【ヒルナンデス】アメ横のおすすめグルメ!焼き冷麺と台湾おこわ&韓国赤おでんが紹介されました。

スポンサーリンク

2019年12月17日放送のヒルナンデスアメ横が変化!世界のB級グルメタウンに!年末年始に食べたい絶品チキン&台湾おこわが紹介されました。

アメ横おすすめグルメ4選

年間1000万人が訪れるアメ横ですが、
通りを見渡すと

・活気ある韓国屋台
・トルコのケバブ屋さん
・フランスのロティサリーチキン
・中国屋台料理

など多国籍グルメタウンに変貌しています。

数ある世界のB級グルメの中でも
今食べておきたいメニューが紹介されました。

韓国料理屋台「アンクル・ジョー」

こちらのお店は本場韓国の屋台グルメが味わえるお店になります。

・チーズトッポキ 640円

・韓国ラーメン 540円

などなど食欲をそそる本場の味が楽しめるため
多くの韓国人の方達も訪れる名店です。

その中でも冬におすすめなのが

・赤おでん 620円

白身魚の練り物を串にくねくねと刺し、
昆布や干しエビなどでダシを取ったものに
コチュジャンや唐辛子を加えた甘辛じたての
赤いスープで煮込みます。

こちらのメニューは今韓国でもトッポキと並んで
人気があるメニューで、なんとこのスープだけ注文する人も
いるほど旨味たっぷりのスープなんだそうです。

この旨辛スープでじっくり煮込んでいるおでんが
おいしくないはずがないですね。

口に入れると最初は甘みを感じますが、
後から辛みもあり、日本の食材に例えると
さつまあげのような感じでとても美味しいそうです。

「チキンマン」はクリスマスチキンが安く買える!

チキンマンさんはチキンが棒に刺さってグルグル回る
フランスのロティサリーチキンのお店です。

ロティサリーチキンとは専用のオーブンで鶏を回転させながら
低温でじっくり焼き上げるフランスの伝統料理です。

チキンはタイムやローズマリーなど11種類のハーブ
6時間以上漬け込んでからゆっくりと焼いていくため
外はカリカリ、中はジューシーな仕上がりになります。

特にクリスマスに大人気で、1羽1500円と
リーズナブルに購入することができます。

・ホールチキン/1羽 1500円(税込)

「台湾タンパオ」は小籠包専門店!でも台湾おこわもおすすめ!

台湾タンパオの本店は神戸中華街の台湾小籠包になります。
1日2000個以上売り上げる名店の小籠包は6年試行錯誤して
考え出されたものなんだそうです。

もちもちの生地の中に肉汁たっぷりの餡が見るからに
美味しそうです。

しかし今回店員さんがおすすめしてくれたのは以外にも

・台湾おこわ 410円

日本のおこわとの違いはルーローというお肉がのっていること。

しょう油やお酒と一緒にもち米を炊き込んだ、
もちもち食感がたまらない台湾の郷土料理になります。

ルーローは豚ばら肉をしょう油ベースの甘辛スープで
トロトロになるまで煮込んだごはんのおともで、
おこわにたっぷりとトッピングされていて
台湾の方も絶賛する味わいとなっています。

もち米にはお肉の味がしっかり染み込んでいて
お肉は味が濃くてビールにも合うとのこと。

「天天楽」のおすすめメニュー

天天楽は中国屋台のメニューが楽しめるお店です。

店員さん一押しのメニューは冷麺なのに温かい

・焼き冷麺 500円

焼き冷麺は麺をくっつけてシート状にしたものを
卵と一緒に焼き上げて、ソーセージや玉ねぎなどを
巻いた主に中国の東北地方で食べられるローカルフードです。

焼いた冷麺はモチモチの新食感で、
オリジナルのピリ辛ソースで1度食べるとクセになると
評判の一品です。

まとめ

どれもとても美味しそうでした。
アメ横1か所でこの4品が食べられるのが
とてもいいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする