【長生きみそ汁】世界一受けたい授業で小林幸弘先生のみそ汁健康法が紹介されました。

スポンサーリンク

2019年9月7日放送の世界一受けたい授業で、体が整う味噌汁健康法「長生きみそ汁」 について紹介されました。

教えてくれたのは順天堂大学医学部教授で自律神経のスペシャリスト小林幸弘先生です。

小林先生は80万部突破の 【体の不調がみるみる消えていく 医者が考案した「長生きみそ汁」 自律神経の名医が教える日本人に合った最強の健康法】(アスコム刊) の著者でもあります。

長生き味噌汁とは

小林先生の考案した長生きみそ汁には

・老化のスピードを緩やかにする

・肌のシミやシワを改善、予防する

という効果が期待でるそうです。

国立がんセンター研究所の調査によると

・みそ汁を飲む頻度が高い人ほど胃がんの死亡率が低い

・みそ汁を飲む人ほど乳がんの死亡率が低い

みそは塩分が多いから高血圧が気になりますよね。

でも、食塩と同量の塩分をみそから摂取しても血圧は上昇しないんだそうです。

(広島大学 渡邊敦光名誉教授・吉栖正生教授の実験結果より)

以前番組で雛形あきこさんが長生きみそ汁を1日1杯1週間飲んだ結果、

疲れやがんのもととなる活性酸素の量が

・みそ汁を飲む前→4.6ng(ナノグラム)

みそ汁を飲み始めて1週間で→0.4ng まで低下しました。

さらに46歳の女優、久保田磨希さんは1日1杯2週間長生きみそ汁を飲んだところ

血管の硬さが20代後半に若返る結果となりました。

スペシャルみその作り方

・抗酸化作用のある「赤みそ」

・ストレスを軽減してくれる「白みそ」

・腸内環境を整える「すりおろした玉ねぎ」

・疲労回復効果のある「リンゴ酢」

1、以上の4点をボウルでよく混ぜ合わせます

2、製氷皿に入れて凍らせます

ひとつのブロックが一食分になります。
簡単に作れますね!

このスペシャルみそをベースに長生きみそ汁が作れます。

みその美肌効果 みそには抗酸化作用があるので
しみやシワを撃退してくれる働きがあり、 美肌効果はかなり期待できるそうです。

落語家の林家三平さんが長生きみそ汁13日間に挑戦

小林先生の長生きみそ汁13日間生活に挑戦してくれたのは、落語家の林家三平さんです。

小林先生のいらっしゃる順天堂大学病院での三平さんの検査の結果は、
血流が正常値の120.0AUに比較して97.3AUと
血液の流れが悪い状態であることがわかりました。

血液の流れが悪いと全身に血液が行き渡らない→疲れやすくなります。

また、ストレスの目安である自律神経のバランスは
副交感神経と交感神経が1:1 のバランスがよいそうですが、
三平さんは交感神経が優位になっていました。

三平さんの長生きみそ汁生活 1日目「貧血予防」:えだまめとミニトマトの長生きみそ汁

えだまめとミニトマトの長生きみそ汁

枝豆の鉄分の吸収を高めるためにトマトのビタミンCが効果的
ミニトマトにはビタミンCが多くてオススメなんだそうです。

作り方
・生姜を鍋に入れて一煮立ちさせます

・ミニトマトと枝豆を入れてさっと火を通します

・スペシャルみそを入れていきます

ミニトマトから旨味が出るので、出汁を入れなくても
おいしいみそ汁になります。

2日目「小松菜とかき玉のみそ汁」

小松菜に豊富に含まれる鉄分は卵に含まれる動物性たんぱく質と一緒に
摂取すると吸収率がアップします。

3日目「キャベツと桜エビのみそ汁」

桜エビの香りが広がっておいしいそうです。

4日目「長芋と梅干しのみそ汁」

梅干しは酸っぱい成分であるクエン酸を豊富に含みます。
クエン酸は胃腸の働きを活発にして消化吸収の効率を高める効果があります。

作り方
・食べやすい大きさに切った長芋を約2分加熱します。

・スペシャルみそを入れます

・ちぎった梅干しをのせたら完成です

梅干しのクエン酸が唾液の分泌を促して食欲が出るそうです。
夏バテや疲れで食欲があまりない時にオススメの理由はこれなんですね。

5日目「らっきょうと豚肉のみそ汁」

豚肉は疲労回復効果の高いビタミンB1を豊富に含みます。
らっきょうに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収を促します。

ここまでの5日間で三平さんの感想は、体が軽くなってきたそうです。

6日目「豆腐とキムチの冷たいみそ汁」

・水を入れたボウルにキムチ、輪切りにしたきゅうりを入れます

・スペシャルみそを加えます

・豆腐を入れた器にそそいで出来上りです

キムチには乳酸菌と食物繊維が豊富に含まれていて
腸内環境を整える食材として効果的なんだそうです。

7日目「スペシャルみそを使ったみそ汁ではない料理:みそカルボナーラ 」

卵とチーズから疲労回復に必要なたんぱく質を多く摂取できて
ベーコンのビタミンB1が疲労回復効果を高めてくれます。

作り方
・ボウルにベーコンを入れて、スペシャルみそを入れます

・電子レンジ(600W)で30秒加熱して溶かします

・別のボウルに溶き卵、生クリーム、粉チーズ、粗挽きコショウ、先ほど温めた ベーコンとスペシャルみそを加えてよくかき混ぜます。

・ここに茹で上がったパスタを入れてソースと絡めたら完成です

みそが入ってると言われないとわからないくらいで、まろやかでおいしいそうです。

8日目「豚そぼろとかぼちゃのみそ汁」

かぼちゃは強い抗酸化作用をもつβカロテンが豊富で
お肌のシミやシワを防ぐ効果が期待できます。

このみそ汁にはすりおろした生姜も入っているそうです。

9日目「脳が活性化するみそ汁」

サバ缶とタケノコのみそ汁 サバに豊富に含まれるDHAは
脳を活性化して記憶力を高めてくれます。

10日目「ゴーヤとパプリカのスパイスみそ汁」

ゴーヤの苦味成分モモルデシンには食欲増進効果と胃腸を保護する効果があります。
なので、夏バテにはぴったりの野菜です。

作り方
・お鍋で食べやすい大きさに切ったゴーヤとパプリカに火を通します

・沸騰したら胃腸の働きをよくするオリゴ糖、カレー粉、スペシャルみそを加えます

11日目「スイカの白皮と豆腐のみそ汁」

スイカの白皮に含まれるシトルリンは血管を広げるサポートをして
皮膚の新陳代謝を助けるため、美肌効果も期待できます。

作り方
・スイカの一番外側の緑の皮は取り除き、食べやすい大きさに切ります

・豆腐とスイカの白皮(カット済み)を茹でて軽く火を通します

・すりごまとスペシャルみそを入れます

・よくかき混ぜたら、最後にミョウガをのせて完成です

スイカの白皮はスイカという感じがしなくておいしいそうです。

12日目「アーモンドミルクのみそ汁」

材料
・アーモンドミルク

・パプリカ

・鶏もも肉

作り方
・お鍋でで鶏もも肉を炒めます

・炒まった鶏もも肉にアーモンドミルクを加えます

・弱火で3〜4分加熱します

・パプリカとスペシャルみそを入れます

みそ汁じゃないまろやかなスープのような食感とのことです。

13日目「黒酢入りみそ汁」

・舞茸ともずくを茹でます

・スペシャルみそを入れてよくかき混ぜたら、最後に黒酢を加えます

黒酢は大腸の働きを活発にするとともに アミノ酸が疲労回復に役立ちます。

三平さんの結果は?

なんと、三平さんの疲れの原因だった血流の悪さが

・長生きみそ汁生活を始める前:97.3 から

・長生きみそ汁生活を続けた13日後:133.6

と、120.0の正常値の基準を超えて回復していました。

まとめ

やっぱり食事は大事なんだなと改めて認識しました。

8月にNHKの健康番組でも小林先生の教えてくれる

呼吸法や体操で肩こりや疲れが軽減できたので、この本も

購入してみよう思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする