メレンゲの気持ち|鏡の水垢ウロコ汚れのクエン酸と片栗粉を使った落とし方を佐藤満春さんが伝授

スポンサーリンク

2020年5月23日放送のメレンゲの気持ち
お風呂場の鏡のウロコ汚れを落とす方法が紹介されました。

教えてくれたのはお掃除芸人ときどきキャンプ
佐藤満春(さとう・みつはる)さんです。

掃除能力検定5級の資格も持つ掃除のプロ
佐藤さんが家庭でできるお風呂の鏡の水アカ、
鏡のウロコ汚れの落とし方とはどのようなやり方なんでしょうか。

鏡の水垢(ウロコ)取りに使う道具

・100円ショップで売っている人工ダイヤモンドのパッドがついた研磨スポンジ

・クエン酸の粉

・片栗粉

・ラップ

・ぬるま湯

風呂場の鏡の水垢(ウロコ)の落とし方

風呂場の鏡の水垢(ウロコ)は水道水のミネラルが
乾いて固まったものになるので、
クエン酸を使って中和して汚れを落とします。

1、クエン酸粉末をぬるま湯と混ぜます

2、液だれ防止のために片栗粉を足してクエン酸と混ぜます

片栗粉を入れて粘性を持たせることで鏡に塗った時に
流れて落ちるのを防ぎます。

入れる量は、ジェル状になるくらいに調整して足していきます。

3、鏡に「2」で作ったジェルを塗っていきます

4、ジェルを塗った上からラップをかけます

ラップを使ってクエン酸ジェルを鏡に密着させることで
よりクエン酸を浸透させることができます。

5、30分経過したらラップを剥がして
ダイヤモンドパットの研磨スポンジで磨いていきます

汚れを溶かして柔らかくして研磨するという流れになります。

6、最後に水で流せば終了です

まとめ

水垢でくもっていた鏡が見事にクリアになりました。

鏡の汚れが気になってきたらやってみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする