サタプラ|アボカドで作るライスグラタンのレシピを浜内千波先生が伝授

スポンサーリンク

2020年6月20日放送のサタデープラス
10分でできる時短レシピ「アボカドで作るライスグラタン」が紹介されました。

教えてくれたのは料理研究家の浜内千波先生です。

浜内先生の料理教室は厳しい中にも優しさがあると評判で
なんと4年待ちという人気ぶりなんだそうです。

今回浜内先生が教えてくれたのは
ホワイトソースの代わりに
アボカドを使ったレシピになります。

アボカドで作るライスグラタンのレシピ

アボカドで作るライスグラタンの材料

《食材》

アボカド 1個

ごはん 300g

玉ねぎ 1/2個

ベーコン 2枚

チーズ 50g

牛乳 300cc

バター 15g

卵 2個

《調味料》

塩 小さじ1

コショウ 少々

黒コショウ 少々

アボカドで作るライスグラタンの作り方

1、玉ねぎをスライス&バーコンをカットしていきます

2、スライスした玉ねぎと細かくカットしたベーコンを強火で2分ほど炒めます

3、玉ねぎがしんなりしてきたらアボカドを半分くり抜いて入れます

焦げないように火加減を調整してください。

4、木べらなどでアボカドをある程度砕いたら、牛乳を加えて1分ほど中火で煮詰めます

アボカドは火を通すことでとろみが増すため、ホワイトソースの代わりに使います。

5、ごはんを投入して塩、コショウ、チーズをかけて混ぜます

6、グツグツと煮立ったら耐熱容器に移します

7、残りのアボカドと生卵、チーズをかけてオーブントースターで3分加熱します

表面がグツグツなって焦げ目がうっすらとついたら完成です。

まとめ

あっさりとした中にも旨味があって
アボカドの食感がとろけてとても美味しいとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする