キューピー3分クッキングで豆腐となすのステーキ・バターじょうゆソースのレシピが紹介されました!

スポンサーリンク

2019年8月8日放送のキューピー3分クッキングで「豆腐となすのステーキ・バターじょうゆソース」について紹介されました。
豆腐となすのステーキのレシピを教えてくれたのは、料理研究家で栄養士の藤井恵先生です。

豆腐となすのステーキ・バターじょうゆソースのレシピ

豆腐とナスを焼いてバターじょうゆソースをかけていただくステーキです。
しょうがを効かせたバターじょうゆが豆腐に良く合うそうです。

豆腐となすのステーキ・バターじょうゆソースの材料:4人分

・木綿豆腐:2丁(600g)
・塩、こしょう:各少々
・小麦粉:適量

・なす:4個(280g)
・しょうゆ:大さじ2+1/2
・みりん:大さじ2
・酒:大さじ2
・おろししょうが:1/2かけ分

・バター:20g

・オリーブ油

1人分のエネルギー:315kcal
塩分:1.9g

豆腐となすのステーキ・バターじょうゆソースの作り方

1)豆腐を全体的にペーパータオルで巻いて、約2kgの重石をのせて30分おき水切りをします。
番組ではトレイの上にザルをのせて、豆腐が直接しいてあるトレイにつかないようにして
豆腐の上にトレイをのせて、そのトレイにペットボトルに水をいっぱい入れたものを
重石としてのせて使っていました。
豆腐料理は水切りがポイントになるそうです。

2)30分経ったら、豆腐の長い辺を4等分に切ります。
ザルの下のトレイに豆腐から出た水がたまっていますね。
豆腐は水気を切りすぎてもだめで、豆腐を手で押してみて断面から少し水がにじみ出てくるくらいが
ステーキとして使う場合のベストな状態とのこと。
豆腐の種類によって、様子をみながら時間を調節するとよいそうです。

3)なすのヘタを切って縦半分に切ります。皮に5mm幅で斜めに切り目を入れていきます。
切り目を入れることで火の通りが良くなるそうです。

4)熱したフライパンにオリーブオイルを入れて、なすの皮の面を下にして焼いていきます。
フライパンにフタをして2〜3分焼いて、さらにひっくり返してフタをして2〜3分焼いて
いい感じにこげめがついたらフライパンから取り出します。
なすの料理としては油を少なめに使うので、フタをして蒸し焼きにするそうです。

5)豆腐に下味をつけます。トレイに塩とこしょうを広くしいて、豆腐を並べていきます。
豆腐の上からも塩とこしょうをふりかけて、小麦粉を薄くまぶします。
小麦粉をつけることで香ばしくなり、ふっくらと焼きあがるそうです。
豆腐に小麦粉をつけるときは焼く直前につけます。

6)先ほどナスを焼いたフライパンをふいてからオリーブオイル(大さじ1)をしいて、
豆腐を並べて両面をこんがりするまで焼いていきます。焼けた豆腐と先ほどのなすを
お皿に盛り付けます。

7)フライパンをふいてから、しょうゆ、みりん、酒、おろししょうがを入れて煮立てて
アルコールを蒸発させます。バターも入れて混ぜながら溶かしていきます。
バターが溶けて沸騰の泡が大きくなったところで豆腐となすにソースをかけて完成です!

お好みであらびき黒こしょうをかけても合うそうです。

まとめ

今回の豆腐となすのステーキは、材料のコストも安くて済みますし
健康にも良さそうなレシピで、料理があまり得意でない私でもおいしく作れそうだと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする