ZIP|秋田のぼだっこがうまいもんジャーニーで紹介【秋田市民市場】

スポンサーリンク

2020年9月28日、日テレZIPで放送された
秋田県民が愛してやまない激ウマなごはんのお供
「ぼだっこ」が紹介されました。

紹介してくれたのはマーティンさんです。

ぼだっこの語源(由来)

ぼだっことは秋田の方言で「塩鮭」のことで
一説によると鮭の身の色がぼたん色をしていることから
「ぼだ」、親しみを込めた方言の「っこ」をつけて
「ぼだっこ」と呼ばれるようになったそうです。

秋田市民市場「かがや」

色々な食材が売られている秋田市民市場
秋田駅から徒歩3分、建物の中に約60店舗が軒を連ねる
秋田市民の台所です。

今日の朝ごはんジャーニーでマーティンさんが訪れたのは
昭和25年創業の老舗鮮魚店「かがや」さん。

冷蔵庫から出してきたぼだっこを特別にその場で
焼いてくれていました。

ぼだっこを食べた感想

マーティンさんのぼだっこを食べた感想は

「これは皆さんが知っている塩鮭じゃない」

と絶賛されていて

「から甘じょっぱい」

という感じで味が濃くて、
ひと口食べたら

「お米お米」

となるそうです。

・究極の塩辛じょっぱい

と表現されていたぼだっこ。

その美味しさが伝わってきました。

まとめ

最近は減塩ブームだからか
塩鮭をあまり見かけなくなりました。

私はお弁当やごはんのおかずの鮭は
塩がきいている方が好きなので
おいしいぼだっこを探してみたいと思います。

【ふるさと納税】ぼだっこ(塩紅鮭・辛口)約1kg (切り身15〜17切れ、あら)【1068002】
価格:12000円(税込、送料無料) (2020/9/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする