【ヒルナンデス】駅弁大会でオススメの輸送弁当や定番いかめしなど人気の駅弁が紹介

スポンサーリンク

2020年1月21日放送のヒルナンデス熱狂的ファン殺到の京王百貨店新宿店の駅弁大会が紹介されました。

紹介してくれたのは駅弁が大好きなNTVアナウンサー梅澤廉さんです。

京王百貨店の駅弁大会

駅弁大会の開催期間

2020年 1月8日〜21日まで
(最終日午後6時閉場)

放送日の今日終了なんですね。残念です。

駅弁大会2020年

300種類ご当地駅弁が集結する京王百貨店駅弁大会

1966年から続いていて今回で55回目、前回は2週間で約6億円を売り上げたという
超人気の催し物で、「駅弁界の甲子園」ともいえる存在です。

《AM9:00開店前》
開店1時間前にもかかわらず、すでに大行列ができています。

行列に並ぶ駅弁マニアのみなさんはほとんどの方が手にチラシを持って、
どの駅弁を買うかチラシで作戦考案中のようです。

梅澤アナウンサーがお声をかけた双子のお客さん
チラシと駅弁リストをネットでダウンロードしてクリアファイルに入れて
万全の準備で並んでいました。

「楽しみでもありますが、戦いでもあります」

「好きな駅弁をどれだけ獲得できるか」

6年ほどこの大会に通い詰めている双子のお客さんの情報では、

・レア駅弁が欲しいなら開店前に来店した方がいい

とのことです。

また、別の女性2人組のお客さんは手書きの

・行く先、買う駅弁、金額のリスト

を持参されていて、

・時間のロスにならないように売り場の場所は事前に把握しておく

ようにしているそうです。

並んでいるみなさんは万全の体制で挑まれていますね。

《AM9:30》

7階の会場では、日本全国の駅弁店34店舗が軒を連ねて
実演販売の準備作業をしています。

お店の方は近くのホテルに泊まり込み、朝6時から1000食分を仕込みます。

駅弁ファンが並んでまで買いたい「輸送弁当」

《AM10:00》

建物の外まで続く行列に扉が開かれ、駅弁大会がスタートしました。

エレベーターに向かう方、
エスカレーターに向かう方、
早足で階段に向かう方、

「兵庫県西宮神社の福男選びを思わせるようなスタート」

という梅澤アナウンサーの表現がぴったりの
勢いあるスタートです。

猛ダッシュで7階会場の隅にある駅弁が机に並べられたコーナーに
向かう駅弁ファンのみなさん。

開店わずか3分でものすごい人混みです。
このコーナーで売られている駅弁は

・輸送弁当

地方から輸送されてくる弁当で、各地から航空便で早朝に運ばれてくるため、
この会場で実演されていない駅弁になります。

会場内で作られる実演駅弁よりも数が少ないので売り切れやすいそうです。
開店後もこのコーナーには8階フロアまで続く長蛇の列ができています。

ここで梅澤アナウンサーが朝の行列で1番目に並び先頭切って
店内に向かって行った女性を発見。

この駅弁ファンの方は千葉から朝5時起きで、オープンの1時間半前の
8時半に並ばれたそうです。

そこまでして買いたかった駅弁は

・サンリオの有田焼カレー(限定駅弁)

佐賀と長崎を結ぶJR佐世保線と有田線。
そのJR有田駅構内で販売されている

・有田テラス
サンリオキャラクターズ
有田焼カレー(小) 1620円

地元のB級グルメである焼きカレーですが、
「有田焼カレー」は28種類のスパイスで作った
中辛カレーをオーブンで焼いたご当地グルメです。

器が有田焼で、キティちゃんやキキララ、けろけろっぴなどの
かわいらしいサンリオキャラの絵柄が入ったファンにはたまらない
一品です。

こちらの千葉からの駅弁ファンの女性は、カレーを食べた後の器を
サラダボウルとして使われているそうです。

駅弁大会歴30年の駅弁の包み紙マニアさん

包み紙マニアのお客さんが買われていたのは
鳥取県JR山陰本線、鳥取駅構内で販売されている

・アベ鳥取堂
ゲゲゲの鬼太郎丼(有田焼茶碗) 1350円

お弁当の中央には鳥取名産の豆腐ちくわとねり梅で作られた目玉のおやじ、
さらに鳥取牛を醤油と生姜で煮込んだ鳥取牛のしぐれ煮がたっぷりごはんに
のせられています。

この駅弁も毎年変わる器のデザインが魅力です。

「駅弁を包んでいる紙が良い」

ということで、包み紙を集められているそうです。
包み紙に描かれた絵を眺めるだけで旅の情緒に浸れるそうです。

お家では500枚以上の包み紙をファイルにコレクションされています。

包み紙マニアさんにとって駅弁とはどんな存在か?
という梅澤アナウンサーの質問に、

「人生」

と答えられていました。

双子の駅弁ファンのお兄さんが買いたい「淡路屋きつね寿し」

会場で梅澤アナウンサーが双子のお兄さんを発見しました。

欲しい駅弁は大方買えたそうですが、1つだけ
京都府JR東海道本線の京都駅で販売されている

・淡路屋
きつね寿し 800円

が買えなかったそうです。

このきつね寿しは、黄金と黒2種類のきつねを市松模様に飾り付けた
創作きつね寿しです。

今回は少量しか用意されていなかったようで入手が難しいようです。
平日で並んでも買えないとは、すごくレベルが高いですね。

しかし双子のお兄さんは

「来週リベンジする」

と話されていました。

手書きの駅弁リストを持参していた駅弁ファンの女性

時間のロスを省くために自作のリストを持参していた女性は
狙いの駅弁11折を見事コンプリートされていました。

家族みんなでおいしくいただいたそうです。

《AM11:00》

オープンして1時間で輸送弁当のコーナーは売り切れてきています。

イスが置かれてある休憩所では、
みなさん購入した駅弁をそろって食べられています。

休憩所の壁には各地の駅の絵が飾られていて、この休憩所は
電車の中から駅のホーム(絵が窓の外の駅)を見ているという設定
旅の情緒を味わえる空間となっています。

ヘッドマーク弁当

エル特急のプレートがパッケージになったお弁当
大量買いしている駅弁ファンを発見しました。

こちらのお姉さんはどれか1つを選べなかったそうで、
全種類11折をコンプリート。

金額にして2万円ほど。

1人1個しか買えないと思っていたので職場の後輩を
お弁当要員として連れてこられていました。

・特急列車ヘッドマーク弁当 各2160円
※1種類1折限りの弁当

・寝台特急「北斗星」(上野〜札幌間を走行)→カニ弁当

・特急つばさ(上野〜秋田間を走行)→鶏弁当

懐かしい特急列車のヘッドマークを蘇らせたお弁当箱には
ご当地グルメがたっぷり詰められています。

後輩の男性も開店前の行列に並ばれていましたが、
ご自身も先輩のおかげでヘッドマーク弁当を購入できたそうです。

漫画家の吉田戦車先生も駅弁大会のファン

《PM0:00》

屋上のテーブルとイスがあるスペースで、駅弁を食べている方が多くいらっしゃいます。

そこで偶然、漫画家の吉田戦車先生と遭遇しました。

吉田先生は北海道JR函館本線・長万部駅で販売されている

・昭和3年創業
かにめし本舗かなや
かなやのかにめし 1180円

を食べられていました。

かなやのかにめしはじっくり炒めたカニの身とたけのこがたっぷり入っていて
カニのエキスが凝縮された豊かな味わいが人気の駅弁です。

お客さんの声に応えて、今回11年ぶりに駅弁大会に出店されました。

吉田先生は12〜13年前から駅弁大会に参加されていて懐かしさで購入、
駅弁はそんなに好きじゃないけど、駅弁大会が楽しいそうです。

吉田先生は駅弁大会を題材に漫画を描くこともあるくらい
京王駅弁大会のファンで、

「ここで駅弁を食べながらアイデアが浮かんだりするんですか?」

という梅澤アナウンサーの質問に

「特にそんなことはなく、無心で食べます」

と話されていました。

ご家族のみなさんにもお土産を買われていて、
お子さんには間違いない定番の

・牛肉どまん中

を選ばれていました。

13年京王駅弁大会に通う吉田先生が選ぶ「牛肉どまん中」とは?

牛肉どまん中のお店には長い行列ができています。

山形県JR奥羽本線の米沢駅から21年連続で参戦されている新杵屋さんは、
ガラス越しに調理工程を見ることができます。

白ごはんの上にもやしのナムル、その横に山形県産の国産牛を使った牛肉煮、
その上に焼肉が詰められていきます。

・シリーズ新作駅弁
ビビンバ牛肉どまん中 1500円

ビビンバ牛肉どまん中を買いに来ていた男性は
40年間駅弁大会に通っていて、最近は毎日来ているそうです。

駅番大会ベスト10の常連!超贅沢な「佐賀牛弁当」

・カイロ堂
佐賀牛サブトンステーキ
ローストビーフ・ロースすき焼き弁当 1998円

佐賀県のJR佐世保線、武雄温泉駅で販売されている佐賀牛弁当は、
きめ細やかなサシが入った佐賀牛サブトンを塩コショウで味付けして
鉄板で焼いたステーキが人気のお弁当です。

甘辛く煮たすき焼きに、赤身のローストビーフとザブトンのステーキが
絶品のお弁当です。

佐賀牛弁当を買われていた鉄道ファンの男性は、

「駅弁は基本冷えているけど、駅弁大会では温かい駅弁が食べられるのが魅力」

と話されていました。

お肉駅弁最高値!金亀館の「飛騨牛蒲焼き重」

岐阜県JR高山本線、高山駅の

・金亀館
飛騨牛蒲焼き重 2500円

ブランド牛である飛騨牛に蒲焼のタレを塗って焼き、
10切れをのせた豪華な盛り付けの駅弁です。

ひっぱりだこ飯

《PM5:00》

駅弁大会会場の盛況ぶりは変わっていません。

夕方の行列店を探してみると、
兵庫県JR山陽本線、西明石駅の

・淡路屋
黄金のひっぱりだこ飯 1380円

50年連続出店、駅弁大会最古参の伝統ある駅弁です。

明石名物の真ダコを秘伝のタレでじっくり煮込み、
高級感ある金のタコツボに大きめに切られた煮ダコとびっこ
栗の甘露煮花の形に切られたにんじんなどの具材は
タコだしで味付けしたごはんと相性抜群です。

・ひっぱりだこ飯 1080円

ひっぱりだこ飯シリーズ累計1200万食販売を記念して
今年新作の黄金のひっぱりだこ飯が発売されました。

このひっぱりだこ飯を買いに来られていたお客さんは
元日本テレビ報道部記者の青木英明さん。

仕事柄さまざまな場所に取材に行くうちに、
駅弁に魅せられたそうです。

この日は同級生のお友達と駅弁大会に来られていました。

駅弁界のレジェンド「いかめし」

北海道JR函館本線、森駅の代名詞ともなっている北海道を代表する駅弁、

・いかめし阿部商店
いかめし 780円

もはや説明不要の駅弁ですが、
昭和16年に誕生した「いかめし」は、今も全て丁寧な手作業で調理されていて、
お米がたっぷり入ったスルメイカを秘伝のタレで煮込んだ一品です。

阿部商店さんは第1回目から駅弁大会に出店
昔は1日1万食作ったそうで、いかめしが全国的に有名になったのは
京王の駅弁大会のおかげと話されていました。

老舗の大人気駅弁「氏家かきめし」

北海道JR根室本線、厚岸駅の

・厚岸駅前氏家待合所
氏家かきめし 1080円

1917年創業の老舗の駅弁は、醤油と砂糖を使った秘伝のタレで
約2時間たっぷり煮込んだぷりぷりのカキを、牡蠣の煮汁で炊いた
炊き込みご飯にのせた牡蠣づくしの駅弁で、駅弁大会第2回から出場されている
伝統ある駅弁です。

大行列「横川の峠の釜めし」

《PM5:30》

夕方から老舗の駅弁に行列ができていますが、

群馬県JR信越本線、横川駅の

・1958年誕生
峠の釜めし本舗おぎのや
峠の釜めし 1100円

若鶏など9種類の具材を秘伝のタレで炊き込んだ釜めしは
前回の大会では1日で2500食を完売する超人気駅弁です。

購入しているお客さんは年配の方が多いようで、
駅弁大会第2回目から来ている64歳の男性は、

「54年通っている駅弁大会の中で、
視聴者のみなさんにおすすめしたい駅弁は?」

という梅澤アナウンサーの質問に

「峠の釜めし」

「レジェンド」

「旅行に行っている気分で食べられる」

また、

「旅行にあまり行けなくなったから、
京王の駅弁大会が1番の楽しみ」

と話されていました。

まとめ

駅弁大会という催し物があることを初めて知りました。
とても楽しそうなイベントだったので、駅弁大会の開催期間に
東京に行くことがあれば絶対行ってみようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする