【教えてもらう前と後】トマト甘酒の作り方を紹介!疲労回復夏バテドリンクレシピ

スポンサーリンク

2019年9月17日放送の教えてもらう前と後で甘酒トマトジュースについて紹介されました。
を教えてくれたのは池谷医院院長の池谷俊郎先生です。

トマトジュース×甘酒でトマトジュースがパワーアップ

甘酒トマトジュースは血圧安定と腸内環境を整える働きが期待できる飲み物

教えてくれたのは池谷医院院長の池谷俊郎先生です。

疲労回復にもってこいのトマト。
トマトはガンや老化予防にも効果があるといわれている
リコピンを豊富に含んでいます。

甘酒の原料である米麹には血圧を安定させる働きがあるラクトトリペプチド
含まれていて、飲む点滴と言われるほど栄養豊富で疲労回復に適しています。

トマトジュース自体にもいいところがたくさんあって、
トマトジュースなどの加工品はトマトの細胞壁が壊れているためリコピンの吸収率が
そのままのトマトを食べるよりも4倍高くなります。

市販のトマトジュースでもこの効果は同じだけあります。

トマトジュースの効果とは?

トマトジュースをほぼ毎日飲まれているトマト農園の鈴木さん(58歳)の
血管年齢を測ってみると、なんと47歳!

実年齢よりもマイナス11歳若いという結果でした。

トマトジュースは朝飲むのがベスト

トマトジュースは昼や夜ではなく朝飲むことで、
リコピンの吸収率が格段に高くなります。

・甘酒トマトジュースは朝飲むのがベスト

なんですね。

トマト甘酒の作り方

1、トマトジュース(100cc)を用意します(自分でミキサーで作ったものでも市販のものでもOK)
2、 甘酒(100cc)をトマトジュースに注ぎます

甘酒の量はお好みで変えてもよさそうです。

トマト甘酒のお味は?

トマトジュースに甘酒を入れることで
トマトの酸味がまろやかになるそうです。

トマト甘酒にオリーブオイルを加えるとリコピンの吸収率がさらにアップ

リコピンは油との相性が抜群で、トマト甘酒にオリーブオイルを数滴
垂らすだけでリコピンの吸収率が上がります。

オリーブオイルを加えることで冷製スープ(ガスパッチョ)のような食感に
なるそうです。

まとめ

夏の疲れがたまっているなぁと感じる方には
甘酒トマトジュースがおすすめ、という理由がとてもわかりやすく
説明されていた回でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする