【ビビット】口尾麻美さんの見せるキッチンの収納術とポテトパンケーキのレシピを紹介

スポンサーリンク

2019年9月18日放送のビビット見せるキッチンの収納術リトアニアの家庭料理「ポテトパンケーキの作り方」について紹介されました。

素敵なキッチンって女性であれば興味がある方が多いのではないでしょうか。

キッチンの食器や調理器具などを「見せる派」、「しまう派」と好みが分かれますが
今日ビビットで紹介されたのは東京都内のビンテージマンションにお住いの
料理研究家、口尾麻美(くちおあさみ)さんのキッチンです。

口尾さんは年に3回ほど海外へ出向き、旅先で得たインスピレーションをもとに
レシピ本を出版するなど、世界を旅しながら活躍されている料理研究家です。

口尾さんの著書

・トルコで出会った路地裏レシピ
・旅するリトアニア
・はじめまして電鍋レシピ
・モロッコで出会った街角レシピ

誰でもできる!「見せる」キッチン収納術

口尾さんのキッチンとは?

口尾さんのキッチンは見せるキッチンで、雑貨屋さんのようにカラフルで
かわいい食器や調理器具がたくさん並べられています。

この食器や調理器具はいろんな国を旅して集めてきたものになります。

口尾さんのテーマは、いろんな国のものがあるけど統一感がある

パリのアパルトマン

がテーマなんだそうです。

おしゃれで暖かな感じで、道具がたくさんあるのにまとまっていて
見ているだけで楽しくなる台所です。

世界中で入手した変わった料理グッズ

・南フランスの器
朱色、青、黄色、ピンク、グレー、黒とカラフルですね。
朱色のフランスの器でお味噌汁を飲んだりされているそうです。

・ベトナムのザル
路上で料理を売るお母さんたちが使っているもの。

・モロッコのミントティー用のグラス

・ウズベキスタンのカラフルな器

・トルコの包丁

などなど、世界各国500点以上の料理グッズが
キッチンを彩っています。

これだけ大量の料理道具がありながら、ここまでおしゃれに
キッチンを見せることができる口尾さんのデザイン力はすごいですね。

キッチンをオシャレに見せるコツとは?

大きいものでも吊るせ

旅に出る度にものが増えて、どうしようかなと思っていた時に
海外のキッチンは道具が吊るしてあったので、吊るせばいいんだと
デッドスペースに鍋など大きなものも吊るし始めたんだそうです。

目線より上の空間に

・フライパン
・鍋
・ザル

など大きめの料理道具を吊るして空間を有効利用します。

食器類を吊るすなら、おすすめは

・マグカップ

ツリースタンドに吊るすことで、オシャレなアンティーク雑貨店のように
見せることができます。

見せるキッチンの最大の特徴

扉を外せ

調理台や流しの下など扉が付いていますが、

・常に料理して手が汚れていたりする
・手垢がつく
・開け閉めの手間
・開かずの扉を作りたくない

という理由から、扉を外すことで棚の料理グッズをインテリアの一部にしてしまうそうです。

リトアニアの定番「ポテトパンケーキ」の作り方

口尾さんは最近リトアニアに行ってきたばかりだそうで、

リトアニアの家庭料理「ポテトパンケーキ」の作り方を教えてくださいました。

ポテトパンケーキの材料:4人分

・じゃがいも:5個
・玉ねぎ:1/4個
・にんにく:1/2片
・レモン汁:小さじ1
・薄力粉:大さじ3
・卵:1個
・塩:小さじ1
・コショウ:適量

ポテトパンケーキの作り方

1、フードプロセッサーにじゃがいも、玉ねぎ、にんにく、レモン汁を入れて
混ぜ合わせます

2、「1」に、薄力粉、卵、塩、コショウを入れてピューレ状にしていきます

3、「2」を中火で熱したフライパンで両面をこんがりと焼いていきます

ソースの材料

・ベーコン:100g
・玉ねぎ:1/4個
・お好みのきのこ:適量
・有塩バター:10g
・サワークリーム:180g

ソースの作り方

1、フライパンで細かく刻んだベーコン、玉ねぎ、きのこをしんなりするまで炒めます

2、「1」に有塩バター、サワークリームを加えてとろみがつくまで混ぜ合わせていきます

お味は、パンケーキ自体はすごくさっぱりしているのでソースの濃厚な油と合って、食感も
すごくおいしいとのことです。

まとめ

口尾さんにとってキッチンとはどんなところ?という質問に

好きなものに囲まれた、仕事場でもあるけど楽しい場所でもある

と話されていたのが印象的でした。

好きなものに囲まれているっていいなと、楽しい気持ちになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする