【金持神社の宝くじ売り場】当たるとウワサの金持テラスひのに行ってみた

スポンサーリンク

今日はその存在を知ってからずっと気になっていた、宝くじの高額当選が多く出ているとウワサの金持神社に近い、同じ「金持(かもち)」の名前の付いた宝くじ売り場<金持テラスひの>について書いていきます!

<金持テラスひの>ってどういう施設なの?

金持テラスひのは、2018年2月にオープンした日野町が作った公設民営の複合施設です。

JR根雨駅のすぐ近く、金持神社からは車で10分くらいの国道181号線沿いにあります。

金持神社の参拝客は全国から年間20万人、金持テラスひの宝くじ売り場はオープンして3日間で年末ジャンボ宝くじの売り上げが500万円を超えたという人気の宝くじ売り場になります。

宝くじは、金持神社から近い売り場のためか今も売り切れていることがあります。

お目当の宝くじ売り場は多目的ホールにあり、ここには宝くじ売り場の他に、金持神社のレプリカがあります。

購入できる宝くじは、宝くじ、各種宝くじ、ナンバーズ、ロトなどすべての宝くじが扱われています。

また、豆腐やみそなどの手作り加工品から地元の新鮮な野菜も売られていて、人気商品はすぐに売り切れてる感じでした。

私が行ったとき(5月)は、うどやわらび、ニンニクの芽、日野町特産品の原木椎茸などが豊富にあり、金曜日限定で入荷するという「菅福元気邑」の手作り豆腐と厚揚げ、こんにゃくというのが個人的に気になりました。

蔵出しの「新みそ」と「3年熟成みそ」とか、みそ汁好きの私は味にどういう違いがあるのか飲んでみたいなと思いました。

他にも200平方メートルくらいのレンタルスペースがあって、ワークショップやフリーマーケット、セミナー、展示会なども行われています。

イベントがあるときは地元のお食事どころなどが出店していたり、季節のイベントが行われていたりするのですが、タイミングにより何もないときはガランとしてる時もあります。

私の場合はちょっと休憩したりするのにも助かりました。

金持神社・金持テラスひので売られている金運グッズ

金持神社には宝くじ売り場がないので、金持神社にお参りをして金運を上げた後、金持テラスひの宝くじ売り場で宝くじを買うのが鉄板です(笑)

そして金持神社で入手できる黄金の包装紙に包まれた「黄色いハンカチ(1,000+税)」で、購入した宝くじを包んで保管しておくとさらに運気があがるとのこと!

ちなみにこの「金持神社の黄色いハンカチ」は地元産の草木染めハンカチで、「金持神社」と刺繍が入っています。

けっこう人気があるけど手作りで大量生産できないから、売り切れているときもあります。

(現地で買えなかった場合は金持神社のHP通販ページでも購入OK)

金持神社には御朱印帳をはじめ金運財布や各種キーホルダー、ストラップなど多くの金運グッズが売られていますが、金持テラスひのにも金運グッズが売られていますよ!

こういうグッズを見るのも旅の楽しみですよね。

私が気になった金持神社の金運グッズ!

金持神社で私が思わず買っちゃったお土産は

・先ほどご紹介した宝くじを包んでおきたい「黄色いハンカチ」

宝くじを包まなくても、普段出かけるときに持ち歩くだけでも御利益がありそうな気がして。

・デザインがなんかかわいい金色の御朱印帳(2,000円)

御朱印集めてないのに買ってしまいました。

・すごく気になった金の延べ棒は、中身は金ではなく(当たり前)お米でした。

あと、日野町のふるさと納税お礼の品、50,000円以上の寄付でもらえる金持神社ご祈祷済み金運ブレスレット(天然水晶・ローズクォーツで作られた内径55mm)も欲しいなと思いました。

進物にも使用できる高級感ある紙箱で、ブレスレットの親石には金持神社の紋と文字が入っていて、

金運の他にも美意識を高めて幸運やチャンスが訪れる、恋愛が成就するなどのお守りでもあり、デザインもきれいなんですよね。

まとめ

金持神社は、宝くじなどの臨時収入があった、年収が3倍になったなど、わくわくするご利益が報告されているパワースポットですが、周辺スポットの「金持テラスひの」も、宝くじ売り場や、ご当地の野菜や加工食品販売、イベントなどとても楽しめる施設でした。

金持神社に行かれた際は、金持テラスひのもおすすめですよ。
宝くじを買う方だけじゃなくて、道の駅とか見るの好きな方も楽しめると思います。

<金持テラスひの>
鳥取県日野郡日野町根雨170-1
電話0859-70-1730
営業時間10:00〜11:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする