【ビビット】増税前に買った方が良いものと買わなくていいものが紹介されました。

スポンサーリンク

2019年9月6日放送のビビットで増税前に買った方が良いものについて紹介されました。
教えてくださったのはファイナンシャルプランナーの山口京子さんです。
山口さんはファイナンシャルプランナーのほかにも証券外務員などの
資格を持つお金のスペシャリストです。

増税前に買った方が良いもの

軽減税率とは

2019年10月1日より消費税が8%から10%へと移行します。
消費税率引き上げと同時に軽減税率制度も実施されます。

軽減税率制度とは

・特定の商品の消費税率を標準税率10%ではなく8%に据え置くもの

となります。

<対象品目>
・酒類、外食を除く飲食料品
・週2回以上発行される新聞

軽減税率の導入によりスーパーやコンビニなどの
小売店では税率の異なる商品が並ぶことになります。

増税後の平均的な家計の負担は
年間4万円増えるといわれているので
対策できるものはしたいですね。

9月中に買っておくべきものは「前倒しできるもの」「必要で高額なもの」

前倒しできるもの

・医薬品
・鉄道の定期券、回数券
・書籍
・ペットフード
・美術館、遊園地などのチケット
・酒類

お酒は家にあるとあるだけ飲んでしまうので
実は買いだめは注意が必要とのこと。

必要で高額なもの

・国内航空券
・人間ドック、健康診断
・自由診療(こどもの歯列矯正、インプラントなど)
・オーダーメイド
・家電
・ブランド品

今は家電などは年末セール並みに価格が下がっているそうです。

また、現金での支払い、デパートでの買い物については
忘年会などの飲み会も前倒しがおすすめで、
誕生日プレゼントもデパートで買うなら9月中に買っておくとお得なんだそうです。

増税前に買わなくていいもの

軽減税率の対象になる飲食料品
よくセール対象になるものは急いで買う必要はありません。

・飲食料品
(軽減税率の対象です)

・トイレットペーパーなどの日用品
(よくセールになります)

・衣料品
(よくセールになります)

鉄道の定期券や乗車券は10月以降の乗車分も
9月30日までの購入であれば消費税8%で購入できます。

新幹線の乗車券は1ヶ月前から購入可能です。

また、

・海外航空券は消費税がかからない

ので、急いで買う必要はないとのことです。

駆け込みセールを見逃すな!

9月は消費税増税前の駆け込みセールを行う
企業が多いので、高額商品の購入は狙い目です。

有名なところでは

・ジャパネットタカタ
冷蔵庫
ビルトインガスコンロ

・ガリバーワオタウン幕張
来店での車両購入で3万円分オプションプレゼント

・三井アウトレットパーク
全国12施設で増税直前アウトレットチャンスセール

・メガネ
・スーツ
・ワイン

などいろんなお店でセールが行われています。

まとめ

いつもセールは行われているので自分の買い時かどうかを
見極めて、今必要であればお得に買えるチャンスと捉えるのが
大事だなと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする