ZIP|クッキー缶活用術!意外な再利用方法やリメイク&カンカン弁当が紹介

スポンサーリンク

2020年6月4日のZIPで残ったクッキー缶の活用術が紹介されました。
紹介しれくれたのはリポーターの木原実優さんです。

かわいい&おしゃれなクッキー缶の活用術

ミニパック醤油などの保管に使う

食べた後のクッキー缶、かわいいデザインだと
捨てるのももったいないですよね。

取材に答えてくれていた若い女性は
VANHOUTENのココア缶にお弁当などに付いていて
使わなかったお醤油やソース、ドレッシングなどを入れて
冷蔵庫で保管しているそうです。

↓ こういうやつですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニパック醤油 5g
価格:1971円(税込、送料別) (2020/6/4時点)

麦茶パックを入れる

また、取材に答えられていた男性は
袋入りで売っている麦茶のティーバッグを
空き缶の内側にビニール袋をかけて
麦茶テーバッグの保管箱として使用されていました。

綿棒を入れる

取材に答えられていた若い女性は

「綿棒はそのまま置いていてもかわいくない」

ということで小さな空き缶に入れて使われていました。

コーヒースティックを入れる

最近の粉コーヒーのステックって値段も安くて美味しいですよね。

若い女性の方はブレンディのカフェオレや抹茶ラテなどの
コーヒースティックを小さめのかわいい缶に入れて保管しているそうです。

川邉さんのクッキー缶の再利用方法

裁縫道具を入れる

クッキー缶をたくさん使っているという川邊さんのお宅では、
裁縫道具をかわいいクッキー缶に入れて裁縫箱として再利用されていました。

ボタンだけの缶やミシン糸だけを保管している缶など
バラバラになりがちなものをそれぞれ分けて収納。

洗濯バサミを入れる

少し大きめのかわいい円筒形の缶に洗濯バサミを入れることで
お子さんがお手伝いしやすいように工夫されているそうです。

ディズニーのクランチチョコ缶活用術

ディズニーのクランチチョコはとても美味しいので
ディズニー土産の定番として持っている人も多いのではないでしょうか。

タテ長楕円形のかわいいクッキー缶にはお弁当などにつけてくれる
プラスチック製の使い捨てフォークやスプーンを入れて保管。

ピクニックに行く時など、缶のまま持っていって使われているそうです。

サイズもちょうどピッタリの大きさで、見た目にもかわいく収納できます。

ヨックモックのクッキー缶は着せ替え人形入れに

贈り物の定番、ヨックモックの青いクッキー缶には
お子さんの着せ替え人形を入れて活用。

もう1つの間には小さめのパズルピースを入れていて、
パズルが仕上がるとちょうど缶の中におさまるんだそうです。

缶の中でパズルを作れば小さなお子さんでもそんなにピースを
紛失することなく遊べるそうです。

ジブリ美術館のクッキー缶の底面を使ったリメイク掛け時計

緑色の缶の底面にあるかわいいトトロの絵をそのまま生かして
川邉さんが時計にリメイク。

雑貨屋さんでオシャレ時計として売っていそうな出来栄えです。

ご自身で電動ドリルで穴を開けて、100円ショップで買った
時計の中身を取り付けされています。

時計の装飾には100円ショップで売っているアイテムを使い
上質な印象のデザインに仕上げられています。

クッキー缶を愛する川邉さんならではの活用法ですね。

かずみさんのクッキー缶活用術

【カンカン弁当】お弁当箱として使う

かずみさんのキッチンの棚にはお弁当箱として使うために
集められたクッキー缶がたくさん収納されています。

今インスタグラムでは#カンカン弁当で
クッキーやお菓子の空き缶を使ったオシャレなお弁当が数多く
投稿されています。

通常のお弁当箱と違うところは、衛生面を考慮して
底(缶の内側)にワックスペーパーなどを敷いて使います。

ホノルルクッキーのパイナップル形の空き缶に
ご飯→きんぴらごぼう→ご飯→実の部分に卵のそぼろと海苔でパイナップルの縞々模様
葉の部分にさやえんどうをのせてパイナップル弁当が完成しました。

クッキー缶は通常のお弁当箱と違った形をしているので
いつものおかずを詰めても違った雰囲気を楽しめるそうです。

クッキー缶シンデレラフィットコレクション

シンデレラフィットとは思いがけないものがフィットすることですが、

小さめの四角いクッキー缶に

・ポケットティシュ

・絆創膏入れ

丈夫なので持ち運びに良いそうです。

パウンドケーキが入っていた空き缶には

・名刺

木原実優さんはお菓子が入っていた小さめの缶に

・コットンと綿棒

を入れて携帯されていて出先でのメイク直しに
使っているそうです。

赤い帽子のクッキーちぼりのクッキー缶活用術

誰もが見たことがあるお土産お菓子の定番、
赤い帽子のクッキーでおなじみのちぼりホールデイングスのオフィスでは
文房具の引き出しの中の仕切り、社員の方のデスクにはクッキー缶の
フタを写真立てにアレンジされたものなどがありました。

クッキー缶の素材は磁石がくっつくので、お孫さんの写真を
磁石シートに貼り、クッキー缶のフタにかわいいマスキングテープなどで
装飾して写真を飾られていました。

また、缶をタテにして本棚としても活用されていました。

まとめ

今までクッキー缶は捨てていましたが、気に入っている
デザインの缶は再利用してみようかなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする