ZIP|プロの除菌術!おそうじ本舗に学ぶ一般家庭でも応用可能な除菌のやり方が紹介

スポンサーリンク

2020年4月28日放送のZIPプロの除菌術が紹介されました。

今回取材に協力されていたのは東京都墨田区にある焼肉店
「すみ屋」さん。

社長の李信幸さんは

「今まで以上にお客さんの安心・安全のために」

プロの除菌を依頼されました。

おそうじ本舗の除菌術

すみ屋さんが除菌を依頼したのは、月に1度清掃を委託している
おそうじ本舗さんです。

感染リスクを減らすために、今回初めて店内除菌を依頼されました。

追加料金は29000円

営業前の2時間で除菌作業を行います。

[おそうじ本舗] WEB限定プレゼントキャンペーン

おそうじ本舗の除菌の徹底ぶり

まず店の中に入る前に、外から菌を持ち込まないように
スタッフさんが自分に向けてアルコール除菌プレーを吹きかけます。

出社前には必ず検温を実施。
万全の準備で除菌作業がスタートしました。

作業内容は

・人の手が触れるところを徹底的に除菌する

というものになります。

除菌の工程

除菌の前に汚れを取る

除菌の主な工程は

1、汚れを洗浄して取る

2、除菌剤を噴射

3、拭き取る

プロの業者さんは除菌剤を使う前に必ず
手垢や油汚れを洗浄剤を使って浮かせて拭き取ります。

汚れを洗浄しないと除菌の効果が出ないからで、
様々なウイルスは汚れの下にも生きている危険性があるため
最初に汚れを取ってから除菌するのがウイルス除菌の基本なんだそうです。

洗浄に使う洗剤は、界面活性剤が入った家庭用の洗剤なら
なんでも大丈夫とのこと。

テーブルなどの人の手が触れる場所は手垢などの油分の汚れが
多く付着しています。

そのため油汚れが落ちやすい界面活性剤入りの洗剤が有効になります。

界面活性剤入りの洗剤をスプレーした後に固く絞った綿の布で
汚れを拭き取ったら、本題の除菌に取りかかります。

除菌に使う洗剤はアルカリ電解水

アルカリ電解水はにおいや刺激は少なく、
幅広いウイルスに効果的といわれています。

薬局などでも購入可能なのでご家庭でも入手できます。

アルカリ電解水を吹きつけた後は、マイクロファイバーで拭き取ります。

マイクロファイバーを使う理由は、綿のタオルの約200分の1の繊維のため
拭き取る力が強いからになります。

プロの除菌方法をまとめると

《洗浄》
1、界面活性剤を噴射
2、綿の布で拭く

《除菌》
1、アルカリ電解水を噴射
2、マイクロファイバーで拭く

除菌の効果は?

ウイルスは目に見えないので、どれほどの効果があるのか
見た目ではわかりません。

そこで、汚れと菌、ウイルスを専用の機械で計測します。
数値が高いほど感染リスクが高いことを表します。

ちなみに飲食店の衛生基準では
調理できるきれいなまな板が200〜400程度

除菌する前のテーブルの数値は7172

除菌後に計測すると296

安全なレベルまで減っていました。

この機械を使って計測すると

金属製のトイレのドアノブ 除菌前2104→除菌後30

プラスチック製の冷蔵庫の取っ手 除菌前18212→除菌後53

席を区切っている木製のパーティション 除菌前57133→除菌後222

冷蔵庫の取っ手の数値が高い理由は、
いろいろな食材に触れた手で触ってしまう場所なので
飲食店に限らず数値は高くなる場所なんだそうです。

なので一般家庭でも冷蔵庫の取っ手は除菌ポイントになります。

お店で1番感染リスクが高いのは木製のパーティションという結果になりました。
その理由は木特有の形状にあるそうで、ザラザラした面は菌が長く存在できるんだそうです。

コーティングがされていない木は、見た目にはわからない細かな凹凸があるんですね。

手で触ってザラザラしていると感じる場所は感染リスクが高い場所になるそうです。

このような場所にプロが使うのがブラシになります。
洗浄の段階で界面活性剤をスプレーした後にブラシでこすると
除菌効果がアップします。

壁や天井は噴霧マシンで除菌

手が届きにくい壁や天井は強力なミクロン単位のミストを
噴霧して除菌します。

机の下などにも噴霧して除菌剤を行き渡らせます。

これで2時間の店内除菌が終了しました。

[おそうじ本舗] WEB限定プレゼントキャンペーン

まとめ

冷蔵庫のドアノブが除菌ポイントなのを
知ることができてよかったです。

汚れを取ってから除菌するというのを
やっていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする