ZIP|カビ取りのやり方&カビ予防法をプロ業者のカビ取り屋.comさんが伝授

スポンサーリンク

2020年4月15日放送のZIPプロが伝授するカビのお掃除方法が紹介されました。

教えてくれたのはカビ取り屋.com三井さんと若林さんです。

お2人は個人のお宅はもちろん、公共施設や有名温泉の
カビ退治も行ってきたカビ取りのプロフェッショナルです。

玄関床タイルの黒カビ

濡れているように見えたり黒ずんでいるように見える
タイルの黒い部分は全部カビになります。

カビは濡れたところに発生するので
濡れたクツで玄関に入るとカビが生えてきます。

また、玄関にカビがあるとクツにカビが移って
下駄箱の中がカビだらけになることが多いそうです。

業者用カビ取り剤を使ってタイルの黒カビを取る方法

柔らかい刷毛で玄関タイルに業者用カビ取り剤の液体を均等に
塗っていきます。

カビを取るときにやってはいけないのが

・タワシなどでゴシゴシこすること

になります。

床や壁の素材が傷つくと逆にそこがカビの住処になってしまうそうです。

なので化繊の刷毛や柔らかいスポンジで優しくこするのが
効果的なやり方
になります。

5時間ほど経過すると黒ずんでいたタイルと溝が
すっきりとした明るい色になりました。

玄関床タイルのカビ予防法

玄関床タイルにカビを生えないようにする方法は

・水分を玄関に持ち込まないこと

になります。

・玄関の外側にマットをひいてクツ裏の水分を切ってから中に入る

・ぬれたカサは玄関の外側に置く

こうすることで玄関のカビを予防できます。

お風呂のカビ取りおすすめのやり方

市販のカビ取り洗剤の効果的な使い方

お風呂にも風呂イスの裏側など、黒カビ
生えやすい場所がたくさんあります。

市販のカビ取り洗剤を使う場合は、カビの部分に
洗剤をスプレーして刷毛やスポンジで優しく塗る
より効果がアップします。

風呂イスにカビが生えないようにする予防法

風呂イスは使い終わったら逆向きにして置くことで
風も当たりやすくなりカビが生えにくくなるそうです。

洗面所天井のカビ取り

洗面所の天井は、お風呂場のドアを開けると
蒸気が洗面所にいって上がるため、どうしても
カビが生えやすい場所になるそうです。

天井にカビが生えるとカビの胞子が降ってくるので
健康的にもあまり良いとは言えない環境になります。

洗面所をどんなにきれいに掃除しても天井にカビが生えていると
胞子が降ってきてまたカビが生えてしまうので、
洗面所のカビの撃退は上からやっていく
効果的なんだそうです。

洗面所天井のカビ掃除&落とし方

洗面所の天井のカビは、カビ取り剤が落ちてこないように
刷毛でトントンとカビ取り剤を塗っていきます。

約40分後に天井のカビはきれいになくなっていました。
プロ技はすごいですね。

洗面所の天井のカビ予防法

強制的に風を動かすことで空気がよどまず
カビがはえづらい状態になります。

やり方はお風呂上がりに2時間程度
扇風機を首振りで回すのがオススメになります。

リビング窓パッキンの黒カビ

冬場になるとリビングの窓には結露が多くなります。
この結露が窓枠のサッシ部分に溜まりカビが発生します。

しかし窓カビよりも危険なのが
カーテンに生えたカビなんだそうです。

カーテンのカビは窓に付着したカビが
カーテンにも付着した「もらいカビ」になるそうです。
(なんとなくゾッとする名前ですね)

空気の通り道にある窓やカーテンにカビがあると
部屋中にカビが広がって壁紙などにも増殖していく可能性があります。

窓のカビ取り方法

この窓のカビを根絶やしにするために使うのはキッチンペーパー

キッチンペーパーをこより状にねじり、窓のゴムパッキンの上に乗せて
刷毛でトントンたたきながらカビ取り剤を染み込ませていきます。

ゴムパッキンに生えたカビは根が深いため、表面の部分を取るだけでなく
ゴムパッキンにカビ取り剤を浸透させていくのがポイントになります。

さらにカビ取り剤が蒸発しないように
ラップをかぶせて2時間半おいておきます。

しつこいカビの場合はカビ取り剤を染み込ませて
半日おくと効果的とのことです。

窓のゴムパッキンのカビ予防法&効果的なカビ予防グッズ

最近はホームセンターや100円ショップで
水滴を逃さず取るスクイージー(水切りワイパー)が売られています。

カビ取り屋.comさんが使われていたのは

・水滴トール シタマーデ 1760円

窓カビはスクイージーで窓の水滴をこまめに取るのがオススメですが、
カーデンのもらいカビは素人が下手に手を出さない方がよいとのこと。

理由は家の洗濯機でカビの生えたカーテンを洗うと
洗濯機がカビだらけになる可能性がある
からです。

なので衣類のカビを殺す特殊品のクリーニング専門店など
専門家に頼むのがベストなやり方になります。

まとめ

今までカーテンのカビを甘く見ていました。

水気の多い洗濯機にカビの胞子が移ったら
他の衣類にもカビが移ってタンスも危なくなるところでした。

健康を守るのに役立つ知識が知れてよかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする