男子ごはんでスタミナ定食3品のレシピが紹介されました!

スポンサーリンク

2019年7月28日放送の男子ごはんでスタミナ定食について紹介されました。

スタミナ定食のレシピを教えてくれたのは料理家の栗原心平先生です。

スタミナ定食のレシピ

夏は暑さやじめじめした湿度で食欲が落ちがちですよね。
そこでスタミナがつく食材(オクラととろろのねばねば)を使って簡単に作れるスタミナ定食のレシピのご紹介になります。
オレンジソースがけは、普通だったらりんごを使うところをオレンジにすることで、さわやかなソースになるそうです。

スタミナ定食の材料:2人分

①砂肝のとろろポン酢
・砂肝:100g
・長いも:200g
・ごま油、しょうゆ:各小さじ1/2
・ポン酢:適量
・酒:適量
・万能ねぎ(小口切り):適量

②オクラとしょうがのスープ
・オクラ:6本
・しょうが:1片
・長ねぎ(みじん切り):適量
・鶏がらスープの素(半練り):大さじ½
・薄口しょうゆ:大さじ1
・みりん、酒:各大さじ½
・水:600cc
・塩:少々

③牛カルビ丼のオレンジソースがけ
・牛カルビ肉(焼肉用):300g
・もやし:1袋
・温かいごはん:1人分
・塩、黒こしょう:各適量

<たれ>
・玉ねぎ:40g
・にんにく、しょうが:各1片(各10g)
・オレンジのしぼり汁、しょうゆ:各大さじ2
・みりん、酒:各大さじ1
・豆板醤:小さじ½
・みそ:小さじ1
・砂糖:小さじ2
・白いりごま:大さじ½
・ごま油:大さじ½
・片栗粉、水:各小さじ½

スタミナ定食① 砂肝のとろろポン酢の作り方

スタミナ食材は長いもと砂肝になります。
長いもにのねばねば成分には胃腸などの粘膜を保護する働きがあるそうです。
暑さのストレスで胃腸が弱りがちな夏には効果的なスタミナ食材になります。

砂肝には亜鉛が含まれていて、エネルギーの代謝や免疫機能をサポートしてくれる働きがあるそうです。

スタミナの語源はラテン語で「糸」という意味の複数形で
「運命の女神が紡ぐ寿命の糸」などと言われるそうです。
そこから精力や耐久力を表す言葉として定着したとのこと。
国分さんと栗原さん、スタッフのみなさんの掛け合いが楽しいですね。

1)砂肝は2つに切り分けて、たて半分に切り込みを入れます。

2)沸いたお湯に酒と砂肝を加えて、中火で3〜4分加熱します。
お湯にお酒を入れる理由はにおいを消すためとのことです。

3)皮をむいた長いもをすりおろします。

4)砂肝は火が通ったら水にさらし粗熱が取れたら水気を拭きます。

5)水気を拭いた砂肝にごま油としょうゆを入れて和えます。
砂肝に下味をつけておくことで全体の味が馴染むそうです。

6)砂肝にすりおろした長いもをかけて、ポン酢をお好みで垂らして万能ねぎを散らします。

スタミナ定食② オクラとしょうがのスープの作り方

スタミナ食材はオクラになります。
オクラのネバネバ成分には粘膜を保護する働きがあって、ビタミンB1で疲労回復
効果もあり、栄養が豊富だそうです。

また、しょうがは消化吸収を促進させたり食欲不振を解消する働きがあるそうです。

1)オクラはヘタの先を切り落としてガクを切り取ります。

2)しょうがはすりおろします。

3)オクラは塩をふって板ずりをして、沸いたお湯に入れてさっと下茹でします。

4)茹でたオクラは水で冷まして1cmほどの厚さの小口切りにします。

5)お湯600ccに鶏がらスープの素を入れて溶かします。

6)酒、みりん、薄口しょうゆを入れて混ぜます。

7)すりおろしたしょうがを入れます。
栗原先生はしょうがを結構入れるそうなので、しょうが好きな方はお好みで少し多めに入れてもいいですね。

8)オクラを入れてスープは完成→器に入れます。

9)みじん切りにした長ねぎを適量散らします。

スタミナ定食③ 牛カルビ丼のオレンジソースがけの作り方

オレンジソースですが「焼肉のたれ」だそうで、オレンジのしぼり汁を入れることで爽やかなワンランク上の焼肉だれに仕上がるそうです。
スタミナ食材の牛肉は消化吸収に優れていて、疲労を回復させる働きがあります。

また、にんにくにの匂いのもとであるアリシンが牛肉のビタミンB1と結合することで滋養強壮やスタミナアップに効果が期待できるそうです。
オレンジにはクエン酸がたっぷり入っていて疲労回復に良いそうです。

1)もやしは塩を加えた熱湯でさっと茹でたら水でさらして粗熱を取ります。

2)熱したフライパンにごま油をひき、すりおろした玉ねぎ、にんにく、しょうがを入れて中火で炒めます。

3)しょうゆに酒、みりん、豆板醤、みそ、砂糖を入れて混ぜます。

4)オレンジのしぼり汁を入れて混ぜ合わせます。

5)③と④で作ったタレを②のフライパンに入れて煮詰めます。

6)フライパンに白いりごまを入れて煮詰めたら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。

7)①で粗熱を取ったもやしの水気をよく絞っておきます。

8)牛カルビ肉は両面に塩と黒こしょうで下味をつけます。

9)熱したフライパンに油を引かずに牛カルビ肉を並べて強火で焼きます。

10)どんぶりにごはんを1人分ずつ盛って牛カルビ肉を並べます。

11)真ん中にもやしをのせます。

12)牛カルビ肉にオレンジソースをかけたら完成です。

まとめ

和歌山県産の変わり種梅干しで、
洋風梅干しトマト梅とか
オリーブオイルしらら、
梅チーズトリュフ仕立てなど
気になる一品も紹介されていました。

笑うセールスマンの口元をりんごで作ってあるものは
とてもよくできていて、思わず笑ってしまいました。

どのレシピもかんたんに作れるものばかりで、
特にオレンジの酸味がカルビの脂に合うと国分さんが話されていたのがものすごく気になるので、さっそく作ってみようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする