ヒルナンデス|牛肉の炒めものタコライス風レシピと作り方を業務田スー子さんの実家で小林まさみ先生が伝授

スポンサーリンク

2020年3月19日放送のヒルナンデス
包丁をほとんど使わない残り物レシピが紹介されました。

教えてくれたのは料理研究家でキューピー3分クッキング講師の
小林まさみ先生です。

今回お邪魔したお宅は何と、月曜ヒルナンデスでも人気の
業務スーパー大好き主婦でブロガーの業務田スー子さんの
ご実家です。

小林先生のことが大好きで崇拝しているスー子さんも
一緒に残り物レシピ作りに参加されました。


牛肉の炒めものタコライス風のレシピ

牛肉の炒めものタコライス風の材料

・牛肉 250g
・レンコン 100g
・キャベツ

・サルサソース 大さじ6
(なければケチャップ・角切りトマトで代用OK)
・粉チーズ 適量
・パセリ 適量

《牛肉を炒める時の調味料》
・サラダ油 小さじ1
・しょうゆ 大さじ1/2
・ケチャップ 大さじ2
・とんかつソース 大さじ1/2

《レンコンチップスを作る時の調味料》
・サラダ油 適量

牛肉の炒めものタコライス風の作り方

1、直接フライパンに牛肉250gを入れます

2、サラダ油(小さじ1)としょうゆ、ケチャップ、とんかつソースを加えて
  牛肉としっかり混ぜ合わせます

このとき、まだフライパンは火にかけていません。

また、今回は洗い物を少なくするために牛肉は切らず、
ボウルも使わずにフライパンをボウルがわりに調理していきます。

フライパンに食材を入れた後に火をつける手順を
「コールドスタート」というそうです。

油ハネも少なくなって洗い物も減る調理法とのこと。

3、牛肉の色が変わまでしっかり炒めていきます

4、レンコンの皮をむき、薄切りにします

先ほど手間を省いた分、レンコンに手間をかけるのが
この料理のポイントになります。

タコライスにはパリパリとしたトルティーヤチップスが
添えられていますが、トルティーヤチップスは
日本の一般家庭には常備されていないのと
野菜が摂れた方がいいので
レンコンを揚げてチップスにします。

5、レンコンもコールドスタートで、フライパンにレンコンと
  サラダ油を適量入れてから火にかけて揚げていきます

レンコンに水がついていても冷たいうちに油を入れれば
そんなにハネないそうです。

6、きつね色になったらレンコンチップスが完成です

7、ご飯を器にのせて、その上に千切りにしたキャベツと
  お肉をのせて、サルサソースをかけます

サルサソースには、ハラペーニョたまねぎが入っているので
牛肉の上にかけるとピリ辛になりごはんに合います。

スー子さんのお母さんはサルサソースが大好きで、
普段はスパゲティやハンバーグにサルサソースを
使っているそうです。

サルサソースがない場合は

・ケチャップ
・トマトの角切り

で代用OKです。

8、レンコンチップスものせて
  最後に粉チーズとパセリをかけたら完成です

まとめ

調理時間わずか10分

なるべく洗い物が少なく、
スー子さんのご実家の冷蔵庫の食材に合わせて
少し辛いものをという小林先生の残り物時短レシピが
完成しました。

いろんな味と食感が楽しめて大満足の一品とのこと。

ぜひ作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする