【たけしの家庭の医学】性格別高血圧対処法について紹介されました。

スポンサーリンク

2019年9月3日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学で高血圧を下げる性格別高血圧対処法について紹介されました。
教えてくれたのは東京慈恵会医科大学教授の横山啓太郎先生です。

横山先生は、慈恵医大晴海トリトンクリニックで性格に合わせた「行動変容外来」を立ち上げられています。

この行動変容外来は、患者さんの性格に合わせた対処法を行ってくれる外来で、
多くの患者さんが高血圧などの生活習慣病から解放されています。

3日坊主でも続けられる【性格別】高血圧対処法

高血圧の対処法といえば

・塩分を控える

・運動

やるべきことはわかっているけど
なかなか毎日取り入れることが難しかったりしますよね。

今、3日坊主の方たちでも長続きできる高血圧対処法が
医学界で注目され始めているそうです。

行動変容

行動変容とは、簡単に言うと

1、自分の内なる性格を知る
2、その性格に合った対処法を習慣化する

そうすることで血圧などの生活習慣病を改善していくという
やり方になります。

ちょっとした性格診断をするだけで高血圧が改善できる、
身の丈に合ったオーダーメイド対処法なんだそうです。

まずは、秘められた性格がわかる問診から始めます。

秘められた性格がわかる問診・チェックシート

1、5年後は今よりも悪くなると思っている
2、いろいろな人と話すのが楽しいと感じている
3、いろいろ想像するのが好きな方である
4、人の言葉を信用しがちだ
5、整理整頓を心がけている
6、小さなことでイライラしがちである
7、大勢の人と一緒にいて刺激を受けるのが好きだ
8、テレビドラマや映画で感動して涙を流すことが多い
9、なるべく自分に正直にいようと思う
10、一度始めたことは最後までやり遂げようとする
11、失敗を引きずる方である
12、グループでは先頭に立つことが多い
13、新しい場所に遊びに行くのが好きだ
14、人から好かれる方だ
15、食事の時ごはんを残さない方である
16、人と比べて自分のことをダメだと思うことが多い
17、スポーツをやる場合一生懸命行う
18、ネットサーフィンをすることが多い
19、控えめな方である
20、何かを行う前によく考えてから行動する方である
21、感情をコントロールすることが苦手である
22、新しいことを始めるのが好きだ
23、若い人のフランクな言葉使いを聞いても気にならない
24、自分の仕事が他人のために貢献できるかを考える
25、約束を守る方である

医療機関では

・25問の細かい問診
・医師の聞き取り
・性格を診断

という流れで行います。

今回の番組内では特別にA、B、Cの3つのブロックで
合計9問の問いに答えるだけの簡易的なやり方が紹介されました。

Aブロック:3問
Bブロック:3問
Cブロック:3問

マルが2つ以上あったブロックを覚えておいてくださいね。

血圧改善に大切な性格問診

Aブロック:3問
1、5年後は今よりも悪くなると思っている
2、失敗を引きずる方である
3、人と比べて自分のことをダメだと思うことが多い

Bブロック:3問
1、大勢の人と一緒にいて刺激を受けるのが好きだ
2、グループでは先頭に立つことが多い
3、スポーツをやる場合は一生懸命行う

Cブロック:3問
1、いろいろ想像するのが好きな方である
2、テレビドラマや映画で感動して涙を流すことが多い
3、若い人のフランクな言葉使いを聞いても気にならない

あなたの秘めたる性格

A、B、C、マルが2つ以上あったブロックがどれなのかによって
5つのタイプに分類されます。
そのタイプによって、自分に合った高血圧対処法がわかります。

・何事もあきらめやすく情熱が続かないタイプ
・1人ではできないので仲間と一緒がいいタイプ
・流行りものにしか興味を示せないタイプ
・考えすぎて最初の一歩が踏み出せないタイプ
・自分の健康への関心が薄いタイプ

この5つのタイプは、高血圧の対処がうまくいかない
性格の落とし穴を表しているそうです。

A、Bの2つのブロックにマルが2つ以上あった方
もしくはA、B、C、3つのブロックでマルが2つ以上あった方
→何事もあきらめやすく情熱が続かないタイプ
こちらのタイプの方は、向上心がありいろいろ興味はあるが
慎重なところがある性格で、何かを始めても結果が出ないと
すぐにあきらめてしまう傾向があるそうです。

B、C、どちらにもマルが2つ以上あった方
もしくはBだけマルが2つ以上あった方

→1人ではできないので仲間と一緒がいいタイプ
こちらのタイプの方は、好奇心旺盛で仲間とワイワイやるのが
好きな性格で、仲間の誘惑に弱いため食生活が乱れがちになったり
1人で地道に行うことができず長続きしにくい傾向があるそうです。

A、C、どちらにもマルが2つ以上あった方
もしくはCだけマルが2つ以上あった方

→流行りものにしか興味を示せないタイプ
こちらのタイプの方は、感受性豊かで新しい文化や
考え方を受け入れられる性格で、流行りものにも飛びつきますが
流行りが落ち着くと気持ちも離れていく傾向があるそうです。

ABCどのブロックにもマルが2つ以上なかった方
自分の健康への関心が薄いタイプ
こちらのタイプの方は何事にも関心が薄く、関心がないので
実行力が乏しくなり、何もしないため肥満の方が多い傾向が
あるそうです。

Aのみマルが2つ以上あった方
→考えすぎて最初の一歩が踏み出せないタイプ
このタイプの方は、理想が高く完璧主義なのですが
何事もネガティブに考えてしまいがちで、なかなか
一歩が踏み出せないという傾向があるそうです。

横山先生のお話では、
運動をしましょうということひとつとっても、

・朝型が好きな人
・夜型が好きな人
・みんなと一緒にやるのが好きな人
・ひとりで黙々とやるのが好きな人

などそれぞれの性格により異なります。

「ラジオ体操がいいですよ」という情報を
ひとりで黙々とやるのが合っている人に言っても
やらないということになります。

今まで高血圧の対処法は、どの性格の方も十把一絡げで行われていましたが
長続きせず、効果が出ないでいました。

自分の内なる性格を知り、自分に合わないことを知る

それが高血圧を改善する第一歩になるそうです。

性格別高血圧対処法

1、何事もあきらめやすく情熱が続かないタイプ
とにかくメモをとること(レコーデイングダイエット)
・食べたもの、運動したことなど記録していきます
毎日の体の変化を意識して小さな達成感を積み重ねることで
血圧を下げる情熱を維持します。

いろいろなことに興味があるが、失敗に敏感なので結果が出ないと
すぐに諦めてしまいがち。モチベーションをいかに保つかがポイントになります。

2、流行りものにしか興味を示せないタイプ
次から次へと乗り換える
ある対処法に飽きたら、興味がわく次の対処法を探します。
横山先生の患者さんの例では、最初はAIが健康法をアドバイスしてくれる
アプリを使用していて、その情報から今度は糖質制限を行い、と
次々と興味のある方法を行うことで体重が減少して血圧も低下されたそうです。
対処法が違っても、継続されていたら効果はあるんですね。

3、自分の健康への関心が薄いタイプ
早寝早起きからはじめる
ポイントはいかにやる気を出すか
まず早寝早起き、整理整頓など行うことで、行動によって気持ちが変わっていきます。

4、考えすぎて最初の一歩が踏み出せないタイプ
挫折しないことが大事
毎日できる簡単なことをコツコツやる。
初めからハードルを上げない。

5、1人ではできないので仲間と一緒がいいタイプ
仲間に高血圧対策を宣言
周りを巻き込んで自分を抑制していきます。

まとめ

今日の横山先生の行動変容のお話は、高血圧の対処に限らず
いろいろなことで応用できる深い話だなと思いました。
自分の内なる性格を知って、自分に合った方法でやってみるのが
大事だと知ることができてよかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする