世界仰天ニュース|アンジェラ佐藤さんがジンギスカン(ラム肉)ダイエットを紹介【大食いなのに痩せる理由】 

スポンサーリンク

2020年6月9日放送のザ!世界仰天ニュースで
細いのに超大食い女子!急いで食べると痩せる!?体の謎SP、
爆食女王のアンジェラ佐藤こと佐藤綾里さん(45歳)の
大食いすると痩せるジンギスカン(ラム肉)ダイエットが紹介されました。

美人爆食女王アンジェラ佐藤さんの生い立ち

1975年北海道札幌市に生まれたアンジェラ佐藤さんこと
佐藤綾里(さとう・あやり)さん。

小さい頃からよく食べる子だった綾里さんに対してご両親は

「まだ食べる?」

「いいぞ綾里、どんどん食え!」

と言う感じだったので小学校に入る頃には
綾里さんだけごはんのお茶碗がラーメンどんぶり
しかも2杯食べるようになっていたそうです。

綾里さんのご両親は

「立派に成長しそうだな」

と、よく食べることを心配せず
喜んでくれていたそうです。

これだけ食べると食費が心配になりますが、
食べ物がない時代を生きてきたご両親は
我が子におなかいっぱい食べさせたい思いで
共働きで働きながら通常捨てるトマトやきゅうりのヘタ、
みかんの皮なども食事に取り入れて食費を抑えていたそうです。

綾里さんは学生時代はアルペンスキー選手で活躍されていて
お父さんは大事な大会前日にだけ焼肉食べ放題に連れて行ってくれたそうです。

お肉を焼き続けるお父さんと食べ続ける綾里さん。
1時間綾里さんのためにお肉を焼き続けたお父さんの手がつったこともあるそうです。

学校給食のラーメンを4杯食べた綾里さんの食べっぷりに、学校の先生から
家でご飯を食べていないのかと心配されたこともあるとのこと。

そのまま大人になっても大食いの綾里さんですが
体型は全く変わらず痩せています。

どうして大食いなのに太らないのでしょうか?

急いで大食いすると痩せていく!?体の謎

ダラダラ食べると綾里さんでも太ってしまうそうですが

「ちょっと急いで大食いをすると体重が減る」

とのこと。

綾里さんはテレビ東京の「元祖!大食い王決定戦」ご出身ですが
その番組のロケ中は確実に痩せていったそうです。

本当にそんなことがあるのか?

ファミリークリニックひきふねの
梅舟仰胤(うめふねぎょうたね)院長のお話では

一部の特異体質の人

・褐色脂肪細胞という細胞を多く持っている人

は、激しい代謝が起きて体重が落ちていく可能性があるそうです。

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞とは脂肪を熱に変える細胞
赤ちゃんの時に低体温から身を守るために
脂肪を燃やして熱を作り出す役割を担っています。

一般的には大人になるにつれて減っていくそうですが
綾里さんは褐色脂肪細胞を今でもたくさん持っていて
非常に太りにくいと考えられるそうです。

しかし、なぜ大食いで体重が減るのかは
専門家の先生でもわからないそうです。

ジンギスカンの塩焼きを食べるだけダイエット

ラム肉だけを食べるダイエット法

綾里さんが行なっている驚きのダイエット法は

・ジンギスカンの塩焼きを食べるダイエット

ジンギスカンを食べる前の体重は53.0kg

50人前のラム肉をひたすら焼いて
野菜もご飯も食べずにラム肉だけを食べ続けます。

※綾里さん独自のダイエット法です

そして翌日体重を測ると51.3kg

なんと体重がマイナス1.7kg減っていました!

大食い女子の食費節約術

飲食店でアルバイトする

1人暮らしを始めてから自分の食費がとんでもないことに
気付いた綾里さん。

飲食店でアルバイトして、まかない宴会の残り物
食費を浮かせていたそうです。

大食い女子のかさ増しレシピと食材

かさ増しおかゆの作り方

家では炊きたてのご飯5合水2リットルを入れて
よく混ぜ合わせて水分をたっぷり含ませた後に
小麦粉を加えて水溶き片栗粉でかさ増しして加熱。

塩コショウで味付けして最後に卵5個を入れた
かさ増しおかゆを1食分として食べているそうです。

ぶよぶとパスタの作り方

1度茹でたパスタをさらに水につけてたっぷり水分を吸わせてから

・砂糖
・しょうゆ
・かつおだし

で味付けします。

綾里さんは毎日家にいるときはこのようなメニューを食べて
食費を月3万円に抑えているそうです。

まとめ

アンジェラ砂糖さんの大食いゆえの悩みについても
紹介されていて、大変な面もあるんだなと思いました。

食べっぷりは見ていて清々しかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする