キューピー3分クッキングで黒酢酢豚のレシピが紹介されました!

スポンサーリンク

2019年7月26日放送のキューピー3分クッキングで黒酢酢豚について紹介されました。

黒酢酢豚を教えてくれたのは料理研究家の石原洋子先生です。

黒酢酢豚のレシピ

黒酢酢豚は、揚げた豚肉に黒酢の甘酸っぱい餡をからめた酢豚になります。
砂糖をこがしてカラメルにする事と、つんとした黒酢の酸味を飛ばすことが
美味しさのポイントです。

黒酢酢豚の材料:4人分

・豚肩ロース肉(塊)…400g
・酒…小さじ2
・しょうゆ…小さじ2
・片栗粉…適量

・赤唐辛子…1本
・チンゲンサイ…2株(200g)
・松の実…大さじ2

・水…大さじ4
・酒…大さじ1 1/2
・砂糖…大さじ1 1/2
・しょうゆ…大さじ1 1/2
・片栗粉…大さじ1

・砂糖…大さじ2
・黒酢…大さじ2

・油

エネルギー 406kcal
塩分 1.7g

黒酢酢豚の作り方

豚肉

1)豚肩ロース肉の塊を2cm角に切っていきます。
まず塊肉を3等分にして、それを2cmほどの1口サイズに切り分けます。

2)細かく切り分けた豚肉に酒としょうゆをかけて、よく揉み込みます。
よく揉みこむことで、お肉に下味がしっかり付いておいしくなるそうです。

3)酒としょうゆを揉みこんだ豚肉に、片栗粉を多めにしっかりとまぶします。
片栗粉を多めにしっかりまぶすことで、油で揚げた時にカリッとした食感になります。

4)フライパンに深さ2cm油を入れ、160度に熱して松の実を入れます。
松の実は少し低い温度(160度)でないと、油に入れた瞬間に真っ黒に焦げるので注意が必要とのことです。
松の実が色づくまで様子を見ながら揚げて、網ですくってキッチンペーパーの上に置きます。
松の実は色づき始めると揚がるのが早いので、ほんのり色が変わってきたら油から上げます。
松の実があるのとないのとでは、酢豚の香りが違ってくるそうです。

5)油の温度を180度に上げて豚肉を入れていきます。

6)豚肉に火が通るまで5〜6分揚げます。

餡のたれ

7)ボウルにしょうゆ、酒、砂糖、水、片栗粉を入れながらよく混ぜます。

8)フライパンに油をしいて、赤唐辛子を入れます。
赤唐辛子は半分に切ってタネを取り除いておきます。

9)赤唐辛子を炒めて香りが立ってきたら砂糖を入れます。

10)砂糖が溶けてカラメル色になるまで混ぜていきます。
砂糖は甘みのためではなく香りと色づきのために使うそうです。

カラメル状にすることで香ばしさが出てくるんですね!

11)砂糖が溶けてカラメル色になったら黒酢を入れます。
黒酢を入れるとはねるので気をつけてください。

12)煮詰めて黒酢の酸味が飛んだところで、先ほどボウルで作った餡を入れます。

片栗粉が入っているのでとろみがついてきますね。

13)とろみがついてきたら、揚げた豚肉を入れて餡を手早くからめていきます。
豚肉の衣のカリカリっとした食感を残したいので、多少餡がからんでいないところがあっても大丈夫とのこと。

14)最後に松の実をふりかけて完成です。

お好みで酢豚の横にチンゲンサイを茹でたものなど添えてください。

番組ではチンゲンサイ2株(200g)が付け合わせで添えられていました。

まとめ

黒酢酢豚って作るハードルが高そうなイメージがあったのですが、意外と手軽に作れそうだなと感じました。
石原先生がいつも美味しくなるちょっとしたポイントを教えてくれるのが勉強になります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする