【ZIP】冷凍したパンをおいしく復活する麦茶霧吹き解凍法&高級生食パンの冷凍解凍法を片山智香子先生が伝授

スポンサーリンク

2020年2月17日放送のZIP失敗しないパンの冷凍・解凍術!おいしく食べる方法が紹介されました。

教えてくれたのはパンの研究家片山智香子先生、
リポーターは山下耀子さんです。

《片山智香子先生の著書》

今スーパーなどで人気の冷凍食品「冷凍パン」。

種類も豊富で

・外側はパリパリ

・中はモチモチ

というおいしさそのままなところが魅力です。

ところが家庭でパンを冷凍するとなると、
解凍した時に

・ふにゃふにゃになる
・硬くなる
・中まで温まらない

など失敗もありますよね。

今回は家庭でパンを冷凍・解凍した際に
美味しく食べられる方法が紹介されました。

正しい食パンの冷凍方法

冷凍のタイミングは「購入直後」

・食パンの冷凍のタイミングは購入直後

食パンはスライスした時点で乾燥が始まります。

おいしい状態のものをキープしたいので
消費期限ギリギリの劣化したものは冷凍せず
購入直後に冷凍します。

冷凍の専門家、東京海洋大学食品冷凍学
鈴木徹教授によるとパンがおいしくなくなるのは、

パンの中にあるでんぷんが

・焼いた時は広がる=やわらかい

常温状態だとでんぷんが結晶化して

・水分が蒸発=硬くなる

フワフワ感がなくなってしまったあとに冷凍しても
復活できないんですね。

なので、パンの冷凍は

・なるべく早め

がオススメになります。

《鈴木徹先生の著書》

冷凍の仕方「1枚ずつラップする」

・食パンを1枚ずつラップに包んで冷凍する

購入時の袋に入れた状態でまとめて冷凍すると
空気に触れる面が多くなるので出す時にくっつきます。

これはパンの断面に霜がついてしまうからで
パンの水分が抜けたことを現しているそうです。

1枚ずつラップをすることで中から水分が抜けることを
防いでフワフワ感をキープできます。

冷凍保存の期間は「1ヶ月以内」

・ギリギリ1ヶ月以内

片山先生によると冷凍でパンを保存する期間は
約1ヶ月が目安となるそうです。

パンおいしく解凍する裏技「麦茶を吹きかける」

食パンの解凍の仕方は

・凍ったままトースターで焼く

のが正しいやり方になりますが、
さらにおいしく復活させるために

・麦茶を霧吹きで4〜5回表面に吹きつける

こうすることで風味と食感がアップします。

・パン=小麦
・麦茶=大麦

パン独特の香りは小麦の香りですが
解凍すると香りも散逸します。

解凍時に失われやすい小麦の風味を
カバーできるんだそうです。

高級生食パンの食べ方

高級食パンの冷凍法

人気の高級食パン「乃が美」の阪上雄司社長によると
生食パンは

・トーストせずに耳までちぎって食べる

のが醍醐味ですが、
食べきれない場合は冷凍もオススメされているそうです。

高級食パンは冷凍しても焼かずに美味しさが復活できるそうで
冷凍のやり方は先ほどと同じく

・1枚ずつラップで密閉

となります。

高級食パンの解凍法

解凍方法は

・電子レンジの解凍機能を使用

・耐熱皿にクッキングシートを敷く

・クッキングシートの上に食パンをのせて皿の上からラップをかけて解凍

こうすることで蒸発した水分がパンの底にたまって
びちゃびちゃになるのを防止します。

解凍した高級食パンを食べたみなさんの感想は

「冷凍する前と同じモチモチ」
「冷凍したとは思えない」

乃が美の阪上社長も

「もっちり感が残っていておいしい」

と驚かれていました。

菓子パン・惣菜パンの冷凍・解凍方法

あんパンクリームパンは食パンと同じようにラップして冷凍します。

・レンジの解凍機能で約2分

あんことパン生地の解凍に差が出るため、
パン生地を復活させるために

・麦茶霧吹き解凍法でさらにトーストする

とおいしくいただけます。

また、カレーパン

・レンジの解凍機能で約3分

表面の揚げた部分を復活させるため

・トースターで約2分加熱

こうすることで表面の揚げた部分のカリカリ感が復活、
パン生地はモチモチになります。

まとめ

安い時に菓子パンをまとめ買いしたり、
パン屋さんで美味しそうなパンをついつい多く買ってしまい
食べきれない時などに片山先生の冷凍解凍方法でやってみたいと
思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする