【ぴったんこカンカン】世界一の朝食!神戸北野ホテルの絶品朝ごはんが紹介されました

スポンサーリンク

2020年2月7日放送のぴったんこカンカンで神戸世界一の朝食が紹介されました。
紹介してくれたのは女優の小池栄子さん、俳優の大泉洋さん、アナウンサーの安住紳一郎さんです。

神戸北野ホテルの朝食

朝ごはん「世界一の朝食」

神戸北野ホテルは客室わずか30室、きめ細やかなおもてなしと
地元産の素材にこだわった料理が評判です。

・世界一の朝食 7150円(税込)
(1泊朝食付き19350円〜)

豪華絢爛、一生に1度は食べたい朝食のメニュー
フレンチの巨匠ベルナール・ロワゾー氏から譲り受けたレシピに
地元産の素材独自の調理法で作られています。

この朝食は宿泊客の方優先で食べることができますが
テーブルに空きがあれば当日朝食のみもOKとのこと。

総料理長の山口浩さんのお話では、世界一の朝食には
生の野菜を使っておらず、見た目にもおしゃれな

・飲むサラダ

が用意されています。

飲むサラダ

5つのコップに

・オレンジジュース
・パセリ青リンゴ
・人参ビート
・フリュイルージュトマト
・パプリカマンゴー

が入っていて、
大泉さんが「パセリ青りんご」を飲まれました。
お味は絶妙に青リンゴの甘みにパセリの苦味が加わって美味しいとのこと。

低速回転のミキサーで作られているので酵素はそのままで、
野菜を生で食べているのと同じなんだそうです。

栗の花のはちみつ&ヨーグルト

栗の花のはちみつ&ヨーグルトは、ヨーグルトに岩手産のはちみつをかけて
混ぜすぎないようにしていただきます。

・はちみつの香りと甘み
・ヨーグルトの酸味

甘みと酸味のコントラストを楽しめる一品で、

小池さんが「食べたことのないはちみつ」と絶賛されていました。

栗の花のはちみつは花が咲く6月下旬の2週間しか収穫できない
貴重なはちみつになります。

また、ヨーグルトも乳酸菌の量を通常の10倍ほどにしてあるそうです。

すごく健康にも配慮されていますね。

3種類のバターおすすめの食べ方

パンに塗る北海道産のバターは

・プレーン
・トマト
・パセリ

の3種類あります。

クロワッサンなどが入っている箱の下に食事パンが入れられていて
この食事パンにシェフが厳選したハム

・ジャンボン・ブラン

をのせて、
その上にお好みのバターをのせていただきます。
バターの量はたっぷり目がおいしいとのこと。

ヨーロピアンスタイルのサンドイッチの完成です。

ハムの塩味とバターのコクが口の中で広がる一品です。

「トマトのバターもおいしいね!!」

と大泉さんも大絶賛。
相当手が込んでいるバターなんだそうです。

半熟卵がきれいに割れる!ドイツ製エッグカッター

卵に帽子型の部分を被せて、ステンレスの玉を数回落とすと
卵の上部にきれいに切れ込みが入ります。

スプーンで上部のカラを外して半熟卵をいただきます。

卵は地元兵庫県丹波産の丹波地鶏の半熟卵
塩は室町時代から続く製法で作られたうま味豊かな
兵庫県豊岡産の「誕生の塩」になります。

これはおいしそうです。

苺のコンフィチュールはクロワッサンと一緒に食べる

兵庫県産の苺を使ったコンフィチュールは
低温真空調理で苺の食感と風味を生かしたフレッシュな
味わいです。

一緒にいただくクロワッサンは焼きたてでフランス産バターを使って
作られています。

料理長山口さんオススメのクロワッサンの食べ方は、
まずクロワッサンの端を一口食べます。

一口食べたところにコンフィチュールの苺をのせます。

「生涯で1番おいしいかも」

とみなさん大絶賛です。

まとめ

見た目だけじゃなく味や健康面にも配慮された
ステキな朝食でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする