逆腹筋のやり方!ポッコリお腹解消の新腹筋法【林先生の初耳学】

スポンサーリンク

2019年年9月1日放送の初耳学で最新筋トレ「逆腹筋」のやり方について紹介されました。
逆腹筋を教えてくれたのは栗原隆ウェルネスクリニック医師の栗原隆先生です。

逆腹筋のやり方

1、まず、両足を腰の幅に開きます。
2、足の指を床から浮かせます。
3、両手で頭を支えたらお腹が出ないように上体を反らして5秒キープします。
4、息を吐きながら元の姿勢に戻ります。

・これを1日10回×3セット行うことで、ぽっこりお腹の引き締め効果が期待できます。

栗原先生がが1日10回体を反る、新しい腹筋法「逆腹筋」のやり方を伝授

逆腹筋について教えてくれたのは、栗原隆ウェルネスクリニック医師の栗原隆先生です。

楽にお腹を引き締める方法として、
ぽっこりお腹は2週間、1日10回逆腹筋を行うことでウエストが減少していくそうです。

番組の検証では、

・普通の腹筋をしたグループはウエスト平均マイナス2.6cm

・逆腹筋をしたグループはウエスト平均マイナス5.6cm

普通の腹筋よりも逆腹筋を行なったグループの方が効果が大きいという結果になりました。

逆腹筋の効果と理由

通常の腹筋だと、鍛えられるのは主にお腹の表面の筋肉である
腹直筋(シックスパックになるところ)になるため
他の筋肉はあまり鍛えられず、お腹が分厚くなるだけなんだそうです。

逆腹筋の場合は、日常の動作の中で上体を反らす動作はあまりしませんが、
上体を反らすと体幹を支えている筋肉であるインナーマッスルが
鍛えられるようになるそうです。

また、人の頭の重さは約5kgあるそうなのですが、
上体を反らすと体が頭の重みを支えるためにバランスをとるそうです。

そのため、通常の腹筋では鍛えられないインナーマッスルの腹横筋が鍛えられるとのことです。
腹横筋はコルセットのような役割をしている筋肉で、腹横筋を鍛えるとウエストが締まるそうです。

逆腹筋をすることで腹横筋が鍛えられてぽっこりお腹が解消できるんですね!

まとめ

上体を反らすことに、こんなに効果があるとは知りませんでした。
ちょっとした隙間時間にできるエクササイズなので、やってみようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする