【ゲンキの時間】猫背改善法(猫背矯正)と正しい立ち方のコツが紹介されました。

スポンサーリンク

2019年9月8日放送の健康カプセルゲンキの時間で猫背改善法と正しい立ち方のコツについて紹介されました。

教えてくれたのは北里大学大学院整形外科学教授で医学博士の高平尚伸先生です。

猫背とは?

猫背で悩んでいる方って意外と多いですよね。

高平先生のお話では、医学用語に「猫背」というものはなくて
本来人の体は

・背骨がS字カーブを描いている

のが正しい姿勢なのですが、猫背は

・S字カーブが崩れた状態

を指すそうです。

骨盤が前に傾いているのが反り腰といい、

まれに

・猫背との複合型

もあるそうです。

見た目だけの問題ではなく、放っておくと健康面でも
大きなリスクがあるそうです。

・腰痛
・肩こり
・背中の痛み
・頭痛
・眼精疲労

などに影響しているそうです。

また、猫背の方は足が高く上がらずつまずきやすいので
高齢になると骨折や寝たきりに繋がることもあります。

反り腰とは?

上半身(背骨)がやや後ろに傾いているタイプの猫背で
骨盤が前に出ている分、無理をして腰を痛めやすいそうです。
ぎっくり腰などにもなりやすいんですね。

猫背からくる不調の原因

肩こり・腰痛

背中から首にかけてある筋肉「僧帽筋」へ負担がかかることにより肩がこります。
猫背は重い頭を僧帽筋で釣り上げている状態なんだそうです。

頭の重さは体重の約1/10といわれていて
ボウリングのボールと同じくらいの重さになります。

正しい姿勢では頭を緩やかなS字を描く背骨が支えています。

猫背の方は、頭を首や肩、腰の筋肉で支えるため
筋肉に大きな負荷がかかっている状態になっていて、これが肩こりの要因となります。

さらに、僧帽筋は後頭部まで繋がっているため頭痛や眼精疲労の原因にもなります。

猫背により腰回りの筋肉に負荷がかかり腰痛や椎間板ヘルニアの原因にもなるそうです。

呼吸が浅くなる

猫背の状態だと、肺や横隔膜が圧迫されて呼吸が浅くなります。
そうすると自律神経に影響を及ぼしてイライラしてきたり、
ひどくなるとうつ状態になることもあるそうです。

猫背を改善すると呼吸が深くなり自律神経が安定します。

むくみ

むくみとは血管から漏れ出た余分な水分を静脈などが
回収できずに溜まってしまった状態です。

猫背の方は呼吸が浅いため静脈の流れが悪く
脚がむくみやすくなります。

良い姿勢でいると静脈の血流が改善されて
むくみの改善につながります。

認知症

メモリークリニックお茶ノ水理事長で東京医科歯科大学特任教授
医学博士の朝田隆先生のお話では、

・猫背は認知症になりやすい

ことが最近わかってきたそうです。

猫背で腰痛やひざ痛になると外出する機会が減少して

・活動性が鈍る→交友関係が狭まる

社会性が失われて認知症につながるそうです。

猫背でない方の2〜4倍くらい認知症のリスクが
高まるといわれているそうです。

猫背セルフチェック法

1、イスを壁の前に置きます
2、壁に向かって座り、つま先とひざを壁につけます
3、力まずに立ち上がれるかどうか確認します

猫背でなければ自然に立てるそうです。

猫背の方が立てない理由は、立とうとするときに
重心を前にして立とうとするので、頭が壁にぶつかって
立てなくなります。

猫背改善法(猫背矯正)のやり方

猫背って矯正できるのでしょうか。
猫背は長年のクセなのでなかなかもとに戻りにくいのですが
正しい姿勢のクセをつけることで改善できます。

高平先生直伝の正しい姿勢を身につけるコツ

1、イスに浅く座ります
2、上半身をぐっと前に倒します
3、おしりを背もたれと座面の角にあてます
4、そのまま上半身をまっすぐ起こします

4番目の正しい姿勢の時に背中や腰が痛い方は、
普段正しい姿勢で座れていないからになります。

短時間から始めて、徐々に慣らしていくことが大切です。

正しい立ち方のコツ

1、立っておなかをへこませます
2、かかとを数回上下させます

おなかをへこませることで、正しい姿勢に必要な
体幹への筋肉をバランスよく鍛えることができます。

まとめ

番組の最後に立ったままパソコン作業などのデスクワークを行うことで
肩こり腰痛の撲滅運動を行なっている企業なども紹介されていましたが、
そもそも同じ姿勢でいることがよくないとのことなので、立ったままで
いることには動きやすい(ストレッチなどもやりやすい)というメリットがある
というお話は納得でした。

高平先生の「姿勢で人生は変わる」という言葉に深く納得した回でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする