ZIP|余りがち食材&調味料を使ったキャベツとドレッシングのチャーハンレシピと作り方を五十嵐美幸さんが伝授

スポンサーリンク

2020年4月10日放送のZIP中華のプロが提案する
チャーハンをよりおいしくする方法が紹介されました。

ZIPで余りがちな食材と調味料を調査した結果

《余りがち食材》
1位:キャベツ
2位:納豆
3位:じゃがいも

《余りがち調味料》
1位:ドレッシング
2位:焼肉のタレ
3位:オイスターソース

(ZIP番組調べ/協力:スナップディッシュ)

銀座の中華料理店「美虎(みゆ)」のシェフ、五十嵐美幸さんが
余りがちなキャベツドレッシングを使った
美味しいチャーハンの作り方を教えてくださいました。

《ZIPチャーハンの関連記事》

ZIP|チャーハンをパラパラにする作り方!豚肉とカツオ節のチャーハンのレシピを五十嵐美幸シェフが伝授

ZIP|チャーハンをパラパラにする作り方!豚肉とカツオ節のチャーハンのレシピを五十嵐美幸シェフが伝授

ZIP|お弁当チャーハンのレシピ!幕の内弁当を使ったチャーハンの作り方を大貫純一さんが伝授

余りがち食材&調味料のキャベツとドレッシングを使ったチャーハンのレシピ

キャベツとドレッシングのチャーハンの材料

キャベツ 80g
フレンチドレッシング 大さじ2
さけフレーク 大さじ2
サラダ油 大さじ1
ごはん 250g
卵 1個
しょうゆ 小さじ1

キャベツとドレッシングのチャーハンの作り方

1、キャベツを1cm角に切って密閉袋に入れます

2、密閉袋にドレッシングを入れて2〜3分揉み込みます

これがプロ技キャベツの浅漬けになります。
中華はチャーハンの中に漬物を旨味代わりに入れるんだそうです。

高菜やたくあんなど漬物を入れると旨味が加わって
深みのある味わいになるんですね。

ドレッシングは和風ドレッシングでも中華ドレッシングでも
余っているドレッシングなら大体大丈夫とのこと。

3、鮭フレークの旨味を油に染み込ませながら炒めます

4、温かいご飯に卵を入れて混ぜます

卵は溶く前のそのままの状態でご飯に入れて、
混ぜる回数がポイントになります。

五十嵐シェフがお箸で混ぜた回数は3回
3回混ぜるだけで十分なんだそうです。

理由は日本のお米を卵でしっかり混ぜてしまうと
粘りが出てベチャベチャになってしまうからとのこと。

なのであまり混ぜないことが美味しいチャーハンを作る
最大のポイント
になります。

5、鮭フレークで作った油でごはんを炒めます

6、ごはんを炒めたらキャベツの浅漬けを入れます

水分たっぷりの浅漬けを入れても大丈夫なのか?
という疑問がありますが、鮭と卵ごはんを炒めた時に
しっかり水分は飛んでパラパラになっている状態なので
そこにしっとりしている野菜を入れても問題ないそうです。

7、パラパラに炒めたら完成です

まとめ

キャベツがシャキシャキでとてもおいしいとのこと。

キャベツとドレッシングはちょうど冷蔵庫にあるので
作ってみたいと思います。

《ZIPチャーハンの関連記事》

ZIP|チャーハンをパラパラにする作り方!豚肉とカツオ節のチャーハンのレシピを五十嵐美幸シェフが伝授

ZIP|チャーハンをパラパラにする作り方!豚肉とカツオ節のチャーハンのレシピを五十嵐美幸シェフが伝授

ZIP|お弁当チャーハンのレシピ!幕の内弁当を使ったチャーハンの作り方を大貫純一さんが伝授

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする