【メレンゲの気持ち】出汁茶漬け「えん」のおすすめメニュー!家庭でマネできるアレンジレシピも紹介

スポンサーリンク

2020年1月25日(土)放送のメレンゲの気持ち
出汁茶漬け専門店「えん」が紹介されました。

紹介してくれたのはグルメリポーターの石塚英彦さんです。

だし茶漬け「えん」

出汁茶漬けえん人気の秘密

出汁茶漬け専門店の「えん」は、2003年に出汁を使ったお茶漬け専門店としてオープンした
お茶漬けの先駆者的なお店です。

お客さんは女性が中心で

「手軽に入りやすかったので来ました」

「さっぱりしてヘルシーなイメージ」

と大人気です。

お茶漬け自体も人気ですが、「えん」の広報、畑垣奈央さんによると
お店の作りにもこだわりがあります。

《女性に人気の理由》

1、明るく清潔感のある店内作り

2、初めてのお客さんでも入りやすいようにガラス張りで店内が見やすい

3、女性のスタッフが多い

自分が食事をどこでとるか決める時を考えると、
確かにガラス張りで店内がどんな様子かわかると入りやすいし
女性のスタッフが多いと安心感があるし、明るくて清潔な雰囲気だと
居心地が良いと思いました。

出汁茶漬け「えん」のおすすめメニューと食べ方

・小海老・小柱・磯天 830円(税込)

・漬け鮪(まぐろ)の漁師風 850円(税込)

など常時10種類のお茶漬けを取りそろえる中、
1番人気のメニュー

・鯛(たい)だし茶漬け 980円(税込)

鯛とゴマだれをよく混ぜて絡めてからご飯の上にのせていきます。

まずは出汁をかけずに鯛とご飯だけでいただきます。
ゴマの風味と鯛がよく合うそうです。

次に出汁をかけていただきます。

最初、若干ゴマだれの風味が強めかなという感じですが
出汁をかけるとちょうど良くなるとのこと。

出汁茶漬け「えん」の出汁の作り方

・いりこ
・昆布

がベースにあって、

・宗田節
・さば節
・かつお節

を加えて、さらに

・鶏スープ

を足すことで旨味が強まる工夫がされています。

出汁茶漬け専門店を開いた理由

「えん」さんは最初、和食でスタートされたお店ですが、

・料亭の味をファストフードに落とし込む

というコンセプトで今のスタイルになったそうです。

料亭級の出汁を身近に味わってもらいたいという思いから
お茶漬けと組み合わせたという発想がすごいですね。

出汁茶漬け「えん」の出汁を家庭で簡単にマネできるレシピ

「えん」の本社、株式会社ビー・ワイ・オーの商品開発チームは
平均年齢30歳の女性6人。この方達が「えん」の商品を決めています。

家庭でもマネできる美味しい出汁茶漬けの作り方を教えてくれたのは
開発リーダーの松浦由巳さんです。

余ったお刺身の出汁茶漬けレシピと作り方

重要なのはおいしい出汁作りになります。

《出汁の材料》

・だしパック
・しょうゆ
・みりん
・酒
・粉末の鶏がらスープ

《出汁の作り方》

1、沸騰したお湯に出汁パックを入れます

ここでのポイントは出汁を取るときはお湯をボコボコと沸騰させないことです。
強く沸騰させてしまうと香りが飛んでしまうんだそうです。

2、酒、みりん、しょうゆを入れて軽くアルコール分を飛ばします

3、粉末の鶏がらスープを入れます

鶏がらスープを入れることによりだしの旨味が上がります。

4、出汁を取っている間に、余った刺身にしょうゆと酒、みりんをかけて漬けにします

漬けにして味がしっかり入ることで具材からも旨味が出て出汁を引き立てます。
漬けが好きな方は15〜30分くらい冷蔵庫で漬けるとさらに美味しくなります。

5、お椀にごはんを入れて、海苔を敷きます

海苔は具材の上からかけるイメージがありますが、下に敷くことで
香りが引き立つんだそうです。

6、漬けにした刺身をのせて出汁をかけると完成です

お好みで三つ葉などをのせても美味しいです。

出汁茶漬けえんの出汁アレンジレシピ

余ったすき焼きの出汁茶漬けのレシピと作り方

すき焼き以外にも豚肉の生姜焼きなど、

・しょうゆベースの濃い味のおかず

に合うレシピとなります。

《作り方》

1、先ほどと同様にご飯の上に海苔とすき焼きの具をのせます

ポイントは、残っているすき焼きの割り下(出汁)を少し入れることで旨味がアップします。

2、先ほど作った出汁をかけたらすき焼きを使った出汁茶漬けの完成です

出汁で味がすき焼きの味が薄まっても、お肉に染み込んでいる味は残っていて
とても美味しいそうです。

すき焼きだとちょっと重いなという時でも、出汁茶漬けにすることで
さらさらと食べられる一品になります。

まとめ

高級料亭の出汁の味をお手頃価格で楽しめるのは
嬉しいと思いました。

出汁茶漬け「えん」は東京、大阪、京都にあるようなので
近くに行くことがあればぜひ食べてみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする