世界一受けたい授業で【エッグベネディクト風サンドイッチ】のレシピが紹介されました。

スポンサーリンク

2019年8月31日放送の世界一受けたい授業で、一流シェフが教える絶対ハズさないサンドウィッチ「エッグベネディクト風サンドウィッチ」について紹介されました。
エッグベネディクト風サンドウィッチについて教えてくれたのはホテルニューオータニ統括料理長の太田高広先生です。

エッグベネディクトのレシピ・作り方

エッグベネディクト風サンドウィッチの材料:2人分

オランデーズソース
・卵黄:2個
・酢:小さじ1
・溶かしバター:90g
・レモン汁:少々
・塩、こしょう:少々
・水:小さじ1

サンドウィッチ
・8枚切りの食パン:1枚
・厚切りハム:1枚
・ブラックオリーブ:お好みにより

エッグベネディクト風サンドウィッチの作り方

オランデーズソース
1、ボウルに卵黄を2つ割り入れます。

2、お酢と水(小さじ1)を入れてボウルを湯せんにかけて、泡立て器でよくかき混ぜます。

3、なめらかなとろみがついたらボウルを湯せんから外します。

4、溶かしバターを加えながら泡立て器でさらに混ぜていきます。

5、塩、こしょう、レモン汁で味を整えて、最後に網でこせば、オランデーズソースの完成です。

ポーチドエッグ
卵は冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵を使うのが良いそうです。
理由は、常温の卵だとお湯に入れた時に卵白が散りやすくなるため、
きれいなポーチドエッグにならないそうです。

1、お鍋で沸騰させたお湯にお酢を入れて、お湯を丸くかき混ぜて流れをおこします。
お湯の流れの中心に卵を入れて弱火にて3分ほどゆでます。
お酢にはたんぱく質を固める作用があるため、白身が散らずにきれいなポーチドエッグができるそうです。

2、3分ゆでて、白身が全体を覆ったら、割れないようにおたまなどでそっとすくって冷水に移します。

ポーチドエッグをお酢なしで作るやり方
1、ボウルの上にラップを敷きます。

2、ボウルの上に広げたラップにサラダ油をまんべんなく塗っていきます。

3、ラップにくぼみを作って卵をのせて、空気が入らないようにラップをねじりながら卵を包んで
根元を糸でしっかり縛ります。

4、沸騰したお湯にラップで包んだ卵を箸でつまんだまま入れて、4分から4分30秒ゆでていきます。
ゆで上がった卵は冷水で粗熱を取り、ラップの糸で縛った根元をハサミで切って慎重にラップをはがして
いきます。

5、焼き色をつけた食パンに焼いたハムをのせて、ハムの上にラップをはがしたポーチドエッグをのせます。

6、ここで先に作っておいたオランデーズソースを卵を覆うようにかけます。

7、飾り付けに黒オリーブをのせて完成です。

さばのサンドウィッチの作り方

現在ホテルニューオータニでは、サンドウィッチビュッフェが大人気だそうです。
そんな一流ホテルの味が家でも簡単に作れるコツを伝授していただけるのは嬉しいですね!

サンドウィッチに合う具の特徴は、

白ごはんのおかずとして合うものはパンにも合う

とのことで、サンドウィッチの具としてはオススメなんだそうです。

太田先生も大好きなさばのサンドウィッチの作り方

1、両面を焼いた食パンにカレー粉入りマヨネーズを塗ります。

2、薄く細切りにした玉ねぎを適量敷きます。

3、さばの塩焼きをのせます。

4、さばに粒マスタードとカレーマヨネーズを塗ります。

5、その上に薄切りにしたトマト2〜3枚とレタス1枚をのせます。

6、四つ切りにしたら完成です。

まとめ

番組中に作られたポーチドエッグも、卵の黄身が溶け出してきてとても美味しそうでした。
私は料理についてあまり詳しくないせいか、エッグベネディクトと聞いてローマ法王しか
浮かんできませんでしたが、こんなおいしそうなイギリス料理が家で手軽に作れるのは
いいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする