【ZIP】寒さ対策!使い捨てカイロの使い方と体を温める運動とおじぎ体操&ヒートベストとインナーソックス

スポンサーリンク

2020年1月28日(火)放送のZIPプロ&北国に学ぶ冬の寒さ対策が紹介されました。

使い捨てカイロの使い方

カイロ1枚でも温まるオススメの場所

カイロメーカー桐灰化学株式会社宮本雅志さんが
カイロの効果的な使い方を伝授してくださいました。

オススメのカイロを貼る場所は

・肩甲骨の間で首の下辺り

になります。

イシハラクリニックの医師、石原新菜先生によると
背骨に添って大きな筋肉があり、血液量の多い大きい筋肉を温めると
温かい血液が全身を巡って体温がアップするそうです。

ZIPのスタッフさんが検証してみたところ、
カイロを貼る前は体温35.9℃だったのが
貼った後30分で36.3℃に0.4℃アップしていました。

ちなみにおなかに貼った場合は0.2℃アップという結果になりました。

おなかよりも背中に貼った方がより暖かくなるようです。

使い捨てカイロ1枚で温まりたい場合は「肩甲骨の間」なんですね!

体を温める運動

すきま時間にできる簡単体操

電車の待ち時間や人との待ち合わせなど、外でいるときに
手足の指先が冷えてつらい時ってありますよね。

《警視庁警備部防災対策課からツイートされた対策方法》
寒さ厳しいこの季節、手袋をしていても手がかじかんで
動かなくなることがあります。

このような時、

・手を上下に、大きく素早く数回振る

ことで遠心力により体幹の温かい血液を指先に送ることができ、
指先のかじかみは改善されるようです。

災害時寒い中で細かい作業や携帯電話を操作する際に役立ちます。

8000近くのイイネが付いたプロ直伝のやり方になります。

おじぎ体操のやり方

全国冷え性研究所所長の山口勝利さんによると、
その場で全身を温めたい時

・おじぎ体操

がおすすめです。

やり方

1、足を肩幅に開いて5秒かけてゆっくりおじぎします

2、5回繰り返します

所要時間は約40秒

ZIPで冷え性の方4人におじぎ体操をしていただいて
検証したところ、全員プラス0.7〜2.1℃体温が上がっていました。

おじぎ体操を行った皆さんも

「たった5回おじぎをするだけで1℃以上体温が上がるのはすごい」

「本当に全身ポカポカで上から下まで温かい」

と話されていました。

石原先生によると、おじぎをすることでおなかの血液が全身を巡るため
体が温まるそうです。

服の寒さ対策を北国の警備員さんに学ぶ

ヒーターベスト(ヒートベスト)

この日の外気温2℃。
新潟で働く警備員さん、東洋ワークセキュリテイ株式会社久通光太さんに
北国の寒さ対策をお聞きしました。

制服の上にヒーターベスト、その上に警備服を着用。

ヒーターベストには電源ボタンがあり、電源を入れると温まる仕組みになっています。

久通さんが着ていたヒーターベストは

・ウォームフィット ジレ(本体のみ) 7998円(税込)

服に内蔵された電熱線を電気で温めます。

モバイルバッテリーに繋ぐと温かさは最長5時間持続
温度は

高:約50℃
中:約45℃
低:約40℃

新潟市中央区のスーパーセンタームサシ新潟店にも
特設コーナーが設けられていました。

町のホームセンターにも置いてある身近なアイテムなんですね。

インナーソックス

靴下の上にウエットスーツのようにインナーソックスを重ねばきします。

・インナーソックス ロング 1408円(税込)

ウェットスーツ素材が使われていて
保温性とフィット感があり通気性も抜群。

ホームセンターに売られています。

ヤマチュウ(足首ウォーマー)

新潟の女性の寒さ対策は山忠さんが販売する
足首ウォーマーになります。

・山忠 健康足首ウォーマー 1298円(税込)

遠赤外線を織り込んだ糸とシルクの二重構造になっていて
ふくらはぎ全体を温めてくれます。

商品発売から20年。
今では商品そのものが「ヤマチュウ」」として
新潟の女性たちに大人気です。

カラーバリエーションも10種類と豊富なので
ファッションに合わせて選ぶことができます。

まとめ

体操はどこでもすぐにできるので
やってみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする