【ソレダメ】ワイシャツの襟汚れを落とすやり方と弱くなった吸盤の復活方法!

スポンサーリンク

2019年9月11日放送のソレダメで襟汚れの黄ばみを落とすやり方について紹介されました。

ワイシャツの襟汚れの黄ばみを落とすシェービングフォーム

シャツの襟(エリ)周りだけ黄ばみが落ちないことってありますよね。
洗濯機で洗っても落ちない汚れですが、お父さんのシェービングフォームで
黄ばみがきれいに落ちるそうなんです。

教えてくれたのは家事アドバイザーの矢野きくのさんです。

シェービングフォームで襟汚れの黄ばみが落ちる理由

襟汚れは、汗や皮脂が布に入り込んでいます。
シェービングクリームには

・皮脂汚れを浮かせる界面活性剤が入っている

ので、シェービングフォームを使うことによって
襟汚れを落とすことができます。

シェービングフォームで襟汚れを落とすやり方

1、シェービングフォームと歯ブラシを用意します

2、シェービングフォームのクリームを手にとって、汚れた襟部分に直接塗ります
量はたっぷりめですね!

3、歯ブラシで軽くこすります

4、洗濯機でいつも通り洗濯します

洗濯が終わると、気になる襟汚れが真っ白になっています。

弱くなった吸盤ハンガーはパン袋の留め具を挟むと復活する!

台所やお風呂場などで物を吊るのに便利な吸盤ハンガーですが、
いつのまにか吸盤が弱くなって落ちたりすることがありますよね。

そんな吸盤が一瞬でパワーアップする方法が
パン袋の留め具(バッグ・クロージャー)を使うやり方になります。

教えてくれたのは東京理科大理学部物理学科の川村康文教授です。

バッグ・クロージャーを使うと吸盤が復活する理由

吸盤ハンガーは吸盤の内側が真空状態になることで壁にくっついています。
しかし、時間の経過や吸盤にかかる負荷で空気が入ってきて
吸着力が徐々に落ちてきます。

バッグ・クロージャーを使って、もう1度押し付ける力を強くすることで
真空状態を保つことができるようになるそうです。

・バッグ・クロージャーを2枚重ねて使う

のが、川村先生のおすすめになります。

番組の実験で、

バッグ・クロージャーなしの場合重さ1.2kgで吸盤は落下

バッグ・クロージャーを間に挟んだ方は4.5kg(ペットボトル3本)でも大丈夫でした。

バッグ・クロージャーを取っておけば、弱くなった吸盤を
劇的に蘇らせることができるんですね!

まとめ

襟汚れは通常のクリーニングでも落ちないので、さっそく
シェービングフォームで試してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする