにしてごま油で炒めたところへ
先ほどの湯引きしたひき肉を入れて水分がなくなるまで5分ほど炒めると完成です。

・秘伝のカリカリ
ニンニクなどを使いますが作り方は企業秘密なんだそうです。

この秘伝のカリカリを「ご飯にかける焼肉」の上に乗せることで
焼肉の香ばしさと味わいが再現されます。

ご当地ごはんのお供

農家×一流シェフのごぼう肉みそ

・ごぼう肉みそ 前田農園 540円(税込)

鳥取県北栄町で砂丘ごぼうを作られている農家、前田農園さんと
一流シェフが協力して生み出した究極のごはんのお供になります。

砂丘ごぼうは、柔らかい砂畑で育つためごぼうが大きく成長して
強い香りとしゃきしゃきの歯ごたえが特徴のごぼうになります。

ごぼう肉みそが誕生したきっかけは、前田さんの奥様が通っていた
料理教室の先生が料理人の松下銀次郎さんで、アドバイスをいただいたことが
はじまりだそうです。

松下先生はフランス・カンヌの一流ホテル「ホテル・バリエール・ル・マジェスティク・カンヌ」で
修行された後、数多くの国内の一流ホテルで総料理長を担当されていた
伝説のフレンチシェフなんです。

引退後、地元の鳥取で料理教室を主宰。
前田さんの奥様との出会いからごぼう肉味噌が誕生しました。

ごぼう肉みその作り方は、
ごぼうに下味をつけて炒めたあとに細かくみじん切りにします。

秘伝のタレは八丁味噌など4種類の味噌をブレンドしたものになります。

ごぼうとタレに炒めておいたたっぷりのひき肉を加えて混ぜ合わせます。

最後に隠し味のバターを入れます。

バターを入れることでコクとまろやかさが生まれるそうです。

漁師のご夫婦が作る普通じゃない焼きのり

・邦美丸(くにみまる)の塩海苔(ミニ) 700円
・邦美丸(くにみまる)の塩海苔(大) 1080円

岡山県玉野市、邦美丸(くにみまる)の海苔は密度が高くて
旨味が濃い海苔になります。

海苔の密度が高い理由は地形に由来していて、山からの栄養が
豊富に流れ込んでくる場所のため海苔が豊かに育つそうです。

しっかりと育った海苔は密度が高く、噛めば噛むほど旨味が出てくるんですね。

番組では塩が海苔の風味を引き立てている、風味がすごくいいと大絶賛されていました。

主婦が考案!食べるラー油奈良漬

・和風ラー油べっぴん奈良漬 756円

「和風ラー油べっぴん奈良漬」を作っているのはべっぴん奈良漬本店の
代表・五十嵐裕希さん。

ラー油を作る際に隠し味で昆布粉が入っています。
ラー油と、日本人の好きな奈良漬けのほんのり甘い味が
ごはんに合う食べるラー油となっています。

2011年には地域の食文化漬物チャンピオン決定戦で準グランプリを獲得。
今ではひと月1200本も売れる大人気商品になっています。

まとめ

どのお供も出演者のみなさんが大絶賛されていました。
卵のいらない卵かけご飯の素はKALDIで販売されているとのことなので
探してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする