金スマ|IKKO流美肌術!馬油マッサージのやり方とスキンケア用品の選び方が紹介

スポンサーリンク

2020年6月12日放送の金スマSPで
明日からマネできるIKKO流最新美肌術が紹介されました。

《関連記事》

金スマ|IKKO流最新メイクの裏技!艶肌水光メイクとツヤ陶器肌の作り方が紹介

肌質を良くする美肌術

肌の調子や筋肉の硬さをチェックする

IKKOさんによると、化粧水などのスキンケアの前にやるといいのが
マッサージなんだそうです。

マッサージをやることで後のスキンケアの効果が高まるそうです。

まず自分の顔を自分の手で触ってみて

「今日はお肌が乾燥しているな」

「この部分の筋肉が硬くなっているな」

というのを確認します。

そして筋肉が硬くなっている部分はほぐしていきます。

IKKOさんいわく、

「硬い筋肉は決していいことが起きない」

お肌は畑と似ていて、ガチガチに固まってひび割れた畑に
いくら水を撒いてもあまり効果がありません。

硬い筋肉には化粧水が入っていかないですが
柔らかくほぐすことでそのあとのスキンケアの効果が違ってくるそうです。

スキンケアの前にはマッサージをする

スキンケアの前のマッサージに使うのは

・顔に使えるマッサージオイル

高級品である必要はなくて、
IKKOさんのオススメは

・馬油

馬油を手のひらに1円玉くらいの量を取り
マッサージします。

馬油は炎症を抑える効果が期待できるそうで
ドラッグストアなどで1000円くらいで売っています。

馬油でマッサージした後は
蒸しタオルで拭き取ってテカリを防ぐようにします。

IKKO流!顔マッサージのやり方

IKKOさん流マッサージでは、筋肉が硬くなりやすい

・こめかみ

・目の周り

・頬

・耳下線

・顎(あご)周り

・首

上記の6か所をマッサージしていきます。

馬油マッサージの手順

1、1円玉くらい取った馬油を手の平で広げて顔全体にまんべんなく広げます

顔全体にオイルをなじませながらどこが硬いか確認します。

2、まず硬くなりやすい耳下腺のあたりをマッサージします

IKKOさんは手指の第1関節から第2関節の「指の背」を使って
自分が気持ちいいと感じるくらいの強さでグリグリマッサージするそうです。

耳下腺あたりは硬くなりやすいので念入りにマッサージを行います。

3、耳下腺のマッサージの範囲を広げながら首のマッサージに移ります

指の腹で首筋を上から下へ鎖骨のリンパ節あたりまで優しく撫でるように流していきます。
首は強くやるのはNGで、撫でるくらいでOKです。

4、次に頬(小鼻の横あたり)をマッサージしていきます

小鼻の横は意外とコリやすく、ポッコリしたりするので
指の背を使い頬骨の丸いラインに沿ってしっかり耳の方まで
流します。

5、こめかみを指の背で軽くほぐします

6、顎周りは顎から耳の付け根まで「L字」を意識して指の腹で流します

7、目の周りは眉頭あたりを軽くほぐします

軽く眉毛のあたりの皮膚を指で挟んで眉下の筋肉をほぐすのもオススメです。

8、最後にもう1度首筋を鎖骨のリンパ節へ向かって優しく流すように撫でます

IKKOさんのマッサージのモデルを勤めていた女性は
マッサージ後に明らかに血色がよくなって目もぱっちり開き、
顔の皮膚が上がっているのが画面越しにもわかりました。

5分くらいかけて顔全体をマッサージします。

1日のうちマッサージをやるタイミングは
いつが良いかは人それぞれ違っていて、
IKKOさんのお話では

「夜やる方がいいけど、夜寝ている間に歯ぎしりしたり
(顔の筋肉が)リラックスしてない人は朝もう1回マッサージを
行うのが良い」

そうです。

IKKOさんオススメのスキンケア

洗顔後の乳酸菌ケア(美肌菌アップ)

たくさんあるスキンケア用品の中から
何を買えばいいのかわからないってことありますよね。

ポイントは3つあって、1つが洗顔後になります。

洗顔で失われた美肌菌を補うことが重要で、
乳酸菌は美肌菌を増やしたり働きをサポートして
肌環境を整えてくれるという役割を担います。

ちなみにIKKOさんのお顔の美肌菌は
通常400〜1000個のところが

36000個

もいたそうです。

抗酸化物質・酵素入り美容液は老化物質の回収屋さん(活性酸素除去)

体のゴミ(活性酸素などの老化物質)を拾い集めるゴミ回収屋さんが
酵素の抗酸化物質になります。

なので美容液は

抗酸化成分入りを選ぶのがマスト

となります。

幹細胞由来成分(うるおい)

幹細胞とは様々な組織を作る元となる細胞として知られていますが
その培養液美肌効果が期待できると言われていて、近年
幹細胞に着目した化粧品が増加しているそうです。

また幹細胞にはヒト由来植物由来のものがあり

IKKOさんのオススメは

・植物由来の幹細胞培養液

になります。

「植物のすごい生命力を使ってお肌もいい環境を作っていこう」

というのが化粧品レベルの幹細胞の考え方なんだそうです。

まとめ

1、乳酸菌(美肌菌アップ)

2、抗酸化物質・酵素(活性酸素除去)

3、植物性幹細胞由来成分(うるおい)

という基準で商品を選ぶのがIKKOさん流スキンケアの
マストな法則ということでした。

IKKOさんのお話はとてもわかりやすくて
化粧品を選ぶ基準ができました。

自分の肌に合うか試しながら
この基準でスキンケア化粧品を
選んでみたいです。

《関連記事》

金スマ|IKKO流最新メイクの裏技!艶肌水光メイクとツヤ陶器肌の作り方が紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする