【金スマ】ロングブレスのダイエット効果とエクササイズのやり方!石原慎太郎さんが挑戦

スポンサーリンク

2019年12月27日放送の金スマ最新ロングブレスについて紹介されました。

DVDでよくわかる! 120歳まで生きるロングブレス

ロングブレスとは

ロングブレスとは7年前に大ブームになった
長い呼吸をするダイエット法です。

考案したのは俳優の美木良介さん。
驚きの痩せっぷりは度々テレビでも紹介されていました。

歩くことが大変だった石原慎太郎さん(87歳)が
元気にしっかり歩けるようになったのは、ロングブレスと
とエクササイズを組み合わせた健康法を実践されたからになります。

ロングブレス呼吸法のやり方とコツ

1、おしりにエクボができるくらい下腹部に力を入れてまっすぐに立ちます

2、足を前後にずらしお尻に力を入れたまま後ろ足に重心を残して前足から頭まで一直線になるような態勢を取ります

3、3秒で鼻から息を吸って腕を回します

4、7秒で口から一気に息を吐き出します

10秒で1回×6回=1分行なっていきます。

ロングブレス呼吸法を行なったADさん、カメラマンさんなど、
30kg以上痩せた方もいるそうです。

※ロングブレスは体調が悪い時やケガをしている時は控えてください

ロングブレスで高血圧が改善!?ダイエット以外の効果

45歳で血圧が160/100で要治療の数値だったアナウンサーの方は
2ヶ月間ロングブレスを続けたところ

122/80

まで血圧が下がりました。

また、空腹時の血糖値が126mg/dL以上ある場合は
医療機関への受信が推奨されていますが、
さらに、糖尿病のディレクターさんはロングブレスを2ヶ月間行い
420あった血糖値が60まで下がりました。

全ての人に当てはまるとは言えませんが、確かに
ロングブレスで血糖値が改善する効果が期待できそうです。

ロングブレスで奇跡の復活!石原慎太郎さんが歩けるようになった理由とは

超パワフルだった石原慎太郎さんが脳梗塞により体調を悪くされて、
自分だったら歩行を回復させられると名乗りをあげた美木さん。

石原慎太郎さんが歩けるようになったロングブレス呼吸法を使った
エクササイズは、シニアの方だけではなく30〜40代の方にもおすすめの
エクササイズになります。

30代でも歩幅が狭くなったと感じることがありますが、
これは老化現象になります。

ロングブレス健康法で腰痛が消えた

美木さんは独自に呼吸法を調べて実践していく中で
30歳の時から22年間苦しんだ腰痛消えてなくなり
ご自身の左足の痺れもなくなりました。

この後さらに効果的な方法を試した結果

・2ヶ月で13.5kgの減量
・筋肉質な身体

を手に入れました。

ロングブレスは健康法なんですね。

東京赤坂の美木さんのスタジオでは
生徒さんたちがロングブレスを実践して
体調がすごくよくなったと話されていました。

呼吸と脳に回復の秘密がある

呼吸と脳の関係に詳しい順天堂大学医学部非常勤講師で
さかえクリニック院長医学博士の末武信宏先生によると、
呼吸法によって歩行がスムーズにできるようになることがあるそうです。

理由は

普段の呼吸は意識していませんが、
意識して呼吸することもできます。

意識的に長く呼吸することで
呼吸1回あたりの取り込む酸素が増えます。

そうすることで脳に運ばれる酸素が増えて
脳細胞が活性化します。

脳梗塞になると脳の「足を動かせ」と指令を出す部分が
ダメージを受けますが、脳細胞が活性化すると
ダメージを受けた部分の周りの脳細胞が代わりに指令を出すそうです。
末武先生によると、このように脳は不思議な動きをするんだそうです。

破損した細胞は元には戻らないが
周りの細胞が助けてくれるんですね。

また、神経細胞がダメージを受けた場合は指令の伝達が
そこで止まってしまいますが、酸素が増えて細胞が活性化すると
新しい神経回路が作られてダメージを受けた場所を迂回して
指令は伝達されるようになります。

全身60兆個の細胞に酸素を届けるのは口から行う呼吸だけ。
「長い息」が「長生き」の秘訣になります。

ロングブレス呼吸法を使った高齢者向けエクササイズ

120歳まで生きるロングブレス!基本の呼吸法

今回のエクササイズは高齢者の方にもやっていただくため、全て座って行います。
座って行なっても効果は同じになります。

1、イスに座って足をクロスさせてお尻を締めます

2、お腹を引っ込めたまま息を鼻から吸って口から吐きます

息を吸う時も吐く時もおなかは引っ込めっぱなしなんですね。

3、3秒間息を吸いながら両手を上にあげて、7秒で思い切り息を吐きながら手をおろします

息を吐きながら指先まで全身に力を入れます。

ロングブレススクワット

足を伸ばす時に必要な足の前側にある大腿四頭筋を鍛えていきます。

1、イスを用意して座ります

2、口から息を吐きながら立ち上がります

このとき上半身は前傾姿勢で行います。

3、鼻から息を吸いながらイスに座ります。

息を吸う時は手を上に(頭の横あたり)あげて
息を吐きながら立ち上がって手をおろします。

呼吸と手を動かすことでスクワットを行います。

この動きを10回繰り返します。

腸腰筋を鍛える足上げロングブレス

腸腰筋とはインナーマッスルのひとつで、上半身と
下半身をつなぐ筋肉です。

歩く時に太ももを持ち上げているのは腸腰筋になります。

腸腰筋を鍛えるとお腹が引っ込むという効果もあるそうです。

1、壁を支えにして手をかけてまっすぐ立ちます

2、口から息を吐きながら足を直角になるまで上げます

3、鼻から息を吸いながら足を下げます

・30回で1セット

反対の足も同じように行います。

足踏みをしながら手を動かすロングブレスエクササイズ

1、イスに座ります

2、手を大きく振りながら4歩で鼻から息を吸います

3、手を大きく振りながら4歩で口から息を吐きます

手と足の動きを連動させます。

まとめ

呼吸とエクササイズを組み合わせることで
劇的に体を回復させることができることがわかりました。

ロングブレスだけでも生活に取り入れようと思いました。

DVDでよくわかる! 120歳まで生きるロングブレス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする