【ZIP】キッチン調理家電の売上1位を当てる!ヨドバシカメラで山田裕貴さんが挑戦

スポンサーリンク

2019年12月20日放送のZIPでヨドバシカメラAkidaで今年発売されたキッチン家電売り上げ1位をガチ予想が紹介されました。

予想に挑戦したのは家電が大好きな俳優山田裕貴さん。
案内してくれたのはヨドバシAkida高澤浩二さんです。

山田さんが家電を好きになったきっかけは10年前。
18歳の時に上京して初めて1人暮らしをしました。

「生活をよくしたい」

何がよくできるだろう?→空気だ!→プラズマクラスター空気清浄機購入

空気清浄機の機能だけでなくお肌が潤うことにも感動した山田さん。

「家電にはいろんな可能性がある!」

と家電にハマったそうです。

現在プラズマクラスター空気清浄機は5代目ということなので
本当に気に入って愛用されているんですね。

今年発売されたキッチン家電は約500種類
山田さんは1位を当てられるのでしょうか。

おもしろキッチン家電

siroca(シロカ)のケトル

・おりょうりケトル ちょいなべ 12,100円(税込)

このケトルは、お湯を素早く沸かす標準機能はもちろん
フタを外せば1人用鍋に早変わりします。

温度は40〜100℃まで調節可能

シロカのケトルレシピ

このお料理ケトルでインスタントラーメンも簡単に作れます。
卵や焼き豚、ネギなどお好みの具材を足すことで豪華に!

また、テーブルの上で簡単に

・スープ

・チーズフォンデュ

なども作れます。

シャープのヘルシオ真空ブレンダー

シャープの人気調理家電シリーズヘルシオ。
今年発売されたのが

・ヘルシオ真空ブレンダー 28,590円(税込)

野菜スムージーを作る際の真空にかかる時間は約30秒。
真空になると食材と空気中の酸素が触れ合わず酸化が防止できます。

真空にしてそのままミキサーにかけると、真空なので泡立たず
きれいなジュースになりました。

山田さんが普通のミキサーで作った野菜スムージーと
ヘルシオ真空ブレンダーで作った野菜スムージーを飲み比べてみると

・普通のミキサー→葉っぱの味が強い

・ヘルシオ真空ブレンダー→バナナ味が強い

という違いがあることがわかりました。

キャンプおすすめ家電!燻製をつくる「フードスモーカー」

今までの燻製を作る道具といえば箱型で
持ち運びが不便でした。

・フードスモーカー 6,050円(税込)

フードスモーカーは高さ16cmで軽量化されていて
現地で使える燻製マシーンになります。

フードスモーカーの使い方は、上部に燻製チップを入れて
着火すると10秒ほどでホースの先の袋の中に煙が充満して
10分で本格的なスモークチーズが完成しました。

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」は冷蔵と冷凍の同時温めができる!

・スチームオーブンレンジ Bistro 188,980円

このオーブンレンジのすごいところは

「冷凍ごはん」と「常温のおかず」

という今までは分けて温めが必要だったのが
2品同時に加熱できるという点です。

特殊なアンテナが温度の低いところを感知して
そこだけを強く温めてくれます。

しかも庫内の自動洗浄機能まで搭載されています。

バルミューダのトースター

・バルミューダ ザ・トースター 25,180円

上部の隙間に水を5cc入れて食パンを焼くと
普通のトーストでもふわふわのもちもちになります。

人気の土鍋釜炊飯器タイガー「土鍋ご泡火炊き」

・土鍋 ご泡火炊き(ごほうびだき) 83,930円(税込)

今まで1合炊きでは難しかったおこげ
簡単に作れます。

中フタを取り付けたことで炊き込み中の
熱伝導率がアップして、少ないお米でも
パリパリのおこげを作ることができるようになったそうです。

山田さんの予想と結果は!?

山田さんの予想

・土鍋 ご泡火炊き 83,930円

正解

・土鍋 ご泡火炊き 83,930円

見事正解されました!!

まとめ

最新家電は機能がすごいですね。
シロカのケトルが気になりました。

【ビビット】IKKOさんが糖質カット炊飯器&美顔器&ドライヤーを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする