キューピー3分クッキングで絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしのレシピが紹介されました!

スポンサーリンク

2019年8月1日放送のキューピー3分クッキングで絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしについて紹介されました。
絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしを教えてくれたのは料理研究家の小林まさみ先生です。
アシスタント役は日テレアナウンサーの川畑一志さんです。

絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしのレシピ

小麦粉をしっかりつけて揚げた絹ごし豆腐に、温かいつゆをかけていただく揚げだしと、
一緒に揚げたアボカドはとろりとした柔らかい食感が楽しめる一品になります。

絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしの材料:4人分

・絹ごし豆腐:2丁(600g)
・小麦粉:適量
・アボカド:2個(500g)

・油

・だし汁:1½カップ
・しょうゆ:大さじ2
・みりん:大さじ2
・塩:小さじ1/3

・おろししょうが:小さじ2

絹ごし豆腐とアボカドの揚げだしの作り方

1)絹ごし豆腐を四つ割に切ります。

2)切り分けた豆腐をペーパータオルを2重に敷いた上に乗せて、上にも2重にかさねたペーパータオルをかぶせて30分おいて水切りします。

3)アボカドを2つに切ってタネを取り、手で皮をむいていきます。
アボカドは油と相性がいいので、揚げた時にとろっとしておいしいそうです。

4)皮をむいたアボカドをそれぞれ四つ割に切ります。

5)フライパンに油(深さは2〜3cm)を入れて180度に熱します。

6)アボカドを入れて素揚げにしていきます。少し色づくまで3分ほど揚げます。
ポイントは、アボカドは柔らかいのであまり触らずに下の部分が少し硬くなってきたら返して、きつね色になるまで揚げていきます。
揚げたアボカドは、表面はカリッとしているそうですが、中はとろりと柔らかいそうです。
おいしそうな食感ですね!

7)アボカドが揚がったら、絹ごし豆腐に小麦粉をまぶしていきます。
ポイントは必ず揚げる直前に小麦粉をまぶすことです。
全面にしっかりと小麦粉をまぶします。
木綿豆腐を使った揚げだしもありますが、絹ごし豆腐を使うことで中がとろっとしておいしいそうです。

8)先ほどのフライパン(油の深さは2〜3cm、180度に熱した状態)に小麦粉をたっぷりつけた絹ごし豆腐を入れていき、
2分半ほどでひっくり返して、合計5分ほどかけてこんがりと揚げます。
きつね色になって表面がカリッとしてくると油から取り出します。

9)かけ汁を作ります。お鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、塩を入れて煮立てます。

10)お皿に揚げた絹ごし豆腐とアボカドを入れて、かけ汁も入れます。
豆腐の上におろし生姜をのせて完成です。

まとめ

アボカドの素揚げがどんなものか食べてみたいので、作ってみようと思いました。
揚げだし豆腐も、作りたては表面のカリッとした食感がとてもおいしそうだなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする