【ゲンキの時間】手荒れの原因と予防&ケアのやり方を慶田朋子先生が伝授!

スポンサーリンク

2019年12月29日放送の健康カプセルゲンキの時間手荒れ撃退完全マニュアルについて紹介されました。
教えてくれたのは銀座ケイスキンクリニック院長美容皮膚科医学博士慶田朋子先生です。

皮膚科医が伝授する手荒れケア

手荒れの原因とケア方法

手荒れを悪化させる落とし穴「野菜のアク

ほうれんそう
里芋
山芋

強いアクを持つ野菜を素手で触ることは
手荒れのもと
になります。

野菜のアクは野菜が虫などから身を守るために
ある成分で、いわば虫がイヤがる毒のようなものです。

また、

塩などの調味料
食器洗い洗剤

なども皮膚の刺激物になります。

皮膚の仕組みは上から

皮脂膜
角層(0.02mm)
表皮
真皮

という構造になっていて、外側から守る
角層はたった0.02mmしかありません。

角層(角質)の持つバリア機能

角層の中には

細胞間脂質(セラミド)
NMF(天然保湿成分)

があり、角層内の水分を保持して皮膚を守っています。

ところが冬の乾燥で角層内の水分が減少すると
角層の中に隙間ができてしまい、アクのような刺激物が
浸透して炎症などを悪化させてしまうんだそうです。

洗剤から手荒れを防ぐ!予防に手袋着用

食器を洗うときに手袋をはめると、洗剤が洗い流せたかどうか
わかりにくいので素手で洗う方も多いですが、素手で食器を洗うと

・皮膚のバリア物質も一緒に流れてしまう

とのこと。

洗剤で奪われたバリア物質は回復するのに
1週間から10日かかるそうです。

家事は毎日なのでバリア物質が再生する暇がないという
状態になります。

なので、水仕事には市販のキッチン手袋を着用して行うのがおすすめになります。

水分の拭き残しは手荒れを悪化させる

食器を洗った後や手を洗った後に

・濡れた手をきちんと拭く

ことが大事になります。

湿ったタオルで拭いたり、ささっと数秒手にタオルに当てただけのような
拭き方では水分がとれていません。

手を濡れたままにしておくのは手荒れをひどくする原因になります。

指の間などに拭き残しがあるとカビが原因の手荒れになることがあるので
指の間もやさしく丁寧に乾燥したタオルで水分を拭き取ります。

慶田先生おすすめのタオルの使い方

1、やさしく押さえて水気を吸わせます

2、指の間と爪が長い人は爪の裏も忘れずに拭き取ります

3、タオルは湿り気を感じた時点で取り替えます

普段から乾いたタオルを多めに用意しておきます。

ペーパータオルなどもおすすめです。

冷え症も手荒れの乾燥に影響している

皮膚にはタイトジャンクションというもうひとつのバリア機能があります。

このタイトジャンクションは皮膚の温度が約28℃以下になると
緩んできて、皮膚の奥で保たれていた水分などの成分が
蒸発して乾燥します。

指先の皮膚の温度は通常30℃前後ですが
手荒れに悩む方の指先は25℃前後と低めでした。

手荒れに効果的なハンドクリームの量と塗り方

・片手人差し指の第2間節分

結構多い量です。

ハンドクリームの塗り方は

・両手の甲に馴染ませた後、
反対の手のひら全体で円を描くように塗り込む

・指も1本ずつ指の側面と上下をていねいに塗り、
塗る方の手の指5本で包み込んでくるくると塗り込む

・手のひらも円を描くように塗り込む

・手首も忘れずに両手に塗る

手荒れ冷え症対策

グーパー体操(手を握って開いてを繰り返し行う)で血行を良くしてから
ハンドクリームで保湿すると効果的です。

まとめ

自分の手の拭き方はかなり適当で、
ハンドクリームの量も少なかったことに
気づきました。
手荒れの友人にも教えてあげようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする