ZIP|免疫力を簡単に高める方法!医師も実践する壁腕立て伏せや腹巻き、にんじんりんごジュースが紹介

スポンサーリンク

2020年3月18放送のZIP医師が教える免疫力を高める生活が紹介されました。

免疫力とは一体何?

免疫力ってよく聞きますが、
実はよくわからなかったりしますよね。

Y’sサイエンスクリニック広尾の医師、
日比野佐和子先生によると

免疫力とは

・体に入ってきた病原菌やウイルスをやっつけるための治癒力

自己防衛能力

になります。

免疫力が低下すると

・カゼをひきやすい
・アレルギー症状が出やすい

という状態になりやすいそうです。

免疫力を上げるにはどうすればいいのか?

日比野先生によると、、免疫力を上げるには

・バランスの良い食事

・運動する

・しっかり睡眠をとる

ということが大切になります。

免疫力を上げる方法

また、街のみなさんの免疫力アップで心がけていることを
工藤内科の医師、工藤孝文先生が判定されました。

日光を浴びる

工藤先生によると、
日光を浴びるとビタミンDが生成されます。

ビタミンDには

・細菌、ウイルスを殺す
・抗菌ペプチドを作らせる働きがある

結果的に免疫力がアップするといわれているそうです。

また、室内で日光を浴びることも効果的だそうで

・日光を浴びながら昼寝をする

熟睡できなくても目をとじて脳を休ませることで
リラックスできるとのこと。

こうすることで免疫を司る白血球の働きが正常化して
免疫力アップが期待できるそうです。

肩のストレッチ

座り仕事が多いという男性は免疫力アップのために
肩のストレッチを行なっているそうです。

イシハラクリニックの医師、石原新菜先生によると
免疫力アップに肩のストレッチは効果が期待できるそうです。

その理由は、

首の周り、肩の周り、脇の下の近くには
褐色脂肪細胞というものがあり、刺激すると

・体が温まる

んだそうです。

・体が温まる → 免疫細胞が活発化 → 免疫力アップにつながる

ポイントは

「たまにやるのではなく毎日継続的に行うことが大切」

とのことです。

乾燥を防ぐ

日比野先生によると
水分をこまめに摂ったり、加湿したりすることは

免疫力アップにはならない防御することにはつながる

病原菌やウイルスは乾燥を好むので、
加湿することは防御するには効果が期待できるんですね。

笑う

山口大学医学部教授の田中愛子先生のグループの研究によると

「免疫細胞であるNK細胞の活性は、
お笑いビデオ視聴によって笑ったことが
免疫機能等に良好に影響している」

ことが示唆されています。

つまり、笑いは免疫力アップに効果が期待できるんですね。

ネコのゴロゴロ音

フランスの獣医師、ジャン=イヴ・ゴシェ先生によると

・ネコのゴロゴロ音を聞くと幸せホルモン「セロトニン」を増やして
リラックス状態になる

ネコと生活している人に取材してみると、
ネコのゴロゴロ音を聞くと

・かわいいな
・癒されるな
・幸せだな

という気持ちになるそうです。
(私もネコがいるのですごくよくわかります)

日比野先生によるとネコのゴロゴロ音は
免疫力アップの効果は不確かだと思うとのこと。

しかしネコと戯れてスキンシップすることで
幸せホルモンオキシトシンが分泌されて
免疫力を上げることにつながると考えられるそうです。

ダンスミュージック

ドイツの神経の専門家、ロニー・エンク博士の発表によると
ダンスミュージックで免疫力がアップすることが期待できるそうです。

研究の結果によると、

・ダンスミュージックを聴かせた人の
ストレスホルモンのレベルが低下した

ロニー・エンク博士は免疫力の増強に繋がると
考えているそうです。

工藤先生によると、
一般的にはクラシックや癒しの音楽が良いと言われていますが

・自分の好きな音楽でも大丈夫

とのこと。

ダンスミュージックだけではなく、
好きな音楽を聞くことでリラックスにつながり
免疫力アップの効果が期待できるそうです。

さらに音楽を聞くときに工藤先生がオススメされていたのは

・音楽を流しながら手拍子のような手拍子のような
一定の動きをする

こうすることで幸せホルモンセロトニンを活性化して
免疫力を高めてくれるそうです。

石原先生の免疫力が上がる生活術

腹巻きを着用する

石原先生は24時間365日はらまきを着用されているそうで
理由は

・免疫細胞の6〜7割は腸にいるから

おなかを温めて腸の免疫細胞を活性化させると
病気になりにくいんだそうです。

ニンジンとリンゴのジュース

石原先生が毎日欠かさず飲んでいるのが

・ニンジンとリンゴのジュース

になります。

ニンジンとリンゴに含まれる
ビタミンCポリフェノールが免疫力アップにつながるとのこと。

仕事中でもできる!壁に向かって腕立て伏せ「壁腕立て伏せ」

石原先生が仕事の合間に実践されている

・壁腕立て伏せ

は、床に比べて楽に運動をすることができます。

そんなに体がきつくないのに肩を動かしているので
背中が温かくなってきます。

この運動をすることで、褐色脂肪細胞を刺激して体を温め
免疫力アップにつながります。

壁さえあれば誰でも簡単にできるのがいいですね。

2時間に1回くらい、トイレのついでなどに
やってみるのがオススメとのことでした。

まとめ

日光浴や壁腕立て伏せ、笑える番組を見るなど
今日からさっそく取り入れてみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする