【この差って何ですか】冬に体を温める飲み物と体を冷やす飲み物を石原新菜先生が紹介

スポンサーリンク

2019年12月24日放送のこの差って何ですか体を温める飲み物と体を温めない飲み物について紹介されました。

教えてくれたのはイシハラクリニック副院長の石原新菜先生です。

体は冷えるから太る

体を温める飲み物は?

これから1年でもっとも寒い季節になります。

ホットドリンクはどの種類でも飲んだ直後は体を温めますが
種類によって体を温める効果の持続時間に大きな差が出るんだそうです。

市販のホットドリンクで体を温める効果が長時間続くのは
以下の6種類のうちのどれなんでしょうか。

・緑茶
平安時代から飲まれている日本人には馴染みのある飲み物です。

・コーヒー
現在日本人の約6割が毎日飲んでいるそうです。

・紅茶
抗酸化作用とリラックス効果が期待できます。

・ココア
1杯で記憶力がアップする

・甘酒
飲む点滴と大ブームになりました。

・しょうが湯
いわずとしれたホットドリンク界の帝王です。

30〜40代の冷え性に悩む女性6人室温20℃の部屋
60℃ホットドリンク200ccずつ飲み、体温の変化を
サーモグラフィで測定しました。

ホットドリンクを飲む前の女性6人の平均体温は36.2℃
ホットドリンクを飲んで体温が上がり、再び体温が36.2℃に
下がったら計測終了となります。

体温の上昇率

ホットドリンクを飲んで4分経過した時点での体温の上昇率

1、しょうが湯

2、甘酒

3、紅茶

4、コーヒー

5、緑茶

6、ココア

1番長時間体を温めた飲み物

1、ココア(59分)

ココアにはカカオポリフェノールという
血行促進成分が含まれています。

2、紅茶(52分)

紅茶にはテアフラビンという
血液の巡りをよくする成分が含まれていて
体の末端まで温まることが知られているそうです。

3、しょうが湯(47分)

しょうがにはショウガオールという体の中から
熱を作り出す成分が含まれています。

ショウガオールの発汗作用により急激に体温を上げて
汗が出ることで、紅茶やココアより体温の上昇が維持できなかった
と考えられるそうです。

4、甘酒(27分)

甘酒は他のホットドリンクよりも糖質
豊富に含まれているため体内で熱を発生させます。

また、コーヒーや紅茶と違いとろみがあることで
胃にとどまる時間が長くなります。

しかし、甘酒には血行を促進させる成分が少ないため
持続時間は短くなりました。

5、緑茶(14分)

6、コーヒー(9分)

コーヒーに含まれているカフェインは
体温を下げる効果がある
そうです。

まとめ

しょうが湯が1位かと予想していましたが
以外にもココアが1番温かさを持続する飲み物でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする