めざましどようび【タイ料理】プー・パッポン・カリー(カニのカレー炒め)のレシピと作り方を安藤梨鈴さんが伝授

スポンサーリンク

2020年5月9日放送のめざましどようび
プー・パッポン・カリーのレシピが紹介されました。

教えてくれたのはタイ料理研究家安藤梨鈴先生です。

安藤先生は幼少期をタイで過ごし、
お母様の酒井美代子さんはプリンセス・シーダさんに
タイ料理を学んだあと、日本にタイ料理を広めた
タイ料理の第一人者です。

現在は安藤先生も料理教室や講演会で活躍されています。

ちなみにプー・パッポン・カリーとは
カニのカレー炒めで、日本ではふわふわたまごの
優しい味が主流です。

今回はタイ料理を学びたいV6の長野博さんと
西山喜久恵アナウンサーがリポートされました。

プー・パッポン・カリーのレシピ

プー・パッポン・カリーで使うカレースパイスの種類

プー・パッポン・カリーのカレー粉から
手作りしていきます。

乾燥レモンの皮 小さじ1
マスタードシード 小さじ1
ブラックペッパー 小さじ1
クミン 小さじ2
コリアンダー 大さじ2
ジンジャー 小さじ1
ターメリック 大さじ2
フェヌグリーク 小さじ1
カルダモン 小さじ1
カイエンペッパー 小さじ2
クローブ 小さじ1

このスパイスは酒井美代子さんが
タイのロイヤルファミリーに教えていただいた
レシピがベースになっているそうです。

プー・パッポン・カリーの材料

《合わせ調味料の材料》

カレー粉 大さじ1(スパイスから手作りしたもの)
卵 2個
牛乳 100ml
きび砂糖 小さじ1
シーズニングソース 小さじ1 (なければ醤油でも代用OK)
オイスターソース 大さじ2
ナンプラー 小さじ1
ナムプリックパオ 大さじ2

《具材》

ワタリガニ 2匹

タラバやすわいがにでもいけますが、カニが用意できない場合は

・エビ
・シーフードミックス
・豚肉

などで代用可能です。

《具材の調理に使う材料》

サラダ油 大さじ2(カニを炒める時に使用)
水 200ml
玉ねぎ 1/4個
ホワイトセロリ 1本(一般的なセロリでもOK)
万能ネギ 2本
緑のピーマン 1個
赤ピーマン 1個

プー・パッポン・カリーで使うカレースパイスの作り方

1、乾燥レモンの皮、マスタードシード、ブラックペッパー、クミン、コリアンダーを砕かずフライパンで空炒りします

最近はこのような香辛料はスーパーで購入できますが
ご家庭で作るときは市販のカレー粉でも十分おいしく作れるそうです。

2、空炒りして香りが出てきたらすり鉢などに移して粉状になるまですりつぶしていきます

長野さんはローリエやジンジャー、クミン、コリアンダーなど8種類くらいのスパイスを
栽培されたことがあるそうで、その畑だけで採れたスパイスを使ってカレーを使ったことが
あるそうです。すごいですね。

3、ジンジャー、ターメリック、フェヌグリーク、カルダモン、カイエンペッパー、クローブも加えて混ぜます

ご家庭で作って保存するときは、塩小さじ1程度入れて保存すると良いそうです。

4、《合わせ調味料の材料》を混ぜ合わせます

カレー粉 大さじ1
卵 2個
牛乳 100ml
きび砂糖 小さじ1
シーズニングソース 小さじ1 (なければ醤油でも代用OK)
オイスターソース 大さじ2
ナンプラー 小さじ1
ナムプリックパオ 大さじ2

5、フライパンにサラダ油をひいてバラしたカニをさっと炒めます

6、水(200ml)を加えてフタをします

7、カニが赤く色づいたところで先ほど作ったカレー粉(大さじ2)と
カットした玉ねぎ、食べやすいサイズに切ったホワイトセロリと万能ネギを入れます

8、野菜がしんなりしたら合わせ調味料を入れて卵が半熟になるまで待ち、手際よく混ぜます

9、いろどりに緑のピーマンと赤ピーマンをカットしたものを加えてなじませたら完成です

まとめ

ピリッとしたスパイスの風味とカニの旨味、
卵のフワフワ感が絶妙な一品とのことで
長野さんは家でも間違いなく作りますと話されていました。

とても美味しそうだったので、タイ料理屋さんか
タイに旅行に行ったらプー・パッポン・カリーを食べようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする