林先生の初耳学でにおいの原因!ベタベタ汗の改善方法が紹介されました!

スポンサーリンク

2019年7月28日放送の初耳学でベタベタ汗の汗腺機能改善方法について紹介されました。

ベタベタ汗の汗腺機能改善方法を教えてくれたのは大阪国際大学教授の井上芳光先生です。

ベタベタ汗の原因

汗をかくと気になるのが匂いですよね。
この匂いはベタベタ汗からするそうなんですが、ベタベタ汗の原因は

「老化」

とのこと!

加齢が最大の原因と言われてしまうと、どうすればいいの?と思ってしまいましたがベタベタ汗は誰でも改善できるそうです。

老化が原因ってどういうこと?

具体的に老化が原因ってどういうことなのでしょうか。

ベタベタ汗は汗が出てくる汗腺の働きが衰えてしまうのが理由で
ポイントは汗に含まれる塩分だそうです。

汗は塩分濃度が上がるほど、ベタベタ汗になっていくとのこと。

10〜50代の汗の塩分濃度を比較

10代のモニターは中高生から絶大な支持をされているモデルの山之内すずさん17歳。
とてもかわいらしい方ですね。
運動した後の山之内さんの数値は1300ppmでさらさら汗。

番組の中での年代別汗の塩分濃度は

10代:1866ppm
20代:2350
30代:2580
40代:3600
50代:5233

なぜ加齢とともに塩分濃度が上がるの?

汗の塩分は本来皮膚に到達するまでにある程度再吸収されます。
しかし加齢とともに汗腺が衰えてくると、塩分が再吸収されづらくなってきて
汗の塩分濃度が高くなってくるそうです。

最近は若い世代の人たちにもベタベタ汗が増えてきている!

その原因の1つが

・クーラー(冷房)の使いすぎ

によるものです。

汗をかかない環境に長くいると汗腺が衰えてベタベタ汗になるそうです。

年齢に関係なく気をつけなきゃと思いました。

汗腺機能改善のやり方

 
しかし、汗腺の能力は改善が可能!

汗腺は汗をかけばかくほど改善していくそうで

汗をかくことを

・1日20〜30分
・7〜10日

行うことで汗腺の機能は改善していき、
ベタベタ汗からさらさら汗に変わってくるとのこと。

まとめ

・ベタベタ汗は、老化で汗の塩分濃度が上昇することで起こる

・改善方法は汗をかくこと

・汗をかくことを1日20〜30分すれば7〜10日で汗腺の機能は改善していく

夏はエアコンを切るか、外にいるだけで運動しなくても汗をかくから汗腺機能の若返りにはぴったりの季節。
エアコンの効いた場所にいることが多いので、熱中症に気をつけながら1日のうちに汗をかく時間を20分作ることをやってみようと思いました。
何歳になっても体臭には気をつけたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする