【名医のTHE太鼓判】 かすべのダイエット効果と美肌効果とは?レシピも紹介

スポンサーリンク

2019年9月16日放送の名医のTHE太鼓判
美しくやせる奇跡の食材「かすべ」について紹介されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かすべ醤油のやわらか煮150g
価格:494円(税込、送料別) (2020/6/4時点)

かすべとは

かすべとは、エイ(エイヒレの通称。

居酒屋さんなんかでよくあるエイヒレもこの魚で、
ヒレの身の部分だけを食べます。

北海道では定番の家庭料理として
刺身、煮物、唐揚げにしてよく食べられています。

かすべは鮮度を保つのが難しく、
冷蔵でも3日ほどしか保たないため
地元以外では刺身は滅多に食べられないそうです。

それが奇跡の魚と呼ばれている所以なんですね!

私は香川県に住んでいて、1度もエイを食べたことがなく
スーパーで見かけたこともないのですが、北海道のスーパーでは
1パックにかすべが3切れほど入ったものが200円前後で売られています。

かすべはぷるぷるの身とコリコリの軟骨が
くせになる味なんだそうです。

かすべの美肌効果の理由

かすべには美肌作りに効果が期待できる

・コラーゲン

骨や軟骨の生成に関わる栄養素の

・カルシウム
・コンドロイチン

が豊富に含まれています。

かすべのダイエット効果の理由

産婦人科医の丸田佳奈先生のお話では、

かすべは

・低カロリー
・高タンパク

サバと同じ量食べると、たんぱく質は同じくらいの量で
カロリーは半分なので食べても太りにくい食材になります。

また、呼吸器内科の大谷義夫先生によると
かすべに含まれる

・パントテン酸

がダイエットに効果的ではないかとのことでした。

パントテン酸とは?

パントテン酸はビタミンB群の一種で、体内に入ると

脂質
糖質
たんぱく質

のエネルギー代謝を助ける働きがあるそうです。

かすべの唐揚げレシピ

・かすべを食べやすい大きさに切ります
(骨は軟骨なのでかんたんに切ることができます)

・切り分けたかすべに塩、コショウで下味をつけます

・適量の油で約7分揚げていきます
(揚げ過ぎに注意してください。こげくさくなります)

骨は軟骨なので食べられるのですが、ヒレの付け根あたりは
少し硬いかもしれないので、その場合は食べるときに取り除いてくださいね。

かすべの煮付けのレシピ

かすべの煮付けは、普通の煮魚と同じ作り方で大丈夫です。

1、材料(調味料、生姜)をお鍋かフライパンに入れて一煮立ちさせます

2、「1」にかすべを入れて約10分間煮込みます

ポイントは

・落しぶたをすると味がしっかり染み込みやすい

・身崩れを防ぐために、あまりさわらない

・落しぶたをしない場合は調味料の分量を倍にしてもOK

かすべの煮付け:材料

・「水かすべ」もしくは「真かすべ」:200g

調味料

・水:大さじ5
・酒:大さじ5
・しょうゆ:大さじ2
・砂糖:小さじ2
・みりん:小さじ2

・生姜:大き目のものひとかけらをスライス

かすべの購入方法

現在は冷凍技術が発達しているので、日本全国インターネット通販で
購入することができます。

まとめ

まったく馴染みのない魚でしたが、コラーゲン豊富で
おいしいということなので食べてみたいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする