土曜は何する|開脚ストレッチで美ボディ&痩せ効果!泉栄子さんことEiko先生がやり方を伝授

スポンサーリンク

2020年4月11日放送の土曜はナニする!?
どんなに体がかたくても開脚できるストレッチが紹介されました。

教えてくれたのは「開脚の女王」こと泉栄子さんことEiko先生(53歳)です。

Eiko先生の動画は250万回再生以上
著書は100万部を突破、
開催される教室や講演会は予約が殺到する
超人気先生の開脚ストレッチ講座です。

Eiko先生によると

「毎日10分間くらい開脚ストレッチをすれば
どんなに体が硬い人でも開脚できる」

とのこと。

実際生徒さんのお話でも

「最初は全然できなかったけどできるようになった」

「手足の末端冷え性がなくなった」

「ズボンがLサイズからMサイズになった」

など話されていました。

Eiko先生の開脚ストレッチのポイント

・体にかかる負荷が軽い

・特別な道具も不要

年齢性別問わずどんな人でも手軽に始められるのも
人気の理由になります。

Eiko先生の基礎開脚ストレッチ

タオルストレッチのやり方

1、少し長めのタオルを用意します

2、ヒザを立てる形で仰向けの姿勢になります

3、片足にタオルを引っかけて頭の方向に引っ張り揺らしながら30秒間キープします

このストレッチを両脚ともに行うことで
ヒザの裏側とアキレス腱が伸ばせます。

このストレッチでヒザがピンと張らずに曲がってしまう人は
バスタオルかヒモでしっかり足を張ると良いそうです。

シコストレッチのやり方

1、足を肩幅の倍程度に開いて立ち、つま先を斜め外方向へ向けます

2、ヒザを曲げて両手をヒザの上に置きます

3、お尻を外に押しながら上下に20回揺らします

4、片方の肩を内側に入れて太ももを押してお尻を上下に20回揺らします

5、同じ動きを反対側でもやっていきます

このストレッチは太ももの内側と股関節を伸ばす目的で行います。

ポイントは

・ヒザが内側に入らないようにすること

・腕をまっすぐに伸ばすこと

になります。

体の硬さに合わせた美ボディ開脚ストレッチ

体がかたい人向け「仰向けストレッチ」のやり方

1、上向けに寝て両ヒザを抱えます

2、ここからヒザを開いてヒザの内側あたりを持ちます

注意点はヒザがあまり下に下がらないようにして
ヒザを顔の方向に上げておきます。

3、力を抜くために「2」の状態で体を横に揺らします

体が柔らかい人向け「反るストレッチ」

1、開脚したまま手の指を「パー」の状態に開いて両手をお尻の近くの床につけます

2、上半身を反らしながら頭を後ろに倒して上半身を左右に揺らします

3、片手ずつ手を前に置いていき息を吐きながら前屈して、
  できればヒジをついて上体を左右に揺らします

この動きを5回繰り返します。

股関節を柔らかくするストレッチ方法になります。

まとめ

Eiko先生の年齢は見た目の感じから
30代半ばくらいの方かと思っていたら53歳というから
とても驚きました。

タオルを使ったストレッチから始めてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする