林修の今でしょ講座で白澤卓二先生の塩講座が紹介されました!

スポンサーリンク

2019年8月27日放送の林修の今でしょ講座で低ナトリウム血症の対処法が紹介されました。
教えてくれたのは長寿研究の第一人者の白澤卓二先生です。

塩の最新研究では減塩し過ぎも体に良くないことがわかってきているそうです。

塩がなぜ大事なのか

最近の減塩の風潮では「塩が悪者だ」というイメージがついてしまって、塩がいかに大事かということが少し薄れてきていますよね。
体に塩が不足すると、とても重要な心臓、脳、筋肉などがうまく働かなくなってしまうそうなんですが、私たちが生きる上で、塩をどのように摂っていけばいいのでしょうか。

塩は体の中でどんな働きをしているのか

塩は体内でナトリウムとして活躍している

人間の体は体重の約60%が水分

体重が60kgの場合、体内の塩分量は180g

(体重60kg×濃度0.3%=塩分量180g)

体内の塩分量は水分量に対して塩分濃度0.3〜0.4%になるそうです。

塩は血液、細胞、骨など体全体のいたるところにあって、場所によって濃度が違っているそうです。
血液の塩分濃度は0.9%で、この塩分濃度はとても厳密にコントロールされていて、塩分濃度が高くなったり低くなったりすると、いろいろな病気が起きてくるそうです。

現在は減塩ブームで、塩を摂りすぎると病気になると思われていますが、実は極端な減塩をすると重要な臓器の機能が低下していくとのこと。

例えば筋肉は塩(ナトリウム)がないと動かないので、塩(ナトリウム)が不足すると健康長寿の大敵、「つまずく」リスクが上がるそうです。

では、どのような仕組みでそうなるのでしょうか?

塩は神経の伝達屋さん

ナトリウムイオンが電気伝達を行う

塩は体内に入ると水分に溶けて、ナトリウムイオンに変わります。
神経は身体中に張り巡らされているので、脳の信号が伝わる時にナトリウムが使われるので、ナトリウムがなくなると信号の伝達ができなくなってしまうそうです。

筋肉への指令で「噛む」「腕を曲げる」「歩く」など行うときも、ひとつひとつの動きに塩(ナトリウム)が関わっている

脳が筋肉に指令を出すと、ナトリウムが細胞内外を移動することによって電気信号が発生して筋肉が動くそうです。
体のあらゆる細胞でナトリウムを必要としていて、歩いている時なども常に脳から足までナトリウムが電気信号を発生させているそうです。

特に年をとってくると

つまずき→転倒→骨折→寝たきり

ということになりやすいので予防に塩は大切なんだそうです。
ナトリウムってとても大事な役割なんですね。

塩(ナトリウム)不足で起こる危険な症状「熱中症」

塩の役割は伝達ということですが、伝達がうまくいかないと熱中症の危険があります。

熱中症とは体温が上がりすぎて起こる病気で、
症状は
・めまい
・吐き気
・けいれん
などです。

熱中症の状態で水だけ飲むと、よけいに症状が悪化するそうです。

熱中症で水だけ飲むのが逆効果の理由
暑くて汗をかいて体内の水分が減る→水分だけ補給→塩分濃度が0.3%以下に低下→塩分不足に→伝達機能の低下

この塩分不足の状態を「低ナトリウム血症」と言うそうです。
低ナトリウム血症とは、過剰な水分の摂取などにより血中のナトリウム濃度が低下する症状になります。
塩が不足すると脳からの指令が届かなくなるので、呼吸をすることさえできなくなってしまうことも。
この状態が悪くなると、最悪の場合は死亡するケースもあるそうです。
熱中症対策には、塩も同時にとることが重要という理由はここにあったんですね。

夏の終わりの熱中症・知っておくべき2つの対策法

1、一緒にとると塩分の吸収が早まるのは:砂糖
熱中症対策ドリンクやスポーツドリンクに糖が含まれているのもそのためなんだそうです。

2、朝食におすすめなのは:アジの干物
汗と一緒に失われているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分も多く摂取できるそうです。
また、DHA・EPAにより血流が改善され汗が出やすくなるので、汗をかくことで体温を下げる
働きもあるとのことです。

脱水症状のチェック法

手の甲の皮膚をつまみ、離したあとに3秒以上戻らない
→脱水症状の疑いがあり

水分がなくなると皮膚の弾力が失われるんですね。

脱水症状の自覚がない人もやってみるといいそうです。

大葉を使った熱中症対策レシピ・2人分

大葉生姜のアジ入り彩りサラダ

材料
・アジの干物:2尾
・大葉:2枚
・生姜:1片
・きゅうり:1/2本
・にんじん:1/3本
・赤玉ねぎ:1/4個

たれ
・レモン果汁:小さじ2
・砂糖:大さじ1
・しょうゆ:小さじ2
・ごま油:小さじ2
・いりごま:適量

1、ほぐしたアジの干物(焼いたもの)を細く千切りにした大葉、生姜、きゅうり、にんじん、赤玉ねぎと混ぜ合わせます。

2、レモン果汁、砂糖、しょうゆ、ごま油、いりごまを混ぜて作ったタレをかけて混ぜ合わせます。

このレシピのポイントは大葉で、
夏に汗をかきすぎるとカルシウムとマグネシウム、鉄分を多く失うそうなんですが、大葉には鉄分が多く含まれているそうです。
大葉で鉄分、アジでカルシウムとマグネシウムのミネラルを補給、生姜で発汗を促すというレシピになります。

まとめ

今まで、体の塩分濃度が下がるとよくないから熱中症や熱で汗をかいた時はスポーツドリンク!というのは頭にあったのですが、
塩(ナトリウム)の働きが脳の信号の電気伝達という超重要な役割を担っていたことが学べてよかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする