【ZIP】東京オリンピックマラソン北海道コース!札幌の穴場観戦スポットを紹介

スポンサーリンク

2019年1月10日放送のZIP東京オリンピックマラソンコース徹底解剖が紹介されました。

マラソンコースを解説してくれたのは元女子マラソン日本代表でタレントの増田明美さんです。

五輪マラソン札幌穴場観戦スポット

開催期間とチケットは?

2020年、陸上競技の五輪マラソンは

女子 8月8日(土)AM7:00-10:15

男子 8月9日(日)AM7:00-9:45

札幌大通り公園でスタートします。

大通公園を2周した後、すすきの中島公園北海道大学
さっぽろテレビ塔、国の重要文化財でもある北海道庁を通って
ゴールとなります。

チケットはないので、観光名所を楽しみつつ
レースを観戦できます。

オリンピックマラソンコース

コースを解説してくださった増田明美さんによると
すすきのを超えて4km地点の緑が多い中島公園の脇は
緑も多くて日陰もあり、ランナーにとっては癒しの場所なんだそうです。

札幌のコースは日なたが多いので、日陰をうまく利用することが
勝負のカギになるそうです。

また、7km付近の坂は仕掛けどころの1つで、
どういうペースで走るかがポイントになります。

ビックエコーすすきの南三条店

カラオケのビックエコーすすきの南三条店さんの部屋には
道路に面した大きめの窓があり、道の様子がよく見えます。

通常は朝6時までの営業ですが、
レース当日は延長営業が決定しているそうです。

北海道大学

今回のコースは北海道大学の中を通るという
あまり例のないコースになります。

緑が多くて美しいですがカーブが多くてランナー泣かせなんだそうです。

また、選手が近くを走っていると写真を撮りたくなりますが
ここでは北海道ならではの奇跡の1枚が撮れるかもしれない
撮影スポットになります。

「少年よ大志を抱け」

で有名なクラーク博士の胸像がありますが
ここを選手が3回通ります。

うまくいけばクラーク像と選手の2ショットが撮れるかもしれません。

欧風カリー「ドモン」

欧風カリードモンさんの道に面した座敷席(1組のみ)では
10キロ付近こあがりで観戦できます。

・スープカレー 1240円(税込)

北海道の野菜がたっぷり入っていて、20種類以上のスパイスで
作られています。

濃厚なスープでコクがあるのにさっぱりとした味わいとのこと。

マラソンの日は予約は受けていませんが営業はされる予定です。

まとめ

今回のオリンピックマラソンはチケットの販売がないとのこと
だったので、観光しながら応援するのも楽しそうでいいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする