【ヒルナンデス】小鍋レシピ4選!牡蠣&たら&ひらたけ&大根とちくわ小鍋の作り方を浜内千波先生が伝授 

スポンサーリンク

2020年1月16日放送のヒルナンデス1〜2人前で毎日食べられる小鍋レシピが紹介されました。

切って煮るだけ&ダシいらずで今日から使えるテクニック満載です。

教えてくれたのは料理研究家浜内千波先生です。

医者がすすめる 薬膳ひとり鍋

ダシいらずの1人鍋!4つの小鍋レシピ

今話題の1〜2人用小鍋。
レシピ本も多数出版されていて注目されています。

100円均一のショップなどでも小ぶりの土鍋が大人気です。

まいにち小鍋―――毎日おいしい10分レシピ

土鍋 6号 宴 1人用 ふきこぼれにくい 19.5cm

カキ小鍋のレシピと作り方

《材料/1人前》
カキ:150g
酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ1・1/2
酢:大さじ1・1/2
水:250cc
れんこん:5cmくらいに切られたもの

このレシピでは昆布やカツオで出汁をとる必要がありません。

カキのうま味成分はグルタミン酸とイノシン酸で
カキ自体にうま味が多く含まれています。

《作り方》
1、カキをボウルに移して塩を多めに入れて手で揉みます

お鍋に使うパック入りのカキは細かい汚れが付いているため
そのまま使ってはいけないそうです。

塩で汚れを落とすことでカキの身が縮むのを防ぐことができます。

2、カキの汚れとぬめりが落ちたら手早く水で洗い流して酒(大さじ1)で揉んで臭みを消します

3、れんこんを半分すりおろします

カキを調理する時の悩みといえば、少しでも火を通しすぎると
カキの身が縮んでしまうことですよね。

すりおろしたれんこんのデンプンがカキをコーティングして
身が縮むのを防いでくれます。

4、残ったれんこん半分も薄切りにして具材として使用します

5、水を入れた小鍋に酢としょうゆと薄切りにしたれんこんを加えます

6、一煮立ちしたらおろしレンコンを入れます

おろしレンコンを入れて煮込むと、とろみが出てきます。
このとろみがカキをコーテイングして縮むのを防いでくれます。

7、最後にカキを入れて一煮立ちしたら完成です

このカキ小鍋のカロリーは約278キロカロリーです。

横山さんが試食されていましたが、カキの身がぷりぷりで
レンコンの食感もいいそうです。

カキ小鍋シメの雑炊の作り方

ポイントは

・流水でごはんのぬめりを取ってから鍋に入れる

そうすることでダシの香りが入ったおいしい雑炊になるそうです。

タラと玉ねぎの濃厚みそ小鍋のレシピと作り方

《材料/1人前》
玉ねぎ:1個
タラ:1切れ
みそ:大さじ2
ごま油:小さじ1
水:300cc

このレシピのダシはタラのうま味の
グルタミン酸とイノシン酸と、

・玉ねぎの皮

でダシをとります。

玉ねぎの皮はフランス料理などで
洋風ダシを作るときに必ず入っているそうです。

フランス料理の他にもラーメンスープを
作るときにも使われています。

《作り方》
玉ねぎの1番外側の皮は汚れがついているため
使わないようにします。

使うのは1枚はがした内側のきれいな茶色の皮を使います。

1、はがした玉ねぎの皮を1つにしばってまとめます

浜内先生は長めの玉ねぎの皮で他の皮をしばっていました。

2、まとめた玉ねぎの皮を軽く水でゆすいで細かい汚れを落とします

3、水を入れた小鍋に玉ねぎの皮を入れて煮立たせます

水の色が玉ねぎの皮の色に変わっています。

玉ねぎの皮には玉ねぎの白い部分に比べてケセルチンが約30倍含まれていて
抗酸化作用が期待できるそうです。

4、玉ねぎの皮でとったスープに千切りにした玉ねぎを入れます

5、ミソを溶いてごま油を入れます

6、タラを入れて火が通れば完成です

カロリーは約242キロカロリー。

ミソの風味がタラに沁みて柔らかく、
美味しいそうです。

タラと玉ねぎの濃厚みそ小鍋のシメの作り方

オーブントースターで焼いた切り餅を入れて
煮込みます。

お好みで七味をかけていただきます。

ヒラタケの豚骨風小鍋のレシピと作り方

《材料/1人前》
鶏もも肉:150g
塩:少々
こしょう:少々
酢:小さじ1
牛乳:200cc
しょうゆ:大さじ1強
水:100cc
ヒラタケ:1パック(100g)

この料理のダシは鶏もも肉で、鶏もも肉にもうま味成分
イノシン酸とグルタミン酸が豊富に含まれています。

また、ヒラタケも加熱することによってグアニル酸といううま味成分が
松茸の約2倍になります。

ヒラタケは1年中栽培されているのでスーパーでいつでも
購入できます。

《作り方》
1、鶏もも肉を一口大にそぎ切りにして塩こしょうで味をつけます

2、酢で鶏肉を揉んで柔らかくします

3、小鍋に牛乳と水、しょうゆ、鶏肉、ヒラタケを入れて煮立たせます

カロリーは478キロカロリー。

ヒラタケの風味と牛乳の優しいまろやかさが美味しいそうです。
南原さんいわく「洋風の味」とのこと。

ヒラタケの豚骨風小鍋のシメの作り方

小麦粉

粉チーズ

で作ったすいとんを入れて煮込みます。

大根とちくわの塩おでん小鍋レシピと作り方

《材料/1人前》
大根:200g
焼きちくわ:1本
塩:小さじ1弱
水:500cc

この鍋でダシとなるのは焼きちくわで、
ちくわの原料はスケソウダラやマダラ。
うま味成分グルタミン酸とイノシン酸が多く含まれています。

《作り方》
1、輪切りにした大根の皮を厚めにむいて4分の1に切ります

2、切った大根を600Wの電子レンジで2分30秒加熱します

3、フォークで大根の側面に穴をあけていきます

大根の皮を厚めに切ってレンジで加熱して水分を出して、
フォークを刺して繊維を断ち切っておくことで長時間かかる
大根に味を染み込ませる手間を15分に短縮できます。

4、ちくわもフォークで刺してダシが出やすくします

5、小鍋に水と塩、大根とちくわを入れて15分煮込むと完成です

カロリーは約97キロカロリーです。

調味料が塩だけとは思えないくらいうま味がちくわから
出ているそうです。

大根とちくわの塩おでんシメの作り方

おでんのダシにお麩を入れて卵でとじた

・お麩の卵とじ

大根の葉っぱをお麩の上に散らします。

まとめ

どれもシンプルな材料で素材のうま味を引き出す
美味しそうな小鍋でした。

簡単に作れるものばかりだったので、試してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする