ハロークッキング|母の日レシピ!新じゃがいものクリームニョッキの作り方を仲田早苗先生が伝授

スポンサーリンク

2020年5月3日放送のハロークッキングで母の日に家族みんなで楽しみながら作れるレシピ
「新じゃがいものクリームニョッキ」の作り方が紹介されました。

教えてくれたのは料理研究家の仲田早苗先生です。

新じゃがいものクリームニョッキのレシピ

新じゃがいものクリームニョッキの材料

《ニョッキの材料》

新じゃがいも 200g (ニョッキには「男爵いも」系を使うのがベスト)
卵黄 1個分
片栗粉 大さじ3
粉チーズ 小さじ1
塩 小さじ1/2

《ソースの材料》

えび 8尾 (殻を剥いて背わたを取って下処理をしたもの)
そら豆 8個 (皮を剥いて薄皮を取って下処理をしたもの)
バター 大さじ1

深いコクのカルボナーラ 1袋
(カルボナーラのパスタソースであればOK)
卵白 1個分
塩 適量
こしょう 適量

新じゃがいものクリームニョッキの作り方

1、新じゃがいもの皮をむいてボウルに入れ、ラップをかけます

2、電子レンジ600Wで6〜7分加熱します

3、レンジで加熱後、すぐにじゃがいもをポリ袋に入れてつぶします

仲田先生は棒状の麺棒を横にしてビニールの上から押さえて潰されていました。

じゃがいもの粗熱を取っている間にソースを作ります。

4、フライパンでバターを溶かしてエビとそら豆を軽く炒めます

余熱で火を通すのでサッと炒めればOKです。

5、火を止めてフタをして5分余熱で火を通します

6、エビとそら豆に火が通ったら、レトルトパスタソースの
  カルボナーラソースをフライパンに入れます

ハロークッキングは中国四国地方ではおなじみのスーパー、「ハローズ」の
ハローズセレクション「深いコクのカルボナーラ」のソースを使用されていました。

7、「6」に卵白を全体に回し入れて混ぜ、塩コショウで味を整えます

これでソースが完成しました。

次にニョッキを作ります。

8、粗熱の取れたじゃがいものポリ袋に
  卵黄、片栗粉、粉チーズ、塩を入れてしっかり揉み混ぜます

9、「8」を棒状に伸ばして1玉5gを目安に団子状に丸めます

10、ソースが絡みやすいようにフォークで少し潰して凹凸(おうとつ)をつけます

11、熱湯で茹でて、浮き上がってきたらOKです

12、茹でたニョッキをフライパンのソースと絡めれば完成です

まとめ

ニョッキは思っていたより簡単に作れることがわかりました。
ソースはレトルトパスタソースのバリエーションで楽しめますね。

新じゃがいもにはビタミンB1やビタミンCといった美容効果が期待できる
栄養を摂取することができるというのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする