大窪寺の紅葉とうどんを楽しむ!高めの料金設定でも地元民が食べに行くうどんの秘密とは?

スポンサーリンク

こんにちは! eikinです。

秋も深まってくると、色づいた木々に心癒されますよね。

大窪寺は高松市内からドライブするのにもちょうど良い、私のお気に入りの紅葉スポットになります。

大窪寺の紅葉の見頃はいつ?

大窪寺の紅葉の見頃は気温によって多少前後しますが、だいたい10月下旬から11月下旬になります。

紅葉祭りなどはやってなくて、拝観は無料です。

駐車場も無料で、普段はあまり混んでないのですが、紅葉時期の土日やお昼時は満車になることもあります。

でも私の経験上、そんなに待たずに駐車できると思います。

ちなみに盲導犬も大丈夫ですし、おトイレも車椅子対応のトイレがあります。

車椅子用のスロープもあるので安心です。

門前の八十八庵さんのうどんを食べに来る方が多いので、お昼時は混みます。

紅葉の見所はここ!

木の種類はカエデ、イチョウ、モミジ、イロハモミジなどで、個人的にお気に入りの場所は境内の大きなイチョウの木(香川の保存木)とカエデ、山門のモミジになります。

特に山門の両脇に色づいている赤と黄色の紅葉は、来た人みんなを出迎えてくれているようで、ありがたい気持ちになります。

お遍路でお寺を回って来て、最後にこの紅葉を見たらさらに感慨深いんじゃないかなぁと思います。

そして大窪寺もうひとつのお楽しみ!大窪寺門前の八十八庵でうどんを食べる

私が大窪寺に足を運ぶ時、それは大窪寺門前の「八十八庵」さんでうどんを食べることとセットです(笑)

お昼時は混みますので、少し早い10時過ぎ、もしくはお昼の時間帯をずらして1時過ぎくらいに行きます。

お正月や紅葉の季節の土日などは11頃から混み始め、行列ができていることもあります。

とはいっても、食事するところはテーブル席と座敷の席をあわせると150席くらいあるので、
混み合っているお昼時でも、わりと待たずに案内してくれます。

朝8時から営業しているので、早朝の大窪寺参拝の後にうどんを食べるのもおすすめです。

私の場合はいつも両親や友人と2〜3人で行って、座敷の席で打ち込みうどんをいただくことが多いです。

打ち込みうどんは鉄鍋に入っていてけっこうボリュームがあり、注文は2人分から(1人前850円)、うどんは手打ち太麺のもっちり系で、出汁は味噌味になります。

香川でうどんといえばおでんですが、ここはおでんも美味しいんです。

お土産でも売っている名物のこんにゃくや、豆腐やたまごをセルフで取ります。

東京育ちの友人に聞いたところ、どうやら辛子酢味噌におでんをつけて食べるのは香川独自のスタイルらしいのですが、友人も「香川のおでん美味いわ!」と絶賛していたので、他県から観光で来られた方にも気に入っていただけるのではないかと思います。

打ち込みうどんのほかにお気に入りのメニューは、

・オリーブ牛肉入り打ち込みうどん(1,250円)

・しっぽくうどん

をよくいただきます。

オリーブ牛肉入り打ち込みうどんは、オリーブ牛肉と野菜(里芋、人参、ごぼう、大根、ねぎ)、薄揚げなどが入っていて、スープは薄めの味噌味でやさしい味です。具材たっぷりで満足感があります。お肉もやわらかくておいしい!!

しっぽくうどんは豆腐、人参、大根、ねぎなどの具材が薄口醤油ベースでしょうか、透明のスッキリとした出汁とよく合っていて、定期的に食べたくなります。

サイドメニューで、ミョウガの押し寿司(酢飯の上にミョウガ、横に紅生姜が添えられています)や、三種の山菜(なめこと山菜、山ごぼう、山くらげ)、いなり寿司など食べる時もあります。

お正月に母がいなり寿司を食べていましたが、中のごはんが赤飯でした。私も一口もらったのですが、きつねは厚めで赤飯もふっくらしています。

ミョウガの押し寿司はあまりすっぱくない酢飯と、甘酸っぱいミョウガの組み合わせが合っていて食べやすいです。

あと、私が気に入っているそばをご紹介します。

「遠国そば」という、具材のたっぷり入った味噌出汁の中でそばを煮ているもので、そば粉の割合は8割。山形産の石臼びき特上を使用されているそうです。

そばも、ちょっと気分を変えたい時に食べたりします。

八十八庵の美味しい出汁ですが、「打ち込みうどんだし」というオリジナル商品(瓶入り)が売店で500円(税込)で売られていますよ。

地元民の私が高めの料金設定でも食べに行く理由<まとめ>

・お寺と山の自然に癒されたあとに、情緒のある座敷席でゆっくりするというリフレッシュ感

・他店では味わえない独特の食感の打ち込みうどん

あらためて「なぜ私はわざわざ大窪寺と八十八庵に行くんだろう?」と考えてみてこの2点に集約されました。

観光地の食事処というイメージで行かれた方は、いい意味で裏切られるかなと思います。

参考にメニューをのせておきますね。

メニューと料金

打ち込みうどん
◼︎打ち込みうどん 850円
◼︎オリーブ牛肉入り打ち込みうどん 1,250円
◼︎イノシシ肉入り打ち込みうどん(本物のぼたん肉) 1,250円
◼︎オリーブ牛肉入りカレー打ち込みうどん 1,350円
◼︎豚肉入りカレー打ち込みうどん 950円
◼︎塩麹入り打ち込みうどん 950円

そば
◼︎打ち込みそば(温) 980円
◼︎なめこそば(温) 850円
◼︎遠国そば(温) 800円

うどん
◼︎団蔵うどん(冷) 700円
◼︎なめこうどん(温) 700円
◼︎しっぽくうどん(温) 550円
◼︎きつねうどん(温) 600円
◼︎たらいうどん(温) 550円
◼︎ざるうどん(冷) 550円
◼︎おろしうどん(冷) 500円
◼︎釜たまうどん(温) 430円
◼︎かやくうどん 380円

ごはん
◼︎おむすび(3コ) 360円
◼︎満願いなり(2コ) 200円
◼︎めし 160円

サイドメニュー
◼︎おでん 120円
◼︎山くらげ 250円
◼︎山ごぼうしょうゆ漬け 250円
◼︎なめこ山菜 300円
◼︎山菜3点 600円
◼︎しょうゆ豆 250円
◼︎こんにゃくのさしみ 300円
◼︎冷奴 250円

デザート
◼︎笹餅(5コ入り) 650円
◼︎ソフトクリーム(バニラ・抹茶・ブルーベリー) 300円

その他
◼︎本物のぼたん鍋 1人前:3,800円 2人前より注文OK (要予約)

*うどん・そばの「大」は150円増
*だしの追加は150円増

第88番札所
医王山 遍照光院 大窪寺 (いおうざん へんじょうこういん おおくぼじ)

香川県さぬき市多和兼割96
0879-56-2278

八十八庵 (やそばあん)
営業時間 8:00~17:00
日曜営業 定休日
無休 (12月30日・31日のみお休みです)
元旦は朝7時より営業

駐車場:無料

大窪寺への行き方
・電車
JR高松駅から大川バス引田線で約40分
大川バス本社前乗り換え、さぬき市コミュニティバス約30分大窪寺下車。

・ことでん長尾線長尾駅からタクシーで約20分

・車
高松自動車道志度ICから約40分、徳島自動車道脇町ICから約30分
高松道志度I.Cから県道141号線、県道3号線を経由し、多和の交差点を左折して国道377号線を道なりに走ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする